飛行機にペットを乗せる前に見ておくべきポイント

ペットは貨物として預かられ、一時的に飼い主から離れる

飛行機に乗るときはペットを自分で持っている状態ではなく、基本は預けなければいけません。ペットによっては飼い主と一時的に離れるのが嫌だという性格を持っていたり、人見知りのペットもいます。

基本的に動物と考えずものとして扱い、貨物預かりになります。ペットの性格を考えた上で飛行機に持ち込むようにするのが大切です。それからペットと離れている時間、飼い主はペットの状態に気づくのが遅れてしまいます。

飛行機は上昇したり海外のあちこちに行くため、寒い場所も通ります。寒い思いや暑い思いをしているのは飼い主ばかりではなくペットも寒い思いや暑い思いをしています。途中でペットの様子を見に行くことは出来ないため、予め小さい毛布を一緒に入れて預けたりして工夫する必要があります。

 

スポンサーリンク

ペットを預けるときはペット料金がかかる

ペットは無料で預けることは出来ず、人間と同じようにお金を払わなければいけません。料金はどうなっているかというと、ペット料金と言われるものがあり、人間の料金とはかかる料金が別になっています。

1区間安ければ3000円高くて6000円しますが、飛行機を乗り継ぐ場合はまた次の飛行機で同じようにペット料金がかかります。ペットと一緒に旅行する場合は、ペットの予算を見ておく必要があります。

旅行に行ってもペットにあげるエサ料金もいりますが、飛行機でも預かり料金がかかります。一人で行くのもいいですが、ペットを自宅に何日も置いておくと、お腹を空かして元気がなくなってしまいます。お金を用意する場合は、ペットのことを考えてお金を用意しておく必要があります。

 

ペット預かりに関して予約不要でも空港に問い合わせた方がいい

ペット預かりをしている飛行機が多くありますが、わずかにペット預かりを行っていない飛行機もあります。お金も用意していて旅行の計画も立てて予約もいらないからと考えて電話も入れずに行くと、ペット預かりはしていませんと言われるケースもあります。

こうするとせっかくの旅行も行けなくなってしまいます。先ほども述べたように自宅にペットを置いておくことは出来ないし、ペットも人間と同じように生きているためお腹も空きます。ペット預かり出来ないと急に言われると誰もが困ると思います。

このようなケースにならないようにするには予め電話を入れたり、インターネットで調べるなど確認をしておく必要があります。確認を忘れないようにしましょう。

 

スポンサーリンク

乗車出来るペットと出来ないペットがいる

乗れるペットは基本的に金魚やカメ以外の本当の小動物は乗せることが出来ます。しかし小動物の条件を満たしていても乗せることが出来ないペットもいます。

例えばフレンチブルドッグ、ブルドッグなどは乗れないところもあります。犬ばかりではありませんが、国や気候にふさわしくない条件がつくと乗れないケースもあります。旅行先には文化があり、感染など被害に合っている国もあります。

感染している動物が、自分のペットと同じ種類の動物だった場合も持ち込み禁止の場合があります。また金魚はどうなっているかというと条件をクリアすれば乗せることが出来ます。金魚を移動することが出来る場合はレンタルクレートを使って乗せて移動するのが基本となっています。

 

通常のペットを預ける場合ゲージはどうする?

通常のペットを預ける場合、段ボールや簡単な仕切りではなく、頑丈な金属のゲージに入れて預けます。段ボールや簡単な仕切りやプラスチックのものだと、小動物が逃げる可能性があります。

飼い主がいれば戻って来る可能性は大きいですが、例えそうだとしても飛行機に乗っている人によっては動物アレルギーのある人もいるし、感染症を起こしている人もいます。動物自体にも感染したりされたりすることがないとは言えません。

基本的に荷物として預かるため、いなくならないようにしっかり入れておくことが基本になります。ペットには厳しい目線を向けているのではないかと読み手にとって感じている人もいると思いますが、飛行機に乗っている人の気持ちも考えましょう。

 

スポンサーリンク

どうしてもペットと自由な旅行をしたい場合どうする?

どうしてもペットと自由に旅行をしたい場合は車を利用する方法があります。車とはレンタカーなどではなく自宅にある車のことを言います。

自宅の車ならペットに関するルールはあまりないし、ペットも飼い主も安心して乗ることが出来ます。飛行機は海外だけではなく国内同士でも走っています。国内に行く場合は少し時間がかかるかもしれませんが、高速道路や一般道路を使えば簡単に移動出来ます。

時間に乗り遅れる心配もないし、ゲージに関しては自由です。ペットが寒い思いをすれば途中で毛布を購入したり、エサが欲しければ買いに行くことも出来ます。飛行機ははマナーやルールも多いため制限することが沢山ありますが、車はこれに比べて自由が多いです。車も嫌だという人は自転車や歩きでも問題はありません。自転車も人もあまりペット関する制限はありません。人が大勢いるとマナーが多くあり、人がいなければルールも少ないです。

飛行機のことで必ず頭に入れることがあります。飛行機だと人がパニックになったら気圧が高いため、酸欠にもなりやすくなります。お互い気持ちよく過ごすためにも、ルールやマナーを意識してペットを乗せるようにしましょう。

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

トリップアドバイザー

【c】【公式】トリップアドバイザー

TripAdvisorは海外の情報を集めるのに使っています。日本のWebサイトに載っていない情報も出ていますので、重宝しています。

LINEモバイル

旅行サイトではないですが、日々の携帯代を安くしています。海外に長くいても携帯代が安いLINEモバイルはコストをかけないためにも重宝しているので、海外生活が長くても使えます。

得する飛行機術
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました