国際青年証(IYTC)を取得して国際学生証と同じ割引を受けよう!!

rain-1599790_640

 

国際青年証とは

国際学生証は世界中で学割が使える身分証ということは前回お話しました。

 

この国際学生証とほぼ同じ効力を発揮するのが国際青年証(IYTC)です。

 

国際学生証は学生でなければ取得することができませんが、国際青年証は30歳以下でしたら誰でも取得する事ができます。

 

 

取得方法は国際学生証と全く一緒です。

 

スポンサーリンク

国際青年証の取得方法

日本国内で取得するには、3つの方法があります。

  • 発行所で取得
  • オンラインにて発行
  • 郵送で発行

発行所の窓口では、ほとんどの場合即日発行してくれます。

 

取得費用は?

取得費用は、国際学生証と同じで窓口発行なら1,750円。

オンラインや郵送なら2,300円必要になります。

 

取得に必要なもの

取得には、身分証と顔写真が必要です。

  • パスポートのコピー、または運転免許証など公的機関が発行した身分証明書のコピー
  • 顔写真(縦3.3cm・横2.8cm)

サイズは縦3.3cm・横2.8cm。

 

証明写真はアプリを使って作ると安くなります。

【節約】証明写真をアプリで作ったら、30円で作れてしまった
少し前までは証明写真と言ったら、写真屋さんか駅前にある証明写真用の機械で撮るのが主流だったと.....

 

スポンサーリンク

割引できる施設

このサイトで調べることができます。

Benefits – ISIC

 

しかし、インターネットの情報ではエジプトのピラミッドなど割引ができたという情報がありましたが、こちらのサイトではピラミッドの情報についてはIYTCについては一切ありませんでした。

 

スポンサーリンク

追記

2017年に世界一周をしていますが、このIYTCが使える施設が少なすぎます。

ヨーロッパの美術館・ 博物館をはじめとする施設のほとんどがISICしか扱っておらず、IYTCを作って10か月の旅をしているが、一回も利用できていない。

もし、作るならISICを作ることをお勧めします。

 

もしくはただの学生証でも割引してくれる施設もあるので、IYTCを作るくらいなら普通の学生証を持っていく方が効果があると思いました。

 

2017年9月追記

エジプトでは国際青年証が使えたが、対応スタッフによっては使えない時もありました。

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

トリップアドバイザー

【c】【公式】トリップアドバイザー

TripAdvisorは海外の情報を集めるのに使っています。日本のWebサイトに載っていない情報も出ていますので、重宝しています。

LINEモバイル

旅行サイトではないですが、日々の携帯代を安くしています。海外に長くいても携帯代が安いLINEモバイルはコストをかけないためにも重宝しているので、海外生活が長くても使えます。

海外旅行ハック
スポンサーリンク
What will be will be
タイトルとURLをコピーしました