【予想外に普通!?】悪名高いライアンエアーに乗ったので、詳しくレビューします

スポンサーリンク

ライアンエアーを初めて使ってみたのでレビューしたいと思います。

僕は特にオプションをつけなかったので、最低限のサービスでした。

悪名高いライアンエアー

何かと罰金(ペナルティ)があり、対応が鬼畜だと話題のライアンエアーですが、僕が使ってみた感想は至って普通でした。

スポンサーリンク

準備編

予約が完了したら、搭乗までに準備することは以下の事です。

  • オンラインチェック(4日前から)
  • ボーディングパス(チケット)の印刷
  • 荷物をサイズ以内に抑える(大きな荷物(55cm×40cm×20cm)1つとハンドバッグ(35cm×20cm×20cm)は無料)

搭乗まで

  • ビザチェックの確認(チェコのプラハではシェンゲン内なら不要と言われた)
  • 荷物検査を受ける
  • ゲートが空いたら乗り込む(ボーディングブパスとパスポートをみせる)
  • ゲートでは荷物チェックなど何もなかった。

悪名高いライアンエアーですが、全く普通に乗る事ができました。

むしろ、ビザチェックが不要と言われた事には驚きました。

ですが、ライアンエアーの公式サイトには非EUの人はビザチェックをすると書いてあるので、毎回ビザチェックはした方が良いらしいです。

荷物でとめられてる人はいませんでした。

明らかにリュックサックを2個持ち込んでいる人やサイズオーバーの人もいましたが、特にお咎めなしでした。

僕はリュックとハンドバッグのスタイルで大きさ等はしっかり守ってました。

しっかりと公式ホームページに書いてあることを守れば全く怖くない航空会社です。

飛行機では

他のLCCと同じで特に威圧的であるとかそういうのはなく、普通でした。

しっかりとルールを守っていれば、安く乗れる飛行機ですので安く旅行したい人にはお勧めです。

チェコのプラハからライアンエアを使ったのですが、ビザチェックがいりませんでした。

その時のことを書いておきます。

→ビザチェック不要!?ライアンエアーについて

関連広告ユニット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存