【GAS】スプレッドシートの特定のセルの色を数値化して識別する方法

スプレッドシートは便利なのですが、色の識別については結構不便です。

というのも、スプレッドシートのセルの色で判別しているケースがあるのですが、別のスプレッドシートで元データをコピーしたところ、色まではコピーしきれません。

そのため、色がついたセルをどうにかして判別できないか考えたところGAS(Google Apps Script)を使えば判別することができました。

 

色のついたセルを判別する方法

まず、色のついたセルを判別するには.getbackgroundというメソッドを使います。(複数のセルなら.getbackgroundsを使います。)

これでA列のセルの色を識別して、H列に数値化します。

 

スポンサーリンク

プログラムはこちら

function getcolor() {
  
  //アクティブシートを取得
  var mySheet = SpreadsheetApp.getActiveSheet();
  
  //A列のセルの色をgetBackgroundsで取得
  var RGB = mySheet.getRange('A:A').getBackgrounds();
  
  //H列にA列のセルの色を数値化を入力
  mySheet.getRange('H:H').setValues(RGB)
}

簡単なプログラムを作るとこのようになります。

A列のセルの色を取得して、H列に入力する感じになります。

しっかりとプログラムが動いています。

 

こちらを応用して、スプレッドシート名を指定する方法はこちらです。

【GASの基礎】アクティブなスプレッドシートとシートを指定してみた
最近、GASで仕事の効率化を考えているのですが、複数のスプレッドシートのデータを扱う場合、アクティブなスプレッドシートではなく、スプレッドシートを指定してデータを取得するケースがあります。
このブログを書いてる人
りゅーま

世界74ヵ国を夫婦で旅行した旅ブロガー。
その国で生活するような旅行をモットーにしている。

日本に帰ってきてからは、スタートアップに勤め、現在は新しいサービスを作ろうと頑張っています。
旅行だけでなく、日々の気になることもUPしていきたいと思っています。
Twitter/Youtube/Instagram

りゅーまをフォローする
仕事効率化
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました