【クーポンコード】お得に海外でUber(ウーバー)を使う方法を徹底解説

スポンサーリンク

Uberとは

Uber(ウーバー)とはタクシーの配車サービスです。

海外で日本人がタクシーを利用するのは難易度が高いです。

ハワイやグアムの観光地であれば、日本語が多少わかったり、有名なホテルの名前を言えば伝わりますが、アジア、ヨーロッパ、南米では英語が分からない人もいます。

遠回りされて、料金が高くなる可能性もあります。

これらの問題は全てUberが解決してくれます。

利用するメリットとデメリット

サービスにはメリットとデメリットがあります。

Uberの利用にももちろん、あります。

メリットの方が大きいので僕は利用しています。

スポンサーリンク

Uberのメリット

  • 料金が安い
  • GPSでどこにいるかわかる
  • どこでも呼べる
  • クレジットカードが利用可能
  • 安全
  • 目的地を説明しなくて良い

料金が安い

海外でタクシーを利用するときは値段が割高になります。

もちろん日本人だからという理由もありますが、なんと言っても観光地だからという理由が大きいです。

Uberは正規のタクシーよりも安いです。

しかも、事前に出発地と目的地を入力しますので、だいたいの料金が利用前にわかります

GPSでどこにいるかわかる

Uberを利用する時にはGPSでお互いの場所を知らせ合います

今どこにドライバーがいるのか?目的地の方向へ向かっているのか?がわかります。

どこでも呼べる

配車サービスなので、タクシーを呼ぶことができます。

観光地でタクシーがどこにもいなかった場合にも呼び寄せる事ができます。

クレジットカードが利用可能

Uberはクレジットカードの利用が可能です。

しかも、車内での金銭のやりとりはありません

乗り終わった後は、そのまま車を出れば、Uberに登録してあったクレジットカードに課金されるので、面倒くさいお金のやりとりはありません

安全

Uberのドライバーは全て登録性です。

身元がはっきりしているので、変な事もされません。

よくガイドブックに空港のタクシーサービスかホテルに呼んでもらったタクシーは信頼できるタクシーと書いてありますが、それは身元がしっかりしているからです。

それがUberにも当てはまります。

目的地を説明しなくて良い

事前にUberのアプリで目的地を設定します。

これはグーグルマップと連動しており、グーグルマップと同じ名称を入れれば、Uberのアプリにも表示されます。

事前に目的地を入れれば、Uberのドライバーにも目的地が表示されるので、どこに行きたいなど、ドライバーに告げることなく、グーグルマップのナビ機能の通りに目的地へ向かってくれます。

Uberのデメリット

  • 見つけるのが大変
  • 呼ぶのにはインターネットに繋がっていないと呼べない

見つけるのが大変

ホテルなどで落ち合うのは簡単ですが、空港やバスターミナルなどの人が多い場所でUberを見つけるのは大変です。

Uberは配車が決定するとドライバーの車の番号やGPSの位置情報などの情報がアプリに表示されます。

落ち合う場所(出発地)を指定するのですが、空港などでは一般車が入れなかったり、バスターミナルではロータリーに車がいすぎて、待ち合わせ場所まで入ってこれなかったりします。

このように待ち合わせが大変な時もあります。

呼ぶのにはインターネットに繋がっていないと呼べない

Uberはインターネットを介して情報の共有をするので、インターネットに繋がっていないと呼べません

ホテルや空港でWi-Fiがあれば、呼ぶことができます。

※車に乗ってしまえば、ドライバー側で操作してくれるので、インターネットに繋がっていなくても問題ありません。

要は呼ぶときにインターネットに繋がっていないと呼べません。

Wi-Fiや現地SIMカードがあれば、問題なく快適に利用できます。

Uberの使い方

これからUberの使い方を説明します。

値段の調べ方

Uberはグーグルマップでだいたいの値段を調べることができます。

グーグルマップで現在位置と目的地の経路を調べます。

今回はブラジルのリオ・デ・ジャネイロで調べました。

ルートと共に料金が表示されます。

※この料金はだいたいの料金です。

Uberを呼ぶ

だいたいの料金がわかりましたので、実際にUberのアプリを起動させます。

こちらに目的地と現在位置を入力します。

現在位置はGPSで現在位置取得しますが、住所よりホテル名などわかりやすいものの方がドライバーと待ち合わせるのには便利です。

※ドライバーにわかりやすいほうが待ち合うのにも簡単。

配車が決定

ドライバーが決まると、ドライバーの現在位置とあと何分で到着するかがわかります。

ドライバーはたまに道を間違えたりしますので、気長に待ちましょう。

待ち合わせ場所がわからないと連絡がくる

どこにいるかわからないと電話がかかってきます

現地SIMカードを買っているなら、事前にプロフィールの情報を変更しておきましょう。

もし、電話が嫌ならメッセージでも良いです。

現地の言葉がわからないなら、グーグル翻訳を使って連絡しましょう。

※メッセージはUberのアプリ上でやりとりします。

これで大抵のことはなんとかなります。

※連絡することはほぼないですが、バスターミナルや人が多い場所での待ち合わせは連絡する時があります。

後は乗るだけ

車の番号でドライバーを発見します。

後は乗るだけです。

会話はしなくてもオッケーです。

今回はブラジルでの乗車だっので、僕はポルトガル語なんてわかりません。

とりあえず、オブリガード(ありがとう)とだけ言っておきました。

目的地に到着

目的地に到着したら、支払いはクレジットカードなので、車から出るだけです。

Uberの利用が終わると、登録したメールアドレスに今回の利用の詳細が送られてきます

乗車時間、距離、金額が送られてきます

そして、ドライバーの評価をしましょう。

特に問題なければ、☆5をつけましょう。

問題があれば、その時の気分で評価しましょう。

Uberを使った感想

Uberはめっちゃ便利だと思いました。

料金もタクシーを使うより安いし、目的地も説明する必要はない。

お金はクレジットカードで支払えるので、トラブルも起きない。

初めて使う時はドキドキしますが、使ってみると本当に便利だと思います。

タクシーでメーターを使わないような地区ならほぼUberを使っています。

観光するにもタクシーを使ったほうが効率よく安全に回れます。

初めてUberに登録するなら、クーポンコードを利用しましょう。

クーポンコード

ryumam6ue

使う国によって金額は変わりますが、近距離の移動なら1回の乗車分くらいは無料になります。

Uberはこちら

僕が海外でUberを使った記録はこちらです。

ブラジル編

エジプト編

バリ島(インドネシア)編

エクアドル編

インド編

関連広告ユニット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存