虫除けスプレーを手荷物として機内に持ち込む

東南アジアの旅には虫除けスプレーが必須

東南アジアはとても暑く、何と言っても虫の対策が必須です。

特に嫌なのが、蚊、ゴキブリ、ハエです。

寝るときに部屋に蚊がいた時は、夜中の格闘は間違いないですし、ゴキブリは論外です。

ハエも寝るときににあの音を聞くだけで寝付けません。

スポンサーリンク

そんな時の虫除けスプレー

ワンプッシュで蚊がいなくなるスプレーをご存知ですか?

これは蚊だけでなくて、他の虫にも効果があります。

効果は絶大です。

しかも、使用回数がかなりのもの。

蚊がいなくなるスプレー 蚊取り 12時間持続 200日分 無香料 (防除用医薬部外品)が虫除け・忌避用品ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

200日も使えます。

しかも、これの良いところは機内持ち込み可能ということです。

スプレータイプの持ち込み

スプレーの持ち込みですが、これは液体物に該当します。

つまり、100ml以下であれば透明な袋に入れておけば、保安検査を通過できます。

時々勘違いしてしまうのが、透明な容器でなければいけないと思っている人がいますが、機内持ち込みは100ml以下であれば、20センチ×20センチの透明の袋に入れれば、持ち込むことができます。

そのため、シャンプーやリンス、ワックス、歯磨き粉などの液体物も100ml以下であれば持ち込む事ができます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存