【便利】モスクワのメトロのチケットの料金や利用方法

モスクワの公共交通機関

モスクワの公共交通機関はメトロ、トラム、バスがメインです。

トラムやバスはルートがわかりにくいですが、メトロは簡単です。

これがメトロのマップです。

特に観光地は中心部にありますので、移動距離もそこまでありません。

詳しいマップを見たいのなら、拡大してみてください。

このようにモスクワはメトロが発達しているので、ホテルはメトロ駅から近ければ、中心街でなくてもかまわないと思います。

スポンサーリンク

公共交通機関のチケット

公共交通機関のチケットは、メトロ、バス、トラム全て共通のチケットです。

メトロの駅には券売機や窓口があり、チケットはここで購入できます。

チケットの種類は回数券や乗り放題券などあります。

詳しくは後述します。

買い方

券売機でも買えますが、乗り放題や回数券は窓口での購入になります。

券売機は何故か並んでなく、ほとんどの人は窓口での購入になります。券売機は英語表示できます。

窓口ではクレジットカードで購入できます。

2017年の情報なので、券売機でも乗り放題や回数券が対応している可能性があります。

また、ロシアでは券売機があるのにわざわざ窓口に並んでいる人もいるので、券売機があいていたらどんどん券売機を使いましょう。

チケットの種類

こちらのホームページ(ロシア語)で詳しく掲載されています。

こちらが回数券です。

  • 1回券 55ルーブル
  • 2回券 110ルーブル
  • 20回券 720ルーブル
  • 40回券 1440ルーブル
  • 60回券 1700ルーブル

1ルーブルは約2円です。

こちらが乗り放題券です。

  • 1日券 210ルーブル
  • 3日券 400ルーブル
  • 7日券 800ルーブル
  • 30日券 2000ルーブル
  • 90日券 5000ルーブル
  • 365日券 18200ルーブル

回数券、乗り放題券全て含めて、僕のお勧めは3日券です。

旅行の日程にもよりますが、3日もあればモスクワの観光地はほとんど回れます。

一回券は55ルーブル(約110円)しますが、3日券では400ルーブル(約800円)です。

多分1番効率の良いチケットです。

乗り方

日本の電車のように改札でタッチして、中に入ります。

出る時はそのまま出ましょう。

タッチはいりません。

メトロ、バス、トラム共に共通チケットです。

乗車範囲

駅によって料金が変わるという事はありません。

どこまででも料金は一律です。

まとめ

以上がモスクワの公共交通機関についてです。

使ってみるととても使いやすいので、モスクワに来たら是非利用してみて下さい。

メトロはわかりやすいですが、バスやトラムはわかりずらいので、その時はネットが使える状況であれば、Googleマップを使えば、最短ルートを表示してくれます。

僕がモスクワで一番楽しかったのは、本場のボリショイサーカスを見たことです。

しかも、本場のボリショイサーカスってかなり安く見ることができます。

→ボリショイサーカスの予約方法

クレムリンに行くなら、チケットを購入するのに並ばない方法があります。

→クレムリンの入場チケットを並ばずに買う方法

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存