【クラビ】エメラルドプールとブループールまでバイクで行ってきた方法と時間と金額

エメラルドプールとは

クラビには手付かずの自然が数多く残っており、天然の川がエメラルドグリーン色になっているところだ。このエメラルドプールは入ることができ、旅行者だけでなくタイ人にも人気のスポットである。

スポンサーリンク

エメラルドプールに行くには

エメラルドプールに行くにはツアーとバイクで行く方法があります。ツアーで行くのは簡単ですが、わざわざツアーでいかないでも自力で行くことができます。それがレンタルバイクです。

クラビの道はバンコクとは違ってそれほど渋滞があるわけではないので、普段バイクに乗ってる人なら余裕です。

ちなみにタイで運転するには国際免許が必要です。国際免許が無くても、バイクは借りれますが何かあったときに保険などがおりないということもあるので、運転する時は必ず国際免許を取ってから行くことをおすすめします。

国際免許は日本で即日発行でき、金額も3000円もしないです。

ちなみにエメラルドプールはクラビから約60キロのところにあり、バイクなら約1時間ちょっとでいけます。実際は、運転に慣れていなかったり、休憩とったりと2時間みといたほうが良いです。

クラビの町中でバイクをレンタルする

クラビで泊まるところはクラビタウンとプラナンビーチエリアのどちらかになっていると思います。

クラビタウンでは24時間レンタルして相場が200バーツ。


このDream Guest House付近ではレンタルバイクがたくさんありました。プラナンビーチ沿いでも、多数のショップがあり、値段は250バーツでした。プラナンビーチは観光地料金で少し高いんだと思います。

ガソリンを入れる

バイクをレンタルしたらガソリンを入れましょう。タイでは借りたときはガソリンが入っていません。だいたい40バーツも入れれば満タンになります。

もし、バイクショップで入れてくれると誘いがあるかもしれませんが、やめておいたほうがいいです。

僕はエメラルドプールに行く前日もバイクを借りていて、前日はバイクショップで50バーツで入れてもらいましたが、割高な上に、見かけ上、メーターが満タンになるくらいまでしか入れてくれません。次の日の朝に入れた40バーツのガソリンのほうが走行距離がかなり長かった。

ガソリンスタンドでは、本当にギリギリまで入れてくれます。

途中での給油

僕はエメラルドプールまで60キロあると知ってまず気になったのが、ガソリンが無くなったらどうしよう。。という事です。でも、心配いりません。

エメラルドプールまでの途中までは大きい道で行くので、ガソリンスタンドは多々ありますし、エメラルドプールに行くために横道にそれるのですが、そこの角近くにガソリンスタンドとセブンイレブンがあるので、そこで給油すれば大丈夫です。

僕は行く前に給油して、横道にそれる前に給油した2回で、タイガーテンプル、エメラルドプール(&ブループール)、ホットストリーム(温泉)に行って帰ってこれました。

ちなみに、ここのガソスタの少し先を曲がってエメラルドプールに向かいます。

エメラルドプールに行くなら、こちらも一緒にどうぞ。

エメラルドプールの近くにはブループールがあり、同じ国立公園内でエメラルドプールから徒歩15分くらいにあるので、そちらもオススメです。

僕はエメラルドプールへ行くのなら、近くにあるブループール、ホットストリームという川の天然温泉に一緒に行くのをおすすめします。

ホットストリームは日本では何故かクロントム天然温泉と呼ばれていますが、現地ではホットストリーム(Hot Stream)と呼ばれています。クロントムは地名でクロントムにある天然温泉だからでしょうが、グーグルマップで調べてみても、出てこないので注意が必要です。

タイガーテンプルも行く途中にあり、時間があればそちらに行くのもアリです。タイガーテンプルの裏には階段を登ったところにある寺院があり、タイガーテンプルよりそちらがオススメです。ちなみにこちらの寺院は階段を40分以上登らないと行けないので、かなり疲れます。

いざ、エメラルドプールへ

エメラルドプールの他にもタイガーテンプル、ホットストリームに行くなら1日かかるのは覚悟してください。と言っても、そんなに早い時間じゃなくて大丈夫。暗くなるのはだいたい6時くらいだったので、その前に帰ってくるようにしたいと思っていた。

僕は、朝食後にガソリンを入れて、出発。ガソリンは40バーツで満タンになりました。そして、タイガーケーブまでは20分もからず、順調に来れた。

すぐに見終わって、エメラルドプールに行くと思いきや山も登ったので2時間以上ここにいた。あまり遅くなると帰りが大変と思い、昼前にタイガーテンプルを出発。

クラビよりかはエメラルドプールに近いので、40分後にはエメラルドプールに行くために曲がるポイントに到着。

ちょうどここに大きいガソリンスタンドとセブンイレブンを発見。

ここにはセブンイレブンの他にAmazonカフェも横についていたので、ここで昼休憩。

給油&休憩から山道へ

山道と言っても、ちゃんと舗装されているし、たまに穴ボコがあるだけなので、運転には支障がない。でも、スピードを出しすぎたり甘く見てると痛い目にあうので運転は気をつけた方が良い。あとは暗くなると、道が見にくくなるので下山は5時にはしたほうが良いと思う。

横道に入ってから、30分くらいでエメラルドプールのある国立公園に到着。国立公園まではセルフスタンドみたいなガソリンスタンドがあったので、何かあったときはこちらでも給油できる。

このセルフスタンドみたいなやつも横道にそれてから、エメラルドプールまでに3つあったし、バイクで行ってガソリンがなくなって立ち往生とはならないだろうけど、念のため大きな道でガソリンは入れておいたほうがいいと思う。

そしてグーグルマップでエメラルドプールと調べて、最終的に行くと泥道を案内される。

最初はマップ通りに行って、舗装されてない道を走って、バイクもぬかるみに行った。

どういうところかわからなかったので、この道の先にあると思っていたが、実際は違った。

国立公園内に、エメラルドプールはあるのでちゃんと駐車場も完備されている。

そのため、僕のようにグーグルマップを見ていくならEmerald Lake Parkingで調べていくと良い。

ここを目指してください。

エメラルドプールのある国立公園に到着

国立公園だけあって、バイクの駐車料金もかかる。

10バーツだけだけど。

そしてエメラルドプールに行くならば200バーツの国立公園の入場料が必要です。

国立公園に入ったら、水の綺麗さにビックリします。

ずは川沿いに歩いてエメラルドプールを目指す。

エメラルドプールまでは1400メートル程あり、徒歩で20分くらいかかるが、途中の道も川も綺麗なので苦じゃない。

そしてやっとエメラルドプール。

エメラルドプールに入る

本当にエメラルドだった。

このプール沿いは滑るので気をつけてください。

ビーチサンダルの僕はそのままエメラルドプールへ。

もし、スニーカーとかだったら、サンダルをもっていったほうがいい。

そして、プールはそこまで深くない。

130センチくらいの水深。

しかも冷たくない。

川なのに冷たくないとはまた変な感じ。

子供も大人も遊んでいる。

平日の割に人がいた。

もしかしたら休日はかなり人が多いのかもと思った。

そして写真撮影や遊び終わったので、次はブループールへ。

エメラルドプールに行ったらブループールにも行くべき

ブループールはエメラルドプールから徒歩で10分から15分くらい。

途中は道を間違えたんじゃないかと思うようなところに行く。

しかし、その先まで行くとブループールがある。

ここは野鳥管理のため11月から3月までしか行くことができない。

そして入ることのできる時間も10時から15時までた。

僕は14時半に入ったので、大丈夫だったが帰るときには入れないようにしてあった。

そして水の青さに驚くと思う。

これは守らなきゃいけない自然だと思った。

是非、エメラルドプールへ行くのならブループール行くべきです。

ちなみにエメラルドプールは入水可能だか、ブループールでは泳ぐ事はできない。

近くの温泉に行くのもオススメ

近くには温泉(Hot Stream)もあります。

ここには暗くなる前に着きたかったので、3時にはブループールを出た

ちなみにエメラルドプールのある国立公園には1時半前には着いていた。

温泉は最後に行くがいいと思います。疲れが飛ぶので、プールへ行ったあとに行けば、プールや運転の疲れが和らぎます。

エメラルドプールからはホットストリームまてバイクで15分ほどだ。

この温泉も駐車場があり、5バーツとめることができる。

入場料は90バーツ。

エントランスの門から温泉までは5分くらい歩くが、電動カートに乗ればすぐ着く。

20バーツほどかかるが。温泉までは真っ直ぐ歩き、右側にスパが見えてくる。

そのすぐ奥に温泉が流れてる川がある。滝壺の下は濁っているが、滝壺の上は澄んでいる。

しかも人が入りやすいようになっているので、リラックスして入ることができる。

温度も丁度いい。

クラビまで帰る

行きと同じくらいかかるだろうと思い、体が温まったらもバイクで暗くなる前に帰ることにした。

行きは長い道のりと感じたが、帰りは思ったより早く着いた。

クラビタウンに着いたので、バイクを返した。

ぬかるみにはまったので、ところどころ泥がついているが、何も言われなかった。

是非、エメラルドプールへ行くなら近くのブループールとホットストリーム温泉に行ったほうがいいです。

かかった金額

バイクレンタル 200バーツ

ガソリン代(2回) 75バーツ

エメラルドプール入場料 200バーツ

駐車代金10バーつ

ホットストリーム入場料 90バーツ

駐車代金 5バーツ

かかった時間

クラビタウンからエメラルドプールまで 約2時間(途中休憩&給油あり)(タイガーテンプルの時間は除く)

エメラルドプールとブループール(1時間半)

エメラルドプールからホットストリームまで15分

ホットストリームからクラビタウンまで1時間ちょっと。

一番不安なのが、帰る時間です。

遅くなると辺りが暗くなりますので、暗くなる前に帰ってきた方が安全です。

なので、遅くても5時には帰路についていたほうがいいと思います。

是非、目安にしてください。

タイガーテンプルへの行き方はこちらです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存