【知らなきゃ損】ドライヤーを海外旅行時に使うために変圧器を持って行っても意味が無い理由

girl-1246525_640

海外旅行で日本製品を使うには変圧器が必要だと思っていませんか?

僕も必須だと思って、5,000円くらいする変圧器を買いました。

スマホやカメラ、それにその他の日本製を充電するにも変圧器が必要だと思っていました。

なんせ身の回りには電化製品が溢れていますしね。

特に女性では髪を乾かすのにはドライヤーが必須ですよね。

海外のホテルに付いているようなドライヤーでは風量が弱かったりするのでできれば自分のを使いたいと思っている人もいるはず。

僕は変圧器を買いましたが、ほとんど使う機会が無かった時のお話をします。

変圧器を使う主な理由

日本のドライヤーが海外で利用できない理由を知る前にまずは、変圧器の知識が必要になります。

よく日本の製品を海外で使うには、なぜ変圧器が必要と言われますが、なぜ必要なのか?

同じ電気製品ですが、一番の理由は日本の電圧が海外の電圧と違うからです。

日本の電圧は世界でも稀な100V(ボルト)です。

日本以外にも電圧が100Vの国は一応ありますが、100Vを採用している国は圧倒的に少ないです。

世界の主流は220Vなんです。

そのため、日本の電気製品を海外で使うには海外の電圧を100Vに調整しないと日本の製品は使うことができません

このために変圧器が必要なのです。

ここまでは僕も知っていました。

海外では【日本製品を使うには変圧器が必要】。これが僕の知ってる電圧についての知識でした。

これは間違ってはいませんが、完全に正解ということもありません

スポンサーリンク

正しい電圧の知識

日本の電気製品の使用できる電圧は100Vで間違いないです。

100Vに調整しないと、回路がショートして壊れてしまいます。回路を壊さないために電圧を100Vに調整するのが変圧器の役目です。

この他に必要な知識として、ワット数(W)もありますが、電圧を制限するとドライヤーに必要なワット数も制限されてしまい、熱風を出すことができません。詳しくは後述します。

コンセントの形状も重要

海外で電気製品を使おうとすると、コンセントの形も重要になります。

日本のコンセントの形はA型に分類されます。

この図をみてもらえばわかりますが、コンセントの形状は様々です。

日本と同じA型のプラグを採用している国は、アメリカ、カナダ、スペイン、サウジアラビア、ブラジル、ペルー、メキシコ、韓国、台湾、中国、フィリピンと世界の国からしたら一部だけです。

その他の国は、B型やC型が多いですが、国によって様々です。

旅行に行く国が決まっているのなら調べてみましょう。

役に立つリンクを貼っておくので、行く国が決まっていたら調べてみてください。

せっかく海外対応の電子機器を購入しても、コンセントの形状が違うため使えないということもあるので、コンセントの形状は重要です。

海外対応の電化製品

ここまでで電圧についての知識は得ました。

それでは、次に考えるのはドライヤー以外の製品を海外に持っていくとしたら、どのような電化製品があるでしょうか?

真っ先に思い浮かぶものとしてはスマホ、カメラ、PC、電動髭剃り、充電式乾電池くらいですかね。

それにドライヤーです。

スマホ・PC・電動髭剃り・充電式乾電池などの各種充電器のほとんどが今や海外対応となっています。充電器もしくはコードの近くに電圧の記載があると思います。

電圧が海外対応かどうかを調べるには電圧がAC100-240Vと電気製品に記載されていれば、海外対応です。

このようにAC 100V-240Vという記載があれば100Vから240Vまでの電圧に対応しているということです。

ドライヤーの対応電圧は?

スマホやPC、カメラなどはほとんどがこのように100Vから240Vまでの電圧に対応していますが、日本製のドライヤーのほとんどのものは、100Vという記載です。

つまり、ドライヤーは海外の電圧に対応していないということになります。そのため海外旅行中に使おうとして電源を入れた瞬間に回路がショートして壊れてしまいます

そのため、海外旅行に行くときにドライヤーをそのまま持っていき、使用すると壊れてしまいますので、変圧器が必要になるということですが、これも正解ではありません。

ドライヤー以外の電気製品はほとんど変圧器は必要じゃありませんし、変圧器自体を購入しようとすると結構いい値段がします。

変圧器も安すぎると不安なのでちょっと良い物で4,000円前後します。

ドライヤーのために果たして変圧器は必要か

海外旅行では通常の電気製品を使うときには、ハッキリ言って変圧器はいりません

僕は海外に一年の半分以上いますが、変圧器を使うことはまずありません。

以前に変圧器を買ってしまいましたが、変圧器を使う場面はありませんでした。

これは完全に調査不足でした

僕はドライヤーを海外で使うために買ったのですが、変圧器を繋いでドライヤーを利用してみると不思議なことが起こりました

ドライヤーのために変圧器を買ったのに

前回、セブ島に海外旅行に行った時にドライヤーを使おうとしました。

変圧器をコンセントに繋いで、ドライヤーを変圧器に繋いで熱風を出そうとしました。

もちろんAmazonで変圧器(5,000円弱のレビューがいいやつ)をドライヤーのために購入していたので、問題なく使えるだろうと思っていました。

そしたら、熱風がでません。

壊したかと思いました。

しかし、冷風はしっかりでます。

ここで何が起こったか全くわからなかったので、何が起こったのか調べました。

変圧器を使っても冷風しか出なかった理由

変圧器を使ってドライヤーの熱風を出そうとすると、冷風しかでない。

なんで変圧器を使っても海外ではドライヤーは使えないのでしょうか?これは疑問に思って調べると、変圧器には容量(W)というものが存在します。容量はW(ワット数)のことです。

ドライヤーから冷風しかでない原因を説明するのにはワット数というものの説明をしないといけません。

ドライヤーに必要なW(ワット数)というものがあるのですが、変圧器を使うと電圧も変えることができるが、ワット数も変わってしまうのです。ドライヤーを使うにはV(ボルト)の他にW(ワット数)も調べないといけませんでした。

このワット数ですが、変圧器を通すとワット数はかなり制限されてしまうのです。制限されたワット数は変圧器によりますが、だいたい200Wだったり1000Wだったりします。

ちなみにドライヤーを使うのに必要なワット数は約1500W必要です。

つまり、冷風しか出ない理由はワット数が全然足りてなかったからです。

変圧器で容量の制限が1500Wのものはサイズが相当大きいもので値段も張ります。

ドライヤーだけのために変圧器の1500Wも容量があるのを買うのはもったいないです。調べると2万円くらいしますし、重さも3キロくらいあります。

それなら最初から海外対応のドライヤーを買ったほうがいいです。

海外対応のドライヤー

海外で日本のドライヤーを使うのなら、最初から海外対応のドライヤーを買う方がいいです。

現在はかなり多くのドライヤーが発売されており、クオリティーも高いものが多いです。アマゾンや楽天でも海外対応のドライヤーは売っており、クオリティーは高く値段も安いものも売っています。

旅行用のものはコンパクトで持ち運びも楽です。

風量も強いものも多く、マイナスイオンも発生させるものもあります。更に海外の電圧にも対応して、日本の電圧でも使えるマルチなドライヤーもあります。

風圧は申し分なく、美容院であるような風圧のドライヤーとまではいきませんが、女性でも満足できるような風量です。

僕も利用していますが、僕の嫁さんもかなり満足して使っています。

Amazonでコスパの優れているドライヤー

値段はピンキリですが、数日程度でしたら安いものでも十分だと思います。

そんなに高いものじゃないので、海外旅行に行くなら買って持って行ったほうがいいでしょう。

テスコムのドライヤーは3,000円以下と安いわりに、日本でも海外でも使えるもので、お勧めです。

この値段でマイナスイオンもついています。


1,500円以下でもパナソニックのが売っています。

こちらも日本・海外ともに利用可能です。

マイナスイオンがついていないので、若干値段が下がっています。

僕らは結局パナソニックの4,000円くらいするドライヤー【イオ二ティ】を買いました。

マイナスイオンもあるし、コンパクトでそれほど荷物にならないのとパワーも結構あったのが決め手になりました。

毎日使うものなので、ちょっと良い物を買いました。

更に高級な1万円以上するドライヤー【ナノイー】タイプもありました。

今思えば、一年のほとんどを海外で過ごすので、こちらを購入してもよかったと思います。

楽天で売られているドライヤー

ナノケアのドライヤー、ナノイー。海外だけでなく日本でも使えるタイプ。

日本でもドライヤーも交換しようと考えてるなら、高価な物を買うのもいいと思う。

海外だけで利用するなら安価でパワフルなものがいいだろう。

ドライヤーについてのまとめ

ここまでの話をまとめてみます。

まず、変圧器についてですが、変圧器は決して安価なものではないので、海外旅行のときはドライヤーのためだけに買うのは止めましょう

日本のドライヤーでは冷風しかでませんので

変圧器を買うなら容量(ワット数)の確認だけはしっかりしましょう。

もし、買っても使えなかったら買った意味もないので、そして重さも結構あるので海外に持って行っても使えなくて意味がなかったというのもしょうがないので、買うなら是非とも意味ある買い物をしましょう。

ドライヤーを持っていくなら海外対応のものにする。

海外対応のものを買うほうが安いし、コンパクトに収まると思います。

【追記情報】ドライヤーは充電式のものはやめよう。

充電式のものだとリチウム電池のせいで飛行機では持ち込めない可能性がある

コード式なら問題なし

コンセントの形状に注意

海外のコンセントの形状は日本と違うことがあるので、変圧器はいらないが旅行用変換プラグが必要になるときがある。

コンセントの形状が違うと入らないので変換プラグが必要です。

海外旅行用変換プラグ

変換プラグだけなら非常に安価に売っているので、探してみてください。

送料込みでも700円前後で売っていますので、是非探してみてください。

最近見つけたのですが、こちらはUSB付なので、他のたこ足配線をする必要なく使えます。

海外旅行用変換プラグ(USB付)

値段は1,200円前後と普通のプラグより、ちょっとだけ高いです。

ですが、一個で全ての形を補えるため、複数の国に行く予定ならこちらのがお勧めです。これなら、スマホの充電も一気にできるので、重宝します。

【追記】ドライヤーを飛行機に持ち込む時の注意

飛行機にはバッテリー式のドライヤーは持ち込む事ができない可能性があります。

普通のコード式のドライヤーなら大丈夫ですが、充電式のものは機内に預けることもできない可能性があります。

ワット時定格量が100Wh以下のものなら大丈夫で、160Wh以上はダメだとか制限があります。

詳しくはこちらのページがわかりやすいです。

意外と知らない飛行機に持ち込んでも大丈夫な物はこちらで確認できます。

飛行機に食べ物を持ち込もうとするときに読むものはこちらです。

もし、海外旅行に行くときの保険を決めていないのでなら、クレジットカードの付帯保険はいかかでしょうか?クレジットカードを作ると無料で保険に入ることができます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存