海外旅行中にスマホを無くしてしまったら?その時にやるべきこと

海外でスマホを無くしてしまったら、何をすれば良いのでしょうか?

不正利用をされないようにできることは何か?どうすれば被害を最小限に抑えることができるのでしょうか?

スマホを無くした際の基本的な対処法

海外に行くと、落としてしまうだけでなく盗まれてしまう事でスマホを無くしてしまうケースが多くなります。ただしスマホを無くしてしまった時の対処法は基本的には、国内にいる時とそう変わりはありません。

無くした端末を遠隔ロックするか、契約しているキャリアに連絡して回線を停止して貰う事です。この様に対処する事により、無くしてしまったスマホを悪用されてしまうのを防ぐ事が出来ます。

ただし問題となるのは、海外旅行に出掛けている間はスマホだけが唯一の通信手段という人も少なくない事です。そのためいざスマホを紛失してしまうと、スマホをロックするための通信手段がないケースも少なくありません。しかも見知らぬ海外の街で、ネットカフェを探すというのも難しいです。

 

スポンサーリンク

海外旅行に出掛ける前の準備が重要

通信手段をスマホだけに頼りつつ、海外旅行に出掛ける場合には万が一に備えて事前の準備をしておく事をおすすめします。実際に海外では国内以上にスマホを紛失する機会が多いので、甘く見ない事が大事です。

そして盗まれる等してスマホをなくした場合に備えて、自分が契約しているキャリアの国際電話対応窓口の番号を控えておく事が大事だったりします。ただし何時もの習慣でスマホのメモ帳に残すのでは意味はないので、当然ですがスマホとは別の手書きのメモ帳に書いておく事です。

更にノートパソコンやタブレットといった他の通信機器を持ち込んだ人でも、スマホの位置確認が行えないケースがあります。というのも海外ではスマホは機内モードにした上で、通信には別のWi-Fiルーター等を利用する事も少なくないです。

この様なケースだとスマホだけを紛失した場合には、スマホが通信を行わないため位置情報から場所を特定する事は出来ません。だからこそ機内モードにする場合には、公共Wi-Fiへの自動接続は事前に設定しておくべきです。

他にもSIMカード番号も事前に手書きメモ帳に残しておく事が、大事だったりします。というのも国によっては、スマホの持ち主をSIMカードの番号で特定したりするのです。お陰でSIMカードの番号が分からないと、運良くスマホが見付かっても本人確認が出来ないため返却して貰えないケースも生まれてしまいます。

 

スポンサーリンク

位置情報の使い方とは

スマホを無くした際に、ノートパソコンやタブレットといった別の端末で通信可能な場合にはまずはスマホの位置情報を確認する事です。もっとも使用しているスマホがiPhoneであるか、Androidであるかにより使用すべきサービスも違って来ます。

まず無くしたスマホがiPhoneである場合には、iCloudにログインする事により現在の位置情報を入手する事が可能です。Androidのスマホを無くした場合には、その端末にGoogleアカウントを設定している場合がほとんどだったりします。

なのでFind my Deviceにアクセスし、携帯端末に設定したGoogleアカウントにログインすれば、スマホが現在ある場所を特定する事が可能です。

 

位置情報でスマホの居場所が分かったら

運良く海外でも位置情報により、スマホがある場所が特定出来た場合には次に実行すべ事は端末のロックです。パスワードを設定して端末にロックを掛ける事で、スマホの不正利用を防ぐ事が出来ます。気になる端末ロックの方法ですが、こちらも位置情報を利用する際と同様にiPhoneの場合はiCloudを、Androidスマホの場合はFind my Deviceを利用して行うのです。

iCloudは紛失モードを有効にする事で、端末をロックする事が出来ます。Find my Deviceでは、ロックとデータ消去を有効にするという項目からロックするを選択する事でロックを完了させる事が可能です。ただし位置情報で、明らかに自分が行ってない場所を移動している事が分かる時があります。

その様な場合にはスマホを盗まれた可能性が高くなるので、スマホ内のデータの悪用を防ぐ手立てを実行すべきです。データ消去の方法ですがこちらもiPhoneならばiCloudで、AndroidスマホでればFind my Deviceを用いて、遠隔操作で行う事が出来ます。ただしスマホが初期化されてしまうので、最終手段として実行する事がおすすめです。

 

警察への届け出る事が大事

位置情報で明らかに自分が訪れた場所にスマホがあり、落とした事が判明した場合には直ぐにその場所に探しに行く事になります。所が位置情報でも場所が判明しなかったり、スマホがあちこち移動する等の盗難の可能性が高い場合には、警察に届け出を行うべきです。

もっとも海外でスマホ等が紛失した場合には、もう戻って来ないだろうと最初から諦めてしまう人が多かったりします。そうなると警察にわざわざ届け出するのも億劫だし、意味がないのではと思いがちです。ですがスマホを紛失した場合には、必ず警察に届け出を行い盗難証明書を発行して貰う必要があります。というのも最近ではクレジットカードの多くに、海外旅行保険が付帯されていたりするのです。

この保険はスマホ等でも適用される事が多いものの、盗難証明書がないと帰国後に補償を受ける事が出来ません。だからこそスマホ自体はもう見付からないと諦めていても、盗難証明書を得るために現地警察に届け出を行うべきです。ただし警察への届け出を行う際には、パスポートが必要になるので忘れずに持って行く必要があります。

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

海外旅行ハック
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました