【ミャンマー】船をチャーターしてインレー湖観光をしてみる

スポンサーリンク

インレー湖とは

インレー湖とはヤンゴンから夜行バスで来ることができるとっても田舎な街の近くにある湖です。ミャンマーを観光するなら、ヤンゴン、パガン、マンダレー、インレー湖と言われるくらい有名な湖で、基本的には船をチャーターして観光します。

スポンサーリンク

インレー湖の畔の街:ニャウンシェ

インレー湖を観光するとなれば、間違いなく滞在するのがニャウンシェの街です。ヤンゴンの街よりパガンの街の方が田舎と感じますが、ニャウンシェの街は更にそれよりも田舎です。特に困るのが、ご飯です。パガンやヤンゴンではツーリスト用のレストランがありますが、このニャウンシェの町には外国人用のレストランがほとんどありません。あったとしてもかなり早い時間から閉まってしまうので、ご飯を食べるところは確保しておいたほうがいいでしょう。もしくは、ホテルのレストランを使うなどした方が良いでしょう。

インレー湖の観光情報

インレー湖の観光はボートをチャーターして行くのが主流です。ボート1台チャーターして20,000チャットでした。僕は、ホテルでチャーターしたので、この値段でした。ボートは4人は乗れるので、1人当たり5,000チャットというところでしょうか。僕らは二人でチャーターしました。

20,000チャットは若干高いと思います。たぶんボート乗り場でチャーターすると更に安く見つけられたかもしれませんが、ボートがボロかったりします。僕がチャーターしたボートは、ボート自体はそれほどでしたが、ライフジャケットやブランケット、ボートのイスのクッションなど新しく、快適に過ごせました。

ボートをチャーターする際に、荷物も運んでくれました。ホテルで予約して良かったと思うことは、ホテルから乗り場まで案内してくれたこと、余計な客引きにあわなかったことです。そして、ホテルの信頼があるところなので、変なショップなどに連れていかれなかったことです。

ボート乗り場は赤丸で囲まれた中の☆印のところがボート乗り場です。

ちなみに青丸で囲まれた所が、バガンやヤンゴンからのバス乗り場です。運行会社によって、乗り場(降り場)が違いますが、たいていはここらへんで降ろされます。

もし、ご自分でチャーターしたいと考えているなら、ボート乗り場へ直接行ってください。目印はグーグルマップで【Best Western Thousand Island Hotel Inle Lake】を検索すれば、その目の前がボート乗り場になっています。

もし、ホテルで予約できなくてもボート乗り場の近くにはたくさんの代理店があるので問題はありません。

ボートチャーターの内容

ボートをチャーターすると約7時間チャーターできる。もはやツアーといっても過言ではないが、ガイドと言うガイドはない。ここはどこです。くらいの英語はあるが、それほど説明してくれる感じではない。チャーターは約7時間なので、出発する時間がかなり重要だ。

早めのスタートなら、水上マーケットも見ることができるし、遅めスタートなら湖に沈むサンセットも見れる。僕は10時にホテルをでたので、水上マーケットも既に終わっていたし、サンセットも見ることができなかった。ツアーのスタート時間はかなり重要なので、そこはしっかり考えていった方がよい。

ボートツアーがスタートした。水路を通ってインレー湖までいくことになるがこの時点でのどかでいい場所だなと思った。

ボートに乗っていると鳥が寄ってくる。ボートは最初は寒くないが、ずっとボートに乗っているので上着&長ズボンはあったほうがよい。長い間ボートに乗っていると、ちょっと寒く感じた。

伝統漁をしている場面。このような伝統的なインレー湖の生活を見るのは面白い。

ボートツアーでは、ショップやシルバースミス(銀の加工所)、首長族の家などを見たが、ちょっと見ただけで満足した。買う必要があれば、買えばいいし、いらないならすぐに出発しても良い。

伝統の織物をしている現場。

首長族の家。

シルバースミス。ぶっちゃけ僕らが来た時だけ仕事をしていた。

昼ご飯は、ミャンマーで食べた中でおいしいレストランだった。やはり観光地であったため、外国人用にアレンジされていた。

ご飯も食べ終わり、更に奥地へ行く。残念ながら水上マーケットは早い時間で終わってしまうので見れなかった。

川沿いにあるパゴダやを見に行く。よくこんなものを作ったなと関心。

ボートは橋の下も通ってしまう。

インレー湖の奥の方で降りて、歩いてパゴダへ。パゴダは山の上にあって近い方と遠い方があった。近いほうがしょぼいけど、遠い方は行くのがめんどくさいのでやめた。

奥のパゴダは疲れるのでやめた。体力があれば行けばいいと思う。

やはり7時間のツアーは長い。ツアーの時間より短くしてしまったがインレー湖は十分堪能したので、早めに切り上げた。

インレーは喉かな場所でとても素晴らしいです。ですが、喉か過ぎて一日で飽きてしまいます。もし、飽きたらカックーという無数のパゴダがある遺跡へ行ってみてはどうでしょうか?

僕的にかなりお勧めのスポットです。カックーについての行き方やどういうところか気になった方はこちらです。また、僕はインレー湖にバガンから来ました。バガンからの移動方法はこちらです。

関連広告ユニット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存