【絶対お得】プライオリティパスを楽天プレミアムカード経由で申し込む

世界中のほとんどの空港ラウンジで使えるプライオリティパス

世界各国の空港のラウンジを無料で何回でも使えるプライオリティパスというものがあるということを知っていますか?

これはイギリスの会社が発行しているサービスだが、世界各国のラウンジや航空会社と提携しているために使えるサービスです。

 

通常では、年会費を支払わないと取得できませんが、楽天プレミアムカードの特典で取得する方法を使えば、通常の取得方法よりも大幅に値下げされた金額で取得できます。その差額は3万円以上です。

これは楽天プレミアムカード経由で申し込むしかないと思いました。僕が楽天プレミアムカードを取得し、プライオリティパスを取得したまでの経過をお教えします。

 

スポンサーリンク

通常のプライオリティパス取得の費用

世界各国の空港でも、プライオリティパスがあれば空港でフライトまで快適に過ごすことができます。乗継までの空き時間があっても、軽食やらお酒を無料で飲んで、優雅に過ごすことができます。

僕は一年の半分以上を海外で過ごしていますが、本当にプライオリティパスがあって、良かったと思います。

 

プライオリティパスの利用できるラウンジは基本的にはエアーサイド(AirSide)といってイミグレーション後になりますが、イミグレーション前(LandSide)でも利用できるところもあります。

そんなプライオリティパスは、通常に入会すると399ドル/年間もかかってしまいます。利用制限が10回というプライオリティパスもありますが、それでも249ドル/年間もかかります。

ちょっと年会費が高すぎると思います。

 

僕のように飛行機頻繁に乗るならいいと思いますが、飛行機にあまり乗らないなら、プライオリティパスの会員になるのに399ドルは高いと思います。実際、僕も年会費が399ドルならプライオリティパスがを取得しようとは思いませんでした。

 

スポンサーリンク

プライオリティパスの特典

ここで、一回プライオリティパスの特典を整理してみましょう。

まずプライオリティパスを取得すると、提携しているラウンジが使えるようになります。ラウンジによりますが、以下のサービスが無料で利用できるようになります。

  • エアコン
  • インターネット
  • 飲み物(お酒)
  • 食事(レストラン並み)
  • シャワー
  • FAX
  • マガジン
  • テレビ
  • Wi-Fi

もちろん、全てのラウンジで同じサービスが利用できるわけではありませんがほとんどのラウンジには付いています。例えば、イスラム教の国ではお祈りスペースがあったり、お酒の提供がなかったりします。逆に、食事の提供は日本食があったりもします。

お酒は生ビールが何杯でも無料のところもあります。

 

僕は飛行機の待ち時間に優雅に過ごしたいので、絶対にプライオリティパスが欲しかったです。ちょっと399ドルは高いと思いましたが、楽天プレミアムカード経由で取得すれば10,800円(税込み)でプライオリティパスを取得することができました。

 

プライオリティパスの提携先は世界900か所以上(公式HPより)です。プライオリティパスについての詳細は、こちらの記事を見て下さい。

【ラウンジ使いたい放題】世界中の空港のラウンジが無料で使えるプライオリティパスの正体
・・・続きを見る

 

楽天プレミアムカードでプライオリティパスを取得する

楽天プレミアムカードはプライオリティパスがついてくる数少ないクレジットカードです。プライオリティパスには3つのランクがあります。

  • 利用するごとにお金が必要
  • 利用回数が決まっている
  • 利用制限が無い(←楽天プレミアムカードの特典

 

この楽天プレミアムプライオリティパスは最高ランクのプレステージのパスで、利用制限が無いランクです。通常に入会すると年会費は399ドルと高額の入会費です。

その分サービスは最高で、軽食も無料で食べれますし、シャワールームが付いているところもあります。もちろんお酒も飲めます。

 

特典にプライオリティパスがついてくるクレジットカードは楽天プレミアムカードの他に数種類かありますが、それらのクレジットカードの中で、圧倒的に年会費が安いのが楽天プレミアムカードです。

そのためプライオリティパスのためだけに楽天プレミアムカードを持っている人もいるくらいです。

 

 

スポンサーリンク

楽天プレミアムカードの年会費は比較的安い

楽天プレミアムカードの年会費は10,800円(税込)です。普通のクレジットカードに比べると高いかもしれませんが、プライオリティパスを取得する金額としては破格の安さです。

 

無料のクレジットカードもあるのに、年会費が10,800円なんて高額じゃないかと思うかもしれませんが、プライオリティパスのプレステージでは通常価格が399ドル(≒約4万円)なので、通常よりも約3万円もお得にプライオリティパスが取得できるので、それだけでもお得だと感じませんか?

 

僕はこの時点でも圧倒的にお得だと感じました。そして、旅行保険もついています。

 

スポンサーリンク

楽天プレミアムカードの保険(国内・海外)

楽天プレミアムカードには旅保険もついています。しかも嬉しいのが、国内・海外ともに対応しています。これはかなり嬉しい内容です。

 

国内旅行の保険

こちらが国内旅行の時の補償額です。保険が適用されるのは移動中やパッケージ型の旅行中に限られるのですが、それでも旅行の時に保険が付いているのは嬉しいですよね。

 

海外旅行の保険

こちらが海外旅行時の保険の補償額です。この補償額があれば、通常の旅行でしたら全く問題ないような内容です。

 

スポンサーリンク

楽天プレミアムカードに申込むと楽天ポイントが貰える

楽天プレミアムカードも楽天カードもそうですが、頻繁にポイント還元の入会特典をつけてくれるキャンペーンを行なっています

これに乗じて入会すると一年目の年会費を大幅に抑えることができます。この特典は入会が初めての人だけで、以前に楽天カードを作ったことがある人は対象外です。

 

それでも、楽天ポイントがもらえた

僕は、入会時の楽天ポイントをもらえませんでしたが、その他でもポイントをもらうことができます。まずは楽天e-naviへの登録です。

 

次に必要なことは初回カード利用です。カードの利用履歴がカードセンターについたらポイント付与です。楽天ポイントをスムーズに貰うには、HPの説明が複雑でちょっとわかりずらいのです。しかし、ポイントを取り損なわないようにするには、しっかりと楽天カードのHPで確認をしたほうが良いです。

 

例えば、初回入会時にはカードが来てから、楽天e-naviに登録して、自分でポイントの申請を行わなくてはなりません。ポイントは貰えるけど有効期限があるとか、いつまでにカード利用しないとポイントが付与されないなど、細かい条件がある場合もあるのでポイントを貰い損ねないようにしましょう。

 

楽天プレミアムカード取得するまでの手順

楽天のHPからクレジットカード作成があるので、楽天プレミアムカードを選び情報を入力しました。入力する情報は住所、年齢、勤め先や年収、配偶者の有無等です。

これは他のクレジットカード会社の入会方法と同じです。

特に難しい操作や楽天だからという特殊な事はありませんでした。

 

スポンサーリンク

引き落とし口座の設定

引き落とし口座の設定はすごく簡単でした。ネットバンキングに登録していれば更に設定は簡単です。

 

僕はUFJ銀行のUFJダイレクトというネットから口座情報や振り込みができるに登録してあったので、入会時にその情報を登録しました。普通はクレジットカードの引き落とし口座の情報等は、クレジットカードの郵送書類が送られてきた返信用封筒で引き落とし口座を登録、銀行印を押してクレジットカード会社に返信。

 

この流れが一般的だと思うのですが、楽天カードはこれすらもネットでできてしまいます

カード発行までがかなり迅速でした。

実際に僕の手元にカードが届いたのは、インターネットで申し込み手続してから5日後にはカードが届いてました。これはかなり早かったと思います。

 

スポンサーリンク

楽天カードの注意事項

楽天カードは基本的に海外キャッシングはリボ払いとなっています。

私は初期設定でリボ払い無しと申請しましたが、海外キャッシングはリボ払いの設定なしでも強制的にリボ払いになります。海外キャッシング時には注意して下さい。

 

これの回避方法は、リボ払いの初期設定の金額は10万円以下の場合は3,000円が月々の支払いになっているそうです。これはキャッシング後には変更できないとコールセンターのスタッフが言っていました。

限度額いっぱいに借りても年間36,000円しか返せません。それに金利が18.0%付くらしいです。

 

これはかなり危なかったです。最初に海外キャッシングのリボ払いの金額は変更できますので、最初にリボ払いの金額を変更することをお勧めします。

 

プライオリティパスの申請

楽天プレミアムカードに入会しただけではプライオリティパスは取得できません。プライオリティパス取得するには楽天e-naviから申請することによって取得しましょう。

 

スポンサーリンク

プライオリティパスの申請方法

プライオリティパスの申請方法はめちゃくちゃ簡単でした。まずは楽天のe-naviにログインしましょう。

アプリをダウンロードしている場合はアプリからでも申請できますが、結局は楽天のホームページのe-naviに飛ばされてしまいます。

 

Screenshot_2016-07-26-18-15-17

 

ログインするとこのような画面になります(スマホ)ので、右側にある「各種申請」を押しましょう。

 

Screenshot_2016-07-26-18-15-27

 

少し下にスクロールすると「プライオリティ・パスのお申し込み」があります。

 

Screenshot_2016-07-26-18-15-37

 

規約みたいなのがありますので、ざっと目を通しましょう。

 

Screenshot_2016-07-26-18-15-57

 

「申し込み」のボタンがありますので、押しましょう。

 

Screenshot_2016-07-26-18-16-09

 

これで完了です。めちゃくちゃ簡単です。時間は2,3分でできます。

そしてこれが、届いたプライオリティパスです。

 

IMG_20160731_144114

 

ちょっと高級感のあるカードです。カードが到着したら後ろに署名する欄があるので署名しましょう。これはクレジットカードと一緒ですね。

そして驚いたことがあって、プライオリティパスはクレジットカードに付帯しているので、有効期限がクレジットカードの入会後一年かと思っていたのですが、プライオリティパスの有効期限を見てみると2年でした。

 

なので2018年の7月までプライオリティパスが使えます。一年の有効期限だと思っていたのでかなり嬉しいです。

楽天プレミアムカードの有効期限が切れるとプライオリティパスも失効してしまいます。

プライオリティパスを取得する人がいたら是非参考にしてください。

 

スポンサーリンク

まとめ

  • プライオリティパスを取得する金額が楽天プレミアムカード経由だと安い
  • 海外旅行保険もついている
  • 楽天ポイントが貰えた
  • クレジットカード発行までが早かった
  • プライオリティパスの発行はクレジットカードの発行後に申請が必要
  • プライオリティパスの有効期限は2年間



もし、最初からプレミアムカード会員になるのはどうかと思うなら楽天カード
から始めてみるのもいいと思います。

その他にもお得に旅をする方法を紹介しています。

海外キャッシングは繰上返済が断然お得!その方法とは!?
・・・続きを見る
世界一周旅行者の僕がおすすめする便利なクレジットカード
・・・続きを見る

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナー。これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトです。UIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できる。僕はこれでハワイまで往復8万円。アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Expedia(エクスペディア)

航空券とホテルを同時に予約すれば、割引もあるというExpedia。計算したところ、ツアーに申し込むよりもお得になることが多い。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)全世界のホテルが日本語で予約できるサイト。特にヨーロッパ・アメリカに強い。宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

Agoda(アゴダ)

Agoda(アゴダ)も全世界にネットワークがあり、Booking.comかagodaで最安値のプランは大抵調べることができる。個人的には東南アジアならagodaの方がホテル数が多い。それにクレジットカードで事前決済可能。カスタマーサポートも日本語で対応してくれる神サイト。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。つまり海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。エポスカードの詳細はこちら。

クレジットカードプライオリティパス
スポンサーリンク
What will be will be
タイトルとURLをコピーしました