レンタルWi-Fiって借りるべき?初めて借りるときの注意点は?

海外へ行く時にレンタルWi-Fiを借りようと思う人もいるかと思いますが、最初に借りるときってどのような注意点があるのでしょうか?

今回はレンタルWi-Fiを借りるときに気を付けるべきことって何?という疑問にこたえたいと思います。

 

レンタルWi-Fiの注意点!基本的に飛行機内では使用できない

レンタルwifiですが、飛行機内では、現在使用することはできない便が多いです。

その理由ですが、飛行機は電子機器から発生する電波による障害を起こす可能性が高いため、レンタルwifiルーターの様に電波を受信してかつ送信することができる機器については飛行機内では使用できないのです。ですが、飛行機を降りれば現地にてレンタルwifiの電波を使用して各通信機器を使用することができますので持って行くことは可能で、その際、飛行機内では電源を切ることが条件になります。

また、最近では日本国内の飛行機自体にwifの通信設備が搭載されていて、そちらを利用することでネット通信を可能にするなどがありますので必ずしも飛行機内でwifiを利用することができないということは無いのです。

 

スポンサーリンク

レンタルwifiは消耗品である

これは、レンタルwifiのルーターに関するお話になります。基本、レンタルwifiは利用者が借りて又次の利用者へと次々に貸し出すことで利益を得てサービスを提供しています。その為、レンタルwifiは消耗品であることがポイントになります。

最初にチェックするべきポイントはきちんと機器が通信できるかどうかです。これについては、各レンタル会社がレンタルwifiルーターを郵送したりする際に一応チェックはしますが、自宅に届いた際に動作確認をすることが重要です。

中でも多いのが通信エラーで、理由としては無線通信アンテナに損傷があったりと内部で断線している箇所があったりした場合、外見はきれいでも損傷していて通信できないということも考えられます。つまり、きちんと動作チェックをしていないといざという時、電源ランプこそ転倒するが通信はされていないということも起こりえます。

そうなると音声翻訳アプリなどオンラインで使用するアプリなどは高額なパケットを支払わないと使用できなくなります。

 

一度にルーターが処理できる通信機器を知る

最近ではレンタルに使用されているwifiを選ぶことができる会社もあり、レンタルwifiを自由に選ぶことができるものが増えています。そうした会社でwifiを借りる場合、重要なポイントとしては、一度に通信機器をつなげた際の処理できる速度です。

この速度については、公式サイトに記載がある場合もあれば、第3者が実際に利用してみておおよそのスペックを見積もっている物や、無線wifiに使用されているルーターの販売元がスペックを詳しく記載していることもあり、レンタルwifiの通信機器でインターネット上で検索することですぐにおおよそのスペックが分かります。ただ、高性能な無線通信ルーターは人気がありますのでレンタルにて自由にレンタルwifiルーターを選ぶことができる会社の場合、すでに貸し出されていることもありますので注意が必要です。

 

返却法が多い方が利点がある

レンタルwifiの返却法には様々な返却法があります。例えば空港のロビーに手返却する物や郵送での返却などです。この返却すべき方法が多ければ多いほど利点があります。何故ならば、空港で返し忘れた場合、再度空港に行き返却しなければならないレンタルwifi会社と郵送でもよい会社または他の宿泊施設などでも返却することができる等返却システムが多様化している会社であればあるほど、うっかりレンタルwifiを返却し忘れても他の返却手段で対応することができるというお話です。

この場合、複数ある返却手段の中から他の空港でも返却を可能としている会社などもありますので、会社によっては指定している空港以外で返却しても対応してくれるレンタルwifiサービスを提供している会社もあるのです。

 

バッテリー容量が多い、もしくはバッテリーを追加できる

レンタルwifiサービスを行う会社のwifiルーターはバッテリーで稼働するタイプですのでバッテリーの容量が多ければ多いほど通信が可能になる時間が増えます。

これらバッテリーの容量については、レンタルサービスを提供している会社によっては、おおよその稼働時間を明記しており、バッテリーを充電するためのケーブルや補助バッテリーをサービスとして付属させたり、オプションとして補助バッテリーを追加したりできる会社もあります。

このバッテリー可能時間が長い方が良い利点ですが、行く旅行先によっては機器をwifi機器を充電できない可能性も高く、国によっては電気の確保すら難しいエリアもあります。そうした場合、通信手段を確保する上でバッテリーの容量が重大なポイントとなるのです。

 

通信制限があるのかないのか

レンタルwifiには、通信制限をかしているルーターレンタル会社もあり、通信制限を超えた場合、料金がプラスされてしまうシステムと、通信速度が大幅に減少するものがあります。

この仕組みを理解していないと、1日当たりの通信量を超えてしまい、料金プランが変更され使用量が上がったり、通信速度に制限を掛けられ満足にメールすら送れなくなる可能性もあります。これらプランについては、通信ルーターを貸し出す会社のホームページや事前の貸し出し時において説明を受けますので、レンタルwifiを利用する前にどのような制限があるかを確認することが重要になります。そうしないと、後から高額な料金の支払いを命じられることにも繋がりかねないのです。

 

スポンサーリンク

コストで選ぶか安全性で選ぶか

レンタルwifiですが、選ぶ手法としては使用時における運用コストで選ぶか安全性で選ぶということになります。

まず、コストで選ぶ場合の利点としては、レンタルwifiを利用するに関して最安値で使用することができる利点がありますが、通信機器の故障や盗難が起きた場合、それに対応するべき保険の適応という問題が起こる可能性も高いです。

これは、海外のレンタルwifi会社の場合ですと盗難や故障については使用者に責任があるとされ機器の代金を支払わされる可能性もあるというお話で、安全性が高いものであればこのような問題は無く、レンタルwifi機器の故障や盗難にあった場合でも、レンタルwifiを貸し付けている会社が対応に当たり、問題解決のために動いてもらえ、その間のレンタルwifiについては現地まで代わりの通信機器を送ってもらうことができるなど、トラブルが起きた際に対応してもらえるかどうかにも関わってきます。どうしてもコストが安い場合ですと、対応に当たってもらえなかったり、対応まで時間が掛かり、通信機器を使用できないこともあるのでコストで選ぶか安全性で選ぶかは重視される問題です。

 

お勧めのレンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。返却方法も主要の空港ならそのまま返却できますし、サービスも悪くないです。

またイモトのWi-Fiは少し値段はしますが、大手だけあってサービス内容はレンタルWi-Fiの業者の中でトップです。借りるならこの2つのどちらかにした方がよいでしょう。

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

トリップアドバイザー

【c】【公式】トリップアドバイザー

TripAdvisorは海外の情報を集めるのに使っています。日本のWebサイトに載っていない情報も出ていますので、重宝しています。

LINEモバイル

旅行サイトではないですが、日々の携帯代を安くしています。海外に長くいても携帯代が安いLINEモバイルはコストをかけないためにも重宝しているので、海外生活が長くても使えます。

レンタルWi-Fi
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました