海外でスマホを紛失!保険に入っていれば、補償される!!入っていない人は行く前に入るべき!!

スマホを海外で無くすと保険に入っていなければ、全て実費となります。最新機種であれば10万円を超える機種も多数あるので、海外へ行く前には保険に入っていた方が良いです。

今回はそんな保険についてご説明します。

重要なのは保険に入ること!

スマホをなくしたら海外で悪用されたり日本人の他の観光客に悪用される場合もあります。紛失して困った、とならないようにするためには海外旅行保険に入るのをおすすめします。

海外では景気のいいところではなく今でも貧しいところがあり、スマホなどの値打ちのものを簡単に持っていく大人も子供もいます。スマホをなくした場合保証代や保険料が入り、新しいスマホを購入したりする料金にあてることが出来ます。

保険に入っていれば全て安心ということはありませんが、何も保証がないのと比べると入った方がいいです。ここで注意するべきことがありますが、海外旅行保険の全てがスマホを取り扱っているわけではなく、一部の海外旅行保険会社はスマホを取り扱っていないところもあります。保険に入る場合はスマホを取り扱っている会社を比較しながら入るようにしましょう。

 

スポンサーリンク

スマホはズボンのポケットには入れておかない

海外旅行保険があるからといっても安心してはいけません。ズボンのポケットにスマホがあると日本人は盗んだりするのを躊躇する人も多いです。

盗んだところで警察にすぐ捕まるし、悪いことだという意識があるからです。しかし海外の人は日本人と同じ気持ちの人ばかりではなく悪いことだと思わずに盗む人もいます。いつもお金が欲しくて街を歩いていると日本人がスマホをポケットに入れてあるのを見ると、スリをします。

人によっては顔を見られるという意識も持たずに盗む人もいます。そのため簡単にズボンに入れておくと、すぐ被害に遭います。スマホはなるべくバッグに入れておくか、バッグの中でも奥の方に入れておくことを意識しながら持ち歩くようにしましょう。

 

スポンサーリンク

保証代金を貰うまでするべきこと

保証代金を貰うまでにするべきことがあります。まず最初は警察に届ける前に探してみるのがいいです。もしかしたら誰にも拾われないで警察に届いている可能性があります。

ここで説明する警察とは海外の警察のことを言います。もし探しても見つからない場合は、スマホを停止するのをおすすめします。停止する方法は海外の公衆電話から日本の携帯電話に電話してスマホを停止してもらうようにいうか、スマホを触らせないように指紋ロックをする、あるいは遠隔操作でスマホの設定をするのがいいです。

警察は操作を行ってから行くようにし、警察に行ってからは保証のことやスマホをなくしたことを伝えます。盗難届けをしても見つからない場合は保証代が入り、新しいスマホを購入することが出来ます。

 

保険代を貰うには書類が色々いる

保険代を貰うには書類を色々用意しておく必要があるため、注意しましょう。上記で説明した盗難届けは必ず必要で、さらにスマホを購入したときの領収書と取扱説明書、保証書が必要になります。

これは保証を貰う人が本人だと確認するために必要な書類です。盗まれた場合は書類はこれだけですが、スマホが壊れていると分かった場合は修理の見積書と領収書、壊れたところの写真が必要になります。海外旅行保険を取り扱っている会社ではパスポートやパスポートのコピーもいるところがあります。

すぐ保険代は入らず、警察に届けて書類を書いたり書類を揃えるのに時間がいります。本人なのか曖昧な時点では保険に入っていても保険代を貰えないため、注意しましょう。

 

海外旅行保険に入らないとどうなる?

海外旅行保険に入らないとどうなるかというと、修理費用と新しいスマホを購入するときの料金、頭金も手数料も全て実費になります。

保険に入っていればこれらを保証してくれるため、実費になるものは少なくなります。修理をするのは1000円や2000円ではなく10000円かかるものもあります。修理の上限額が心配な場合は海外旅行とは別にドコモなどで修理の上限金額設定のある保険に入るのも便利です。

今は解約金というものは少なくなりましたが、絶対解約金がかからないわけでもありません。総合すると負担も大きくなるため海外旅行によく行く人は海外旅行保険に入った方が便利です。問題が起こらないようにするためにも、海外に行く前から準備がいります。

 

スポンサーリンク

スマホの紛失と盗難と保険のまとめ

スマホはなるべくなくさないように旅行に行く前から考えておくのが肝心です。国内旅行ならこうした心配は少ないですが、海外旅行に行くと海外に住むわけではないためすぐ帰らなければいけません。せっかくの海外旅行も辛い気分になるし、帰る時間のことを考えるといつまでも探すことは出来ません。海外旅行には心配するリスクが大きいため注意しましょう。

スマホは全て盗難とは限らず、盗難される前に足や車にひかれて壊れる場合もあります。事件ではなく事故として考えた場合のことを今回は言います。事故が起きたときでも保証はついてきますが、海外旅行保険がある保険会社によっても保証内容が若干違うため、保険に入るときは説明をよく聞いて入るようにしましょう。

スマホの領収書やパスポートなどはなくさないように予め全てコピーするのもいいです。旅行に行く前に色々と事前に準備しておきましょう。海外ではスマホを悪用されるところもありますが、お金がないためにスマホを悪用せずそのまま売ってしまう大人も子供もいます。

売ってしまうと自分のところに戻るためには売られたお店で購入するか前のスマホを辞めるかどちらかにしなければいけません。もし見つかったとしても通販で物を勝手に購入されていることもないとは限りません。

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

トリップアドバイザー

トリップアドバイザーは海外の情報を集めるのに使っています。日本のWebサイトに載っていない情報も出ていますので、重宝しています。

LINEモバイル

旅行サイトではないですが、日々の携帯代を安くしています。海外に長くいても携帯代が安いLINEモバイルはコストをかけないためにも重宝しているので、海外生活が長くても使えます。

海外旅行保険
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました