【airtel・Vodafone】ムンバイでSIMカードを買えるお店の紹介

インドでSIMカードを買うのは激ムズ

インドでは現地SIMカードを買うのは激ムズです。

僕はチェンナイ国際空港からインドに入りましたが、深夜のためアライバルデスクには人はいないし、ATMは壊れているし、散々な目にあいました。

しかも、SIMカードを売ってるところすらありません。

そんなインドでSIMカードを買った時の話をします。

※ニューデリーのガンジー国際空港では驚く程簡単にSIMカードが買えるので、是非ニューデリーからインドに入ることをオススメします。

スポンサーリンク

インドでSIMカードが買うには

インドではSIMカードを購入するには、以下の物が必要です。

  • パスポート
  • パスポートのコピー(写真ページとVISAのページ)
  • 証明写真
  • お金
  • 日本の住所がわかるもの(公的証明のもの)
  • 居住証明
  • インド人の友達の電話番号

上の3つは、まだわかります。

でも、旅行者には居住証明やインド人の友達なんていないと思います。

ちなみに日本の住所は国際運転免許証では駄目でした。

※場所にもよると思います。できたと言う人もいるので。

ムンバイで楽々購入

こんな難しいSIMカードの購入ですが、ムンバイでは驚く程簡単にできました。

他のショップでは、チェンナイのショップ同様に全く買えませんでしたが、ムンバイ駅の近くのショップではパスポートとお金、証明写真だけで、買うことができました。

あと、泊まっているホテルの住所。

パスポートのコピーはショップが無料でやってくれました。

証明写真も頼めばやってくれます。

もちろんお金はかかります。

ショップの場所

ここのショップで買うことができました。

この裏の店で買うことができました。

お店をシェアしようとしたのですが、どうやらGoogleMapには載ってなかったです。

シェアした場所のすぐ裏です。

ちなみに僕は上の星印のAKインターナショナルホテルに泊まっていました。

中々いいところです。

興味あるなら、Expediaなんかで探してみてください。

このようなショップでした。

インドのSIMカードは購入後にアクティベーションをしなければならないので、それは自分で行う必要があります。

購入費用

費用は599ルピー(ボーダフォン1ギガ)、895ルピー(エアーテル2ギガ)です。

後日、足りなくなれば追加購入可能。

アクティベーションについて

アクティベーションは全て英語の電話です。

購入時は16時頃だったが、アクティベーションできるのは20時過ぎにアクティベーションの電話をしてアクティベーション完了。

アクティベーションの時に聞かれたことは、ボーダフォンでは、パスポートの下4桁だったり、名前だったり、有効期限を聞かれました。

英語が訛りすぎてて聞きづらいです。

聞かれる内容は申請書の内容確認なので、申請書の内容をおぼえておくといいと思います。

ボーダフォンはその日にアクティベーションできましたが、何故かエアテルは翌日にならないとアクティベーションできませんでした。

購入時間が遅かったため、翌日になったのかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存