パチンコとスロットの違いは何?初心者にもわかりやすく4つの異なる点をご紹介

パチンコとスロットの違いをご存じですか?街に点在しているパチンコ店内にもパチスロと呼ばれるスロットがありますし、オンラインでもオンラインスロットが存在しスロットも身近にプレイできます。こちらのウェブサイトで、オンラインスロットについてもっと詳しく読むことができます。

今回は、それぞれが、どのようにプレイするのかなどパチンコとスロットを比較して初心者にもわかりやすくご紹介します。

 

パチンコとスロットの違い その1それぞれの基本情報

パチンコとは、銀制の小玉を打ち出してそれを入賞口に入れて、大当たりを目指すプレイスタイルです。1925年に大人対象のパチンコ専門店が大阪で開業し、第二次世界大戦中に一時禁止になりましたが、戦後再開されており、現在に全国には、パチンコの営業店舗数は7979店舗(2021年4月末時点)が営業されています。

スロットとは

スロットの正式名所は、スロットマシーン。メダルを入れてレバーオンすると数字や絵柄のついたリールが回り始め、機械の手前にあるストップボタンを押してリールを止めて大当たりを目ざすリールマシンの他、ビデオスロット、ビデオポーカー、ビデオキノ、ホースレース、オートルーレットの他さまざまな種類の機械を示します。

ちなみに、パチンコ店にある「回胴式遊技機」とも呼ばれるスロットマシーンは、パチスロと呼ばれています。パチスロは、スロットとは異なり、プレイヤーが自分でストップボタンを押して、テクニックなどを使ってコントロールできるマシーンです。絵柄が回転したら自動的に止まる欧米のカジノのスロットをベースに開発された日本独自のマシーンであり、海外のカジノに設置してある機械とは異なります。

 

パチンコとスロットの違い その2 勝率の違い

パチンコは、「ハズレ」か「大当たり」の2つの勝率しかありません。日本のパチンコ店にあるいわゆるパチスロと呼ばれるスロットは、ストップボタンを押してリールを3回止めます。リールのポジションは、「ハズレ」「小役」「大当り」という3つのポジションが存在。「ハズレ」は、その名の通りハズレ=0。「小役」とは、「大当たり」以外の1~15枚の払い出しがありそれを使って大当たりを目指すことができる役割があります。

大当たりは、ボーナスともいわれます。海外カジノにあるカジノスロットと呼ばれるスロットは、プレイボタンを押してリールを回転させた後に、自動的にリールが周り、それが止まったらゲームは終了。賭けたラインに決められた絵柄が揃うと配当金が得られるというシンプルなゲーム。ただし、台によって「大当たりが出やすい台」と「小さい当たりが出やすい台」などあたりが出やすい台があるので台選びに注意しなければなりません。

 

パチンコとスロットの違い その3 遊ぶ最低金額は?

スタンダートなパチンコは、1玉=4円。その場合の最低使用金額は、500円。店内にある玉の貸出機であるパチンコサンドには、紙幣のみが利用できるのですが、玉貸しボタンを押すと500円分の玉を借りることができます。

パチスロの場合、スタンダードパチスロであれば、メダルの貸し出しは、20円=1枚。勝つことを目的とした最低軍資金として、5~10万ともいわれています。カジノスロットになると1ゲーム1ドル以下でプレイできることも多いよう。

 

パチンコとスロットの違い その4 プレイ時間の違い

パチンコの方は、玉が貸し出される玉の数が多いので、長くプレイできるイメージがありますが、一ハンドルを握ると、1秒に1個、玉が出ていくシステムになっています。スロットは、メダルを投入した後に、レバーを叩いてリールを動かしパチスロの場合は、ストップボタンを押すという操作を1ゲームごとに行います。ゲーム自体は変わりないようですが、時間が流れ自体は変わるようですね。

数ドルで数十倍を稼ぐことができるカジノスロット。高いジャックポットを狙える台を選んでプレイをすると、低い確率の台をチョイスすれば、ジャックポットの勝率は低くなりますが、プレイ時間は長くできますね。

 

まとめ

パチンコとスロットどちらが良いのかといわれれば、スタイルが異なるプレイになるので、人によってそれぞれとってもよいでしょう。特に、スロットは、カジノスロットや欧州スロットなど同じスロットでもプレイスタイルが異なります。自分にあったスロットスタイルをみつけて楽しんでみてはいかがでしょうか?

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Amazon

Amazonは旅行商品を買うのによく使っています。小物系も種類も多く、役立つ小物がたくさんです。特に旅行の便利グッズはこんなものがあるのか!!と驚く品もあったりとチェックしてみるとおもしろいです。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
航空券を買うときはスカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

トリップアドバイザー

【c】【公式】トリップアドバイザー

TripAdvisorは海外の情報を集めるのに使っています。日本のWebサイトに載っていない情報も出ていますので、重宝しています。

このブログを書いてる人
りゅーま

世界74ヵ国を夫婦で旅行したブロガー。
一時期はブログで生活できるくらいだったが、コロナのためアクセス数が激減。
趣味はブログ。

海外旅行に行けない日々が続いたので、キャンプにドハマり。
アイテムの紹介・日々の気になることもUPしていきたいと思っています。

りゅーまをフォローする
海外情報
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました