飛行機は往復で予約するべき!?最も安い予約方法とは?

飛行機は往復で予約をしたほうが安い

飛行機は往復で予約をした方が安いということを覚えておきましょう。電車などの場合、往復で切符を購入すると片道× 2という金額になりますが、飛行機の航空券はそのような設定になっていません。

片道の方が航空券は値段が高くなりますので、飛行機の航空券を購入する場合は往復で購入したほうが安く済みます。また、仮に片道の航空券が往復の航空券よりも安かったとしても、半額以下になる事は滅多にありません。

そのため、現地で改めて片道の航空券を購入して日本に帰国するということを考えると、往復の航空券よりも割高になってしまうことがあります。海外旅行に行くならば、航空券は往復で購入しておいたほうが安く済むということを覚えておきたいものです。

 

スポンサーリンク

入国時に帰国する際の航空券の提示を求められることもある

仮に片道の航空券を安く入手したとしても、行く先の国によっては帰りの航空券の提示を求められることがあります。というのは、例えば日本人はパスポートだけで世界最大数の国に入れると言われていますが、その際には日本に帰る航空券があるかどうかチェックされることがあります。

最近はEチケット等という形で購入する人が増えており、帰りの航空券を提示する事は少なくなりました。しかし、入国審査では係員が航空券などをチェックし、帰りの航空券があるかどうか審査されることもあります。

帰りの航空券を入手していない場合、入国審査で引っかかることがあります。そのため、無事に入国するためにも帰りの航空券があったほうが安全だと言えるのです。

 

いつ日本に戻るのかはっきりさせる

同様に、仮に航空券についてチェックされなかったとしても、入国審査ではどれくらいの間その国に滞在するのか質問されることがあります。その場合、いつその国を離れるのか、いつ日本に戻るのか、ということが明らかになっていなければ、不法滞在をするのではないかなどと怪しまれて入国を許可されないケースがあります。

国によってはその国を出る日にちではなく、日本に戻る日にちを聞くこともありますので、帰りの航空券がなければまず怪しまれてしまうでしょう。入国審査で怪しまれないように対応するためにも、いつ日本に戻るのかはっきりさせ、帰りの航空券を持っておいた方が安全です。入国させてもらえなければそのまま日本に強制送還されてしまう可能性もありますので気をつけましょう。

 

スポンサーリンク

ツアーの航空券を探す

安く航空券を入手したいと思うのであれば、ツアーの航空券を入手すると良いでしょう。というのは、海外に行った場合は飛行機代だけではなく、ホテルなどの宿泊費用も出さなければいけませんし、当然ながら食費もかかります。

しかしツアーであればその金額にホテルの金額も含まれることが多く、食事も付いている可能性があります。そしてツアーならば値段も安く設定されていることが多いため、観光旅行に行くならばツアーの航空券を購入した方がお得です。行きたい場所が決まったら、その地域の航空券がツアーに含まれていないか、ぜひ旅行会社をチェックしてみましょう。

宿泊費や食費も含めた金額だけを出せば、現地では最低限の食費だけで済むかもしれません。

 

スポンサーリンク

インターネットで検索する

航空券を購入する場合はインターネットで検索しても良いでしょう。例えば楽天やYahoo!でも航空券が安く購入できます。わざわざ旅行会社等に赴かなくても、最近はオンラインで安く航空券が購入できるようになりました。

むしろ、航空券だけを購入したいと思うならばオンラインで購入したほうがお得です。オンラインはお互いに競争しており、安く航空券を提供しようとしていますので、様々なウェブサイトを比較し、安く航空券を入手しましょう。

旅行会社に頼んでも良いですが、旅行会社の航空券はオンラインで購入するよりも高くなる傾向があります。ただし旅行会社でお願いした方が、その国の税関や入国審査に必要な書類等についても教えてもらえる可能性がありますので、慣れていないならば旅行会社に頼んだ方が良いかもしれません。

 

スポンサーリンク

3ヶ月以上前から予約する

安く航空券を入手したいと思うなら、3ヶ月以上前に予約するということもポイントです。直前に予約をすると、航空券は高くなってしまう可能性があるからです。

その一方で、直前になるとその航空券を得るため、値段を安くする航空会社も存在します。また、1日違うだけでも航空券の値段が異なることもありますから、もしもオンラインで検索し、航空券の値段が高いと感じたら数日待ってみても良いかもしれません。ただし、待っているうちに航空券が売り切れてしまうなどということもありますので、余裕を持って検索するようにしましょう。

直前に旅行を計画するのではなく、余裕を持って計画することで出費を抑えることが可能になります。3ヶ月前かどうかで値段が異なると思言われますので、できるだけ3ヶ月前に航空券を検索してみましょう。

 

個人情報の入力を間違えない

当たり前の事ですが、航空券をオンラインで購入する時、名前やパスポートの番号を入力するときには間違えないように入力しましょう。特に名前の入力は修正が効ません。

例えば、結婚する予定の人が航空券を旧姓で購入し、旅行に行く前に結婚して名前が変わってパスポートを更新した場合、そのパスポートでは海外旅行に行けません。パスポートと航空券の名前が異なるためです。

また、航空会社によっては修正させてくれないため、このような状態になってしまったら航空券をキャンセルし、新たに航空券を購入しなければならなくなります。そうなるとキャンセル料金がかかりますので、そのキャンセル料金が無駄になってしまいます。安く航空券を入手したいと思うのであれば、余計な出費を抑えることも大切です。

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

トリップアドバイザー

【c】【公式】トリップアドバイザー

TripAdvisorは海外の情報を集めるのに使っています。日本のWebサイトに載っていない情報も出ていますので、重宝しています。

LINEモバイル

旅行サイトではないですが、日々の携帯代を安くしています。海外に長くいても携帯代が安いLINEモバイルはコストをかけないためにも重宝しているので、海外生活が長くても使えます。

航空券の予約
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました