航空券を予約する時の注意点!日本と海外の航空会社はサポート体制が断然違うので注意せよ!!

日本はめちゃくちゃ丁寧なサービスでした

海外に一年半いて思った事は日本はサービスがめちゃくちゃ丁寧で、顧客目線なんだなと思いました。

日本では当たり前が海外では追加サービスだったという事もあるので、僕が驚いた事も含め航空券を予約する時の注意点をシェアしたいと思います。

スポンサーリンク

子供の航空券の予約!一人旅は要注意

快適な一人旅を初めてするのは良いのですが、実は年齢によっては航空機などにおいては一人で乗車できない年齢というものが存在します。

このことは旅先で出会った親子のお話から気になって調べました。

 

日本の場合、航空券の予約においては、年齢は満6歳を超えていないと航空券を所持していても乗車できない決まりがあり、予約した航空券は無駄になります。(もちろん同伴者がいればOKです)

また、海外の航空会社によっては子供の一人旅は満12歳を超えていないと乗車できない航空会社もありますので予約を入れて航空券を購入するに際しては注意が必要になります。

その為、年齢がきちんと航空会社の規定の1人で乗車できる年齢に達していないとどの航空会社であっても乗車できず、年齢などに関してはパスポートでわかりますので年齢を偽造することも不可能ということです。

 

スポンサーリンク

予約には出発日と帰国日を予約する際、希望通りにならない可能性がある

航空券を予約する場合、出発日と帰国日について、希望通りの日程にならないことがあります。(当たり前ですが。)

これは、航空機の利用者が多い時期の他、利用者が多い航空機を指定することで生まれる問題です。

その為、予約に関しては、第1予約日、第2予約などの他第3など複数の曜日を聞かれることがあります。

これは端末などで予約をする際にも聞かれる可能性があり、希望通りの日時を指定しても航空機の会社によって希望通りにならないということです。

その理由ですが、格安航空などは予約を入れた際の優先順位をあまり厳密にしておらず、利用者がどのくらい多いかどうかで、突如予約をキャンセルされることもあり、そのための保険として複数の曜日を指定してほしいという航空会社もあるということです。

 

海外でよく聞くのがダブルブッキングです。キャンセルがあると思って想定より多く予約を取ってしまい、誰もキャンセルすることがなく、定員オーバーになるケースです。

レアケースですが、たまにあります。

 

スポンサーリンク

乗るべき航空会社を決める際の注意点

これは航空機を予約する際、乗るべき航空会社の旅客機を選ぶ際の注意点です。

予約時において料金を抑えるのであれば格安の航空会社を利用する利点は、格安で現地まで移動することができるのが利点です。

その為予約を入れて希望日がたとえずれてしまっても格安で移動することができるのです。

ですが、ビジネスなどで相手先の企業の国などに移動する場合、出発日がずれ込むなどはあってはならず、ましてや、格安航空会社側の都合で一方的に予約を解除されるというのはあってはならないことです。

その為、確実性を取るのであれば格安航空会社で旅客券を予約するのではなく、ブランドの名が知れている航空会社を選ぶのが無難です。

 

航空券の予約は日本語でサポートしているか

これは、旅客機の予約を行うことができるサイトがきちんとした日本語で対応しているかどうかです。

これについては、海外の航空会社を利用して料金を抑えるなどをした場合において日本語に対応していないサイトで予約をすることもあります。

日本語に対応していない旅客機の航空券を予約することができるサイトの場合、料金を低額にしてお客を呼び込みます。

その為、予約を終えてから変更したい場合、サポートに申し出る必要があり、その時の言語が日本語ではない言語であるということです。

つまり、サイトを運営している国の言葉で話す必要性があり、日本語ができるスタッフがいない予約サイトもあるということです。これは旅客機の予約をするサイト自体が日本語でもいざ、サポートに予約の変更を申し出ると英語だったりするということもあります。

英語ができれば問題ないですし、言葉がわからなくてもサポートはしてくれますので、そこまで問題ないですが、手厚いサポートは期待できません。

 

航空会社によっては荷物の預け入れは有料である

エアアジアなどの航空会社でチケットを予約した場合、手荷物を預け入れるサービスを利用した際、有料ですので料金を支払う必要があります。

これは日本の航空会社と異なる点が海外の航空会社によってはあり、サービスの内容によっては料金を支払う必要が生まれるという意味です。

エアアジアの場合、事前に予約をすることで20キロまでの荷物を4,600円で預け入れることができますが、予約をしなかった場合、カウンターでの預け入れという形になり1万円を支払い手荷物を預け入れなければならないためかなり高額な料金を支払うことになります。

一人旅であってもある程度荷物を減らしたいなと考える場合、預入を考えますが料金がかなりかかる可能性もあるので航空会社の決まりをよく理解したうえで予約を入れることが重要です。

 

荷物も持ち込みにも制限があり

では機内に荷物を持ち込めば預け入れ料金を取られないと考えた場合も同様に問題があります。

海外の航空会社では、飛行機内に持ち込める荷物の重さと大きさを規定していて日本国内の飛行機よりも少なく設定している会社が多いのです。

その為、初めて海外の航空会社を利用した際に陥りやすいポイントとしては、荷物の重さやキャリーバックの大きさで引っかかり、航空機内に持ち込めない大きさであったということにもなりかねます。

こうしたことについては、旅客機の予約サイトでは解説していないことがあり、使用する航空会社の説明覧にて確認していなければわからないことも多いのです。

その為、飛行機の予約を入れる前にあらかじめ、どういった航空会社であるかどうかを確認することが重要です。

 

当たり前のサービスは無い可能性が高い

日本の航空会社のサービスを基準値して航空会社を考えた場合、予約サイトなどで陥りやすい問題としては当たり前のサービスは無い可能性が高いことです。

例えば、機内食などは有料のオプションであることも多く、座席の指定などもできないということです。

ただし、別途有料のオプションを組み込んだプランで予約を入れるとオプションの料金が下がるということはありますので、有料であるが必ずしも、それが悪いということにはならないのです。

こうした当たり前であると感じているサービスが有料であることについては格安航空などがオプションとしてのサービスとしていることが多、旅行費用を格安航空などで抑えた場合、ある程度我慢を強いられることがあるということになります。

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

トリップアドバイザー

【c】【公式】トリップアドバイザー

TripAdvisorは海外の情報を集めるのに使っています。日本のWebサイトに載っていない情報も出ていますので、重宝しています。

LINEモバイル

旅行サイトではないですが、日々の携帯代を安くしています。海外に長くいても携帯代が安いLINEモバイルはコストをかけないためにも重宝しているので、海外生活が長くても使えます。

航空券の予約
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました