妊娠4か月目の飛行機!注意するポイントと気を付けるべきこと

妊娠4か月目だと安定期の少し前で、この時期って飛行機に乗れるのでしょうか?乗れたとしても危険はないのでしょうか?

初めての妊娠なら不安がいっぱいだと思いますので、少し解説しようと思います。

 

予約時、搭乗時に妊婦であることを報告し、優先搭乗を利用する!

妊娠4か月ですとまだまだ安定ではありません。つわりがまだ続いている可能性もあります。飛行機の中のにおい、飲食物のにおい、密室の空間による風通しの悪さなどで、吐き気を感じたり実際に吐いてしまうこともあります。

妊娠初期はなにが起こるか分かりません。飛行機に耐えられる人もいれば、先ほど述べたような症状を起こしてしまう方もいます。

安全に搭乗するためにもチケットを予約する際、航空会社に妊娠中であることを伝えましょう。もし、伝え忘れた場合は搭乗手続きの際に妊娠中であると伝えると、「名前・出産予定日・体調」を聞かれますので、そこで答えれば問題ありません。つまり妊娠4か月目でも特段問題はありません

その際、マタニティマークをつけて置くとスタッフの方から声がけされるのでスムーズに手続きができますよ。また、妊娠中の方は搭乗時に優先搭乗ができます。

多くのお客様がいるなかで搭乗するのはストレスを招くこともあります。落ち着いて搭乗するためにも優先搭乗を活用していきましょう。

 

スポンサーリンク

問題はないが、注意するに越したことはない

飛行機は臨月まで問題なく乗ることはできますが、注意するに越したことはありません。

 

必ずマスクを着用する!

妊娠初期の身体は様々な変化をきたします。風邪やインフルエンザなどウイルスにかかると重症になりかねないですし、身体への負担が大きいため通常よりも症状が長引くこともあります。

また、飛行機の中は密室となっているため、乾燥しやすく風通しがよくありません。そのため、乾燥によってウイルスに感染しやすい環境となっています。

搭乗する際はマスクを必ず着用しましょう。乾燥が気になる場合は、「のどぬーるマスク」などで対応すると良いですよ。マスクをつけておくことで、風邪予防だけでなく、飲食物のにおいや飛行機のにおいを軽減することができます。

マスクが苦手という方もいらっしゃるかと思いますが、赤ちゃんだけでなくお母さん自身のためにも必ず着用しましょう。

 

座席選びと服装選びは重要!

妊娠初期はつわりだけでなく、頻尿になりやすい傾向があります。また、長時間同じ姿勢で座っていると血流が悪くなり、エコノミークラス症候群を引き起こしてしまうこともあるため、気軽に席が立てる座席を選ぶ必要があります。

その際オススメなのが、お手洗いの近く、機体前方、機体後方の通路側です。通路側ですと気軽に立てますし、お手洗いにも行きやすいです。機体前方、後方には必ず客室乗務員の方がいらっしゃるので何かあったときに安心です。

また、服装選びも重要です。4か月だとまだお腹は出ていないかと思いますが、長時間同じ態勢のため締め付ける服装ですと血流が悪くなり、エコノミークラス症候群や体調不良になりかねないため、できるだけ締め付けのないワンピースやマタニティウェアなどゆったりとした服装にしましょう。

 

水分をよく摂り、リラックスした環境を作る!

飛行機の中は乾燥しているため、水分不足になりやすい環境です。水分不足になると血液のめぐりが悪くなり、吐き気だけでなくめまいなども引き起こしやすくなるため、ノンカフェインのお茶やお水をこまめに摂るようにしましょう。

スポーツ飲料や果汁入りジュースもよいかと思いますが、糖分が多く含まれているため、飲みすぎてしまうと体重増加を招く恐れがあるため飲みすぎに注意する必要があります。また、機内でなるべく快適に過ごすためにリラックスできる環境を作りましょう。

好きな食べ物や飲み物、書物を持って行くのもありですし、好きな音楽を聴いたり、仮眠をとるのも良いかもしれません。

妊娠初期からむくみやすくなるため、スリッパを持参し機内で履き替えるのもオススメです。周りのお客様にも配慮しつつ、少しでもストレスフリーになるような環境を作ることが大切です。

 

担当医に報告をし、一人で搭乗しない!

妊娠初期にかかわらず、ほとんどのお医者さんが妊娠中の飛行機への搭乗はおススメしません。
しかしやむを得ない場合もありますし、多くが主治医の許可のもと自己責任で搭乗することができます。

そのため、旅行や帰省などで飛行機に乗ることが決まった場合は、搭乗前に必ず受診し担当医の方に報告をしておきましょう。事前に報告しておくことで何かあったときに相談がしやすくなります。また、妊娠初期は切迫流産や切迫早産に注意することも必要です。

お腹がまだ目立たないとはいえ、妊娠4か月はれっきとした妊婦さんです。フライト中何が起こるか分からないため、搭乗する際はなるべく一人を避け、必ず家族や友人、同伴者を連れて搭乗するようにしましょう。

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

トリップアドバイザー

【c】【公式】トリップアドバイザー

TripAdvisorは海外の情報を集めるのに使っています。日本のWebサイトに載っていない情報も出ていますので、重宝しています。

LINEモバイル

旅行サイトではないですが、日々の携帯代を安くしています。海外に長くいても携帯代が安いLINEモバイルはコストをかけないためにも重宝しているので、海外生活が長くても使えます。

得する飛行機術
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました