【行き方&感想】キリングフィールドというカンボジアの負の遺産へ行きました

カンボジアのキリングフィールドという場所

キリングフィールドという所はどのような所なのでしょう?

この写真をみてください。

e4e28051-159e-4758-8b98-86961afca113

近くには湖もあり、

fca74e34-5190-4341-911c-d6eb7f76c18d

樹も生い茂っている。

img_4682

池も敷地内にある。

29f09ee2-6ae7-4a64-b96a-7206381378d3

キリングフィールド。

こんな綺麗な場所ですが、ここでは昔大虐殺があった場所です。

スポンサーリンク

カンボジアの負の遺産

キリングフィールドとはポルポト政権(1976-1979年まで)時代に虐殺が行われていた場所です。

キリングフィールドとは処刑場のことです。

このような場所はカンボジア内に約130箇所あり、そのうち約80箇所程が保管されています。

そのキリングフィールドの中でも一番有名なのはプノンペンにあるキリングフィールドです。

上のような綺麗な場所ですが、行われていたことは残虐そのものです。

生きたまま穴に落とされたり、銃で殺すと弾薬がもったいないので、ナタや斧などて殺されたらしいです。

赤ちゃんは足を持ってそのまま木に叩きつけて殺してしまうという方法も取られていました。

5c5e0199-2f0d-4cde-86c4-bad770dcbb12

これは実際に赤ちゃんを打ち付けていた樹です。

このようなことが約40年前まであったと思うと残念でなりません

このキリングフィールドでは、オーディオプレイヤーを借りることができ、日本語の説明もあります。

実際に聞くと、更にひどい描写もあり考えさせられる内容となっています。

このような悲惨な出来事をブログに書こうか悩みましたが、キリングフィールドの日本語のオーディオで最後にこのような事を二度と起こさないためにも、この悲惨な出来事があったことを広めて欲しいと綴ってありましたので書きました。

文章では説明し尽くせないので興味があればプノンペンに行くことがあれば是非立ち寄ってください。

キリングフィールドへの行き方

プノンペンの市内から少し離れています。

行き方はタクシーかトゥクトゥク、レンタルバイク、ツアーに申込む方法があります。

プノンペンにはタクシーがありますが、台数がかなり少ないです。

僕らもプノンペンに5日間いましたが、見たのは3台くらい。その代わりトゥクトゥクはめちゃくちゃ多いです。

プノンペンにはバスも最近できたらしいですが、まだキリングフィールドへ行くバスはできてないようです。

※2016年12月の情報

なので、現実的な方法はトゥクトゥクをチャーターorツアーで行くが現実的です。

レンタルバイクもありますが、運転に自信のある人向けです。

バイクの量が半端ないです。

僕らはレンタルバイクで行こうとしましたが、トゥクトゥクに捕まりトゥクトゥクで行くことにしました。

トゥクトゥクで行く途中に思ったのが、バイクじゃなくてよかったです。

4b515b7e-1dda-4125-8325-75b761fcea1e

こんなバイク集団の中の運転は嫌だと思いました。

ちなみに僕らのトゥクトゥクはこの日バイクとぶつかっています。

そのまま走り去られましたけど。

値段と時間

トゥクトゥクでは20ドルで行けました。

ツアーでは一人15ドルでいけるらしいです。

一人旅の人はレンタルバイクかツアーがお勧めです。

レンタルバイクは4ドルで借りることができますが、凄い渋滞とバイクの量なので20ドルならいいかと思ってトゥクトゥクで行きました。

この20ドルは往復の値段です。

僕らがキリングフィールドを見ている間、トゥクトゥクは待機しています。

僕らは20ドルできましたが、到着後ドライバーは1時間しか待たないとか言い始めます。

それ以上は1時間につき5ドルだ。と話し始めました。

日本人だとわかると何かとお金の事を言ってきます。

このような時は最初に言ったことを守るように言いましょう。

何かと家族が待っている。

これでは生活できないといって来ますがカンボジアの平均月収は250ドルなので、騙してやろうとする考えが嫌です。

ちなみにキリングフィールドは説明のオーディオが一時間半あり、ビデオ上映もあるので、普通にしても2時間以上かかります

ドライバーも当然このことを知っているので、最初からそんなことを言っているドライバーには注意しましょう。

プノンペンにいるドライバーはとりあえず、早く帰って次の仕事をみつけるためにいろいろ言い訳をしますが、キリングフィールドにくる以上、どのくらい時間がかかることかは知っています。

このように時間のことを言ってくるのは日本人に対してなので気をつけましょう。

入場料について

入場料は1人3ドルです。

受付には6ドルと書いてありますが、この6ドルはオーディオプレイヤー入りで6ドルです。(入場料3ドル+オーディオ3ドル=合計6ドル)

このことはツアー会社のHPには記載されていますが、チケットオフィスには書いてありません。

これはS21も行けるツアーですが、滞在時間が1時間以内と少ないです。

できるならオーディオをすべて聞ける2時間くらいとるのがいいでしょう。

24f1ce49-333c-4d9b-8c22-0bcc52783515

借りることができるオーディオ。

このオーディオはイヤホンジャックが2つあります。

2人で行く場合はイヤホンを持っていれば、一つのオーディオで2人聞くことができます。

そうすれば、3ドル分節約できます。

僕ら夫婦はイヤホンジャックが二つあることを知らなかったのですが、イヤホンの二股にわけるものを持っていたので、1つのオーディオでいいかと思っていたのですが、実際はいりませんでした。

イヤホン分配ケーブルを旅に持ってきたのですが、ドラマや長距離バスで音楽を聴く場合に重宝してます。

意外と使える場面が多いです。

プノンペンはそれほど観光名所がありません。

有名なメコン川で夕陽をみたりすること以外することはなかったです。

次回はこのメコン川をたった15円で渡る方法をご紹介します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存