任天堂switchは飛行機に持ち込める?機内で利用する時に注意するべきこと

飛行機に乗っている時間って意外と退屈ですよね。国際線なら映画などの娯楽も多少ありますが、全てが自分の好みの映画ではないときもありますし、スマホのゲームはネット通信がなければ動かないものもあります。

今回は飛行機の中で任天堂スイッチが使えるかどうか?飛行機の機内で使うときに注意しなければならないことをお教えします。

 

飛行機内では原則として通信を遮断することが前提

飛行機内で電子機器を使用する場合、原則としては通信を出来る状況下で使用することはできないのです。その為、ニンテンドースイッチの場合、通信手段としてはBluetoothやwifiなどがありこれらの通信を出来ない状況下であれば使用することは可能です。

つまり機内モードなら利用可能です。

 

スポンサーリンク

携帯モードなら利用可能

この場合、問題となるポイントとしてはコントローラーをスイッチから取り外してゲームをプレイするテーブルモードは残念ながらBluetooth通信になりますのでできないのです。では携帯モードであればできるかというとこちらについては可能です。

ですが、無線通信であるwifiを受信できないように設定していることが前提(つまり機内モード)となります。また航空会社によっては携帯ゲーム機自体の持ち込みについて許可が下りないこともあります。日本の航空会社の場合は許可が下りますが戒告の航空会社の場合禁止されていることも多いです。その場合、いかなる機器も使用はできないです。

 

スポンサーリンク

離陸時においては電気製品は基本使用できない

飛行機の離陸時においては原則としては、電気製品の利用は制限されます。その理由ですが、離陸時において機器にトラブルが生じる可能性が捨てきれないため、安全上、電気製品を利用してはいけないのです。

ですが、ペースメーカーなど命にかかわるものは使用を許可されており、その理由も、ペースメーカー自体が磁気を発しないようにしていたり、電磁波を阻害するシャツなどをペースメーカーを付けている方が着用しているということもあり、あまり問題視されないのです。

 

ゲーム機は電源をオフにしよう!!

ゲーム機の場合、電子機器の塊であり、多くの電波を使用していますので離陸時においては原則電源を切ることが重要です。任天堂switchの場合は、電源を切るほか、スリープモードがありますが安全を考慮する場合は、離陸時においては電源を切ることが望ましいです。

ちなみに、任天堂switchには通信を完全に遮断する機内モードがありますがこちらをオンにするとjoyコンを使用して操作をするコントロールも一切使用できなくなります。その為携帯モードで使用することはできますが、コントローラーを分離して遊ぶことはできないのです。

 

スポンサーリンク

任天堂switchliteはどうなるのか?

新しく登場した任天堂switchliteについては、こちらは携帯モードに特化しているスイッチになりますので、方式としてはWiFiの身に気を遣えばよいのでこちらも同様機内モードを使用することで問題なく飛行機内で使用できます。

ただし、こちらも同様に任天堂switchと同じポイントが注意点です。まず、wifiを受信できない環境下にすることと、離陸時や着陸時などアナウンスが流れた際には電源を切ることが望まれます。これも同様にワイヤレス機器の通信ができる状況下にある場合、離陸と着陸時において航空機の計器が異常を起こさない様にするためです。

その為、携帯性に特化していても電波を出すことには違いが無いので機内モードなどに変更をしたうえで離陸時や着陸時は使用しないことが前提での持ち込みが可能という扱いになりますが、航空会社によっては持ち込みは不可となることもあります。

 

何故?離陸時や着陸時に通信を遮断する必要が生まれるか?

何故、飛行機内で離陸時、着陸時において、電子機器の電源を完全に切る必要があるかですが、航空会社の回答としては、電子機器から発する電波で何が起こるかわからないからです。離陸時において動作がおかしくなった場合、飛行機は最悪事故を起こします。

着陸時においても同様です。ですが空を飛んでしまえば、問題が起きた場合でも対応できるため、ある程度高度が取れるようになるまでは、電子機器の使用を遠慮願っているというのが回答です。また、最近では航空機内に無料で使用できるwifiスポットがあるのですが、一度にアクセスが集中した場合、機器がパンクをしてトラブルを起こし、そのトラブルが原因で何か起きるかわからないという問題もあるため、飛行機が飛びあがるまでは控えてほしいという回答もあります。

いずれにしろ、電子機器から発せられる電波が飛行機内で混戦することで起きる機器の誤動作に対して飛行機が飛ぶ前では対処できないという点と、着陸する際に誤動作をしてしまっては着陸に対して対応できないということから通信を遮断する必要があるということになります。

 

スポンサーリンク

海外では電子機器の持ち込み自体が不可能になる可能性も高い

アメリカにおいては電子機器などはテロに使用することもできるため、飛行機内に持ち込んではいけないという風潮があります。これはトランプ政権下での取り決めですが、スマートフォンよりも大きな電子機器は大量に電波を発信することも可能になるため、飛行機を意図的に誤作動させることも可能となるためテロ目的でも使用が可能であるという結論に至り規制を使用という動きがあります。

任天堂switchの場合、wifiの他にもBluetoothという通信手段もあり、スマートフォンよりも大きいことから該当するため、近い将来規制を受けて使用できなくなる可能性も捨てきれないのです。その為、現状では使用できる飛行機が多く、飛行機内に持ち込めますが、将来的にはテロなどの要因となる可能性もありますので規制対象となり使用できなくなることも考えられます。

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

得する飛行機術
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました