airpodsは飛行機内でも聞けるのか?徹底検証してみた!

アップルのBluetoothであるairpodsですが、飛行機の中では聞くことができるのでしょうか?

使えるか徹底的に調べてみましたので、シェアしたいと思います。

離陸時と着陸時以外は十分に使用が可能で聞くことはできる

結果ですが、airpodsなどのワイヤレスイヤホンを使用して音楽や動画の音声などを飛行機で聞くことができるかどうかですが、離陸時と着陸時以外では2014年9月の航空法改正により、ワイヤレス通信を機内モードにすることで使用することができるワイヤレス機能で使用することが可能ですが、問題は飛行機によっては使用できない環境下の飛行機もあります。

そうした場合、airpod自体が使用できないこともありますので、どのような製品であっても使用は不可能です。

その為、使用できる環境下とそうではない環境下があるということをまず理解しましょう。

現状においては国内線の飛行機については機内モードにての仕様が可能ですが海外の航空機においては使用を禁止しているものもあり、聞くことができないということもあります。

 

スポンサーリンク

AirPodsは通信状況が大事

AirPodsは通信状況により音ズレの他ノイズが入ります。

そのことを考慮したうえでAirPodsが使えるものであるかどうかを判断しますと、正直に申しますと微妙です。

 

その理由ですが、まず、通信方式はBluetoothの近距離の通信となり、プレイヤーとなるものとイヤホンをリンクさせることにより、双方で電波を受信しあうという方式なのですが、これは密室空間内では、利用者が多ければ多いほど問題を起こす品物です。

簡単に言ってしまえば利用者が多いと混線するので、自分のプレイヤーを登録しても電波が強いほかのプレイヤーが存在していると電波が負けてしまいノイズが入るという現象が起きてしまい、音が聞こえないということが起きます。

 

ノイズキャンセリング機能は搭載しているか

AirPodsの最新モデルにはノイズをキャンセルする機能を有しているものがあります。

これは、AirPods Proという製品で第2世代タイプのもので音質を向上させるシステムを導入しているモデルです。

このモデルの特徴ですが、音質をよくするために周囲の音をかき消す仕組みを取り入れていて周囲の音を判別し周囲の音をかき消すことができるモデルです。

その為、密室空間において人がいる場所においては最新モデルのAirpodsのほうが音質がよく聞き取れるということになります。

 

旧式のモデルですと問題としては、音質が低下することがあり、その理由としては通信方式が問題となり混戦することで音が途切れたりする可能性が高く、これは新しい製品との性能の違いに起因します。

 

電波を出すプレイヤーに問題がある場合

AirPodsに電波を送信するプレイヤー自体に問題がある場合、つまり電波が弱いモデルなどもありそうしたモデルですと音がずれたりするのでプレイヤー自体が問題となることがあります。

この製品はアイフォンなどのアップル製品と相性が良いですがその他のプレイヤーにおいては相性については不明確なものが多く、プレイヤーによってはBluetoothの通信方式で出力されているパワーも異なります。

皆が全員飛行機で使用しているプレイヤーがアイフォンであるかどうかは不明な上、違うスマートフォンやスマートフォン以外からもAirPodsにリンクしている可能性も高いので、プレイヤーの性能差による温室の差というものも多いです。

その為様々なプレイヤーがある中お勧めされているものとしてはアイフォンなどがおすすめでその他ではプレイヤーによっては動作に問題を生じることもあります。

 

新型であってもBluetooth通信が多いと難あり

新型のAirPodsであってもBluetooth通信の利用者が多いとその分ペアリングするまでの間にラグが生じます。

これは、通信機器同士が干渉しやすい環境下であり、密室の場合電波が反響しやすい環境でもあり、短距離の通信方式であっても干渉しやすいということです。

隣の席の方がAirPodsを使用していて、自分も使用するとなると、通信方式が一緒である上、ペアリングしていても至近に電波を送信するものがありますので混戦している環境下です。

その為こうした場合は新型であろうとそうでなかろうとラグが生じるのです。何故ラグが出るかですが、混戦することによりその間の読み取れなかったデータを再度送信するため音が途切れ、途切れた分を再度流すため音が途切れながらも曲を流したりするということです。

 

AirPodsは密室では向かない

飛行機などの密室空間においては通信をする機器が多い場合AirPodsは結論としては向かないと言えます。これは混戦しやすいという点と他にも通信方式としてwifiがあり、こちらも広域の電波を出して室内で通信を出来るようにするためプレイヤーによっては混戦します。

つまり音楽や動画を再生するプレイヤーの通信する際のパワーがどうであるかが重要で、プレイヤーによっては他の通信をすることができる機器に負けてしまうということです。

そうなると音が途切れたり、固まってしまっているようになり音が流れなくなったりします。

その為、飛行機においては至近距離で通信をするBluetoothを利用しているAirPodsは音楽や動画の音声などを楽しむという点においては向いていないと判断をしました。

 

新型以外は構造による音漏れがある

AirPodsですが旧式のモデルは温室が悪いとされている要因の中に音が漏れやすい構造であるということがあります。

この問題は深刻でして後の新型proにおいて解決されていて音楽や動画の音声が聞こえにくいという問題を解決しています。

その為飛行機においても旧型のAirPodsの場合、音が聞こえにくいということの他第3者の音が漏れるということがあります。

その為自分のプレイヤーからの音が聞こえないということもあるということです。

 

この場合は構造による問題で音が聞こえないということになりますので、新型にするなどをして対処するしかないのですが、やはり、Bluetoothやwifiなどを受信する人が多いと混線するのは新型も同様ですので結論としては向かないとしか言えないです。

聞けるという点においては結論としては聞けますが、音質の他音飛びなどが発生する確率が高いので快適性は低いと判断します。

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

得する飛行機術
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました