Rentalcover.comのフルプロテクションは日本でも使えた!!レンタカーの保険はこれ一択だと悟った理由

ついこの間、奄美大島でレンタカーを借りる機会があったのですが、レンタカーの料金はめちゃくちゃ安かったのに、任意保険がめちゃくちゃ高くて、こんな高いのならレンタカーと保険は別々に予約したほうが安いんじゃない?と思い、レンタカーでも入れる保険を調べたらRentalcover.comの保険が使えたので、そのまま利用することにしたら、めちゃくちゃ良い保険だったので、レビューします。

レンタカーの保険について

まずはレンタカーの保険について、詳しく調べました。

調べてみるとレンタカーで勧められる保険って本来ならばいらないような保険っていろいろとあることがわかりました。

スポンサーリンク

レンタカーの基本的な保険は基本料金に含まれていた

レンタカーには必ず基本料金(レンタカーご利用料金)に、自動車損害保険、自動車損害賠償責任保険という基本的な保険が含まれています。

■対人補償/無制限
■対物補償/2,000万円(免責5万円)
■車両補償/時価(免責5万円)
■人身傷害補償/1名につき死亡、後遺障害、傷害3,000万円限度。

こちらは僕が借りた奄美レンタカーの補償ですが、基本料金にこれだけ入っていました。

そして自分の車に他車運転特約を付けていれば、自分の車と同じ保険内容がレンタカーにも適用されます。

ただ他車運転特約は自分の車に車両保険をかけていなければ、レンタカーの車体の補償はされませんので、注意しましょう。

調べて思ったことは、本当に任意保険っているの?と思いましたね。

スポンサーリンク

任意保険は、もしもの時のための免責補償制度・NOC補償制度の2つがある

任意保険には2種類あって、免責補償制度とNOC保証制度があります。

免責補償制度とは

免責とは事故起こしてしまいましたが、ある程度は自己責任でお金払ってくださいね!但し、上限は5万円ですよ!みたいな感じです。

僕が借りた奄美レンタカーでも、免責補償制度の保険に入ると日額540円のプラスになります。

この免責補償制度に入ると、もし事故しても免責5万も払わなくて良いですよ!という保険です。

海外では免責補償制度の事をCDWなんて言ったりします。

NOC補償制度とは

ノンオペレーションチャージ(NOC)とは事故したら、レンタカー会社がその車を貸し出せなくなるので、その分も補償してくださいね!という内容です。

その分もNOC補償制度に加入すると追加の支払いはいらないですよ!という補償内容の保険になります。

これも日額500円ほどかかります。

その他のロードサービスの保険もあります

その他にもレッカー代を補償する保険やカギを中に忘れてしまった場合の保険などもあります。

バッテリー上がりやスペアタイヤの交換など、もしもの時のためにこれらの保険と上記の免責補償制度とNOC保証制度をセットにして保険に加入させようとします。

スポンサーリンク

逆に補償されないものもある

レンタカー会社がお勧めするいくら高額な保険に入っても補償されない項目があります。

それは、タイヤのパンクの交換やバッテリー交換です。

ロードサービスでタイヤのパンクの修理は補償されていますが、バーストの場合は補償されていません

それと法律を守っていない場合も補償されません。

 

スポンサーリンク

Rentalcover.comのフルプロテクションは神保険

通常のレンタカー会社の保険について説明しましたが、僕は海外でレンタカーを借りたのですが、その時加入したRentalcover.comのフルプロテクションという保険がめちゃくちゃ良かったので、日本でも使えないか調べたところ、日本でも使えることが判明しました。

しかも、今は日本語サイトができ、日本語対応しているではありませんか。

胸熱ですね!!!

カスタマーサポートにも連絡し、日本で使えることを確認!

世界中どこでも使えると書いてありますが、海外サイトなので、念のためにカスタマーサポートに確認しました。

要約すると、

基本的な保険はレンタカー会社のやつだけど、プラスする保険はRentalcover.comのフルプロテクションが最高だぜ!タイヤや窓、ヘッドライト、車体の下や屋根なんかも免責なしで補償するぜ!!

こんな感じです。

更に補償以外もメリットはいっぱい

こちらはサイトに日本語で書かれていました。

  • パンク、フロントガラスのひび割れ、ヘッドライトの破損、鍵の紛失、レッカー移動
  • 修理代に追加される事務手数料、使用不能期間の損害費用やクレジットカード料金などの膨大な料金
  • レンタル契約に明記されていなくても有資格運転者(配偶者など)にも全面適用
  • 30日以上のレンタルにも対応

更に嬉しいのは、通常補償してくれない追加運転者も保険の補償対象になります。

レンタカーの契約者以外の追加運転者にも無料で保険が適用されます。

それにキャンセル料もレンタカー予約日の前日まで、いつでも補償内容の変更またはキャンセル(全額返金)が可能です。

むしろ、この内容でこの保険を選ばない意味がわからないくらい補償が良いです。しかも免責なし!!

それが5日間で4,307円という料金で提供してくれます。

 

スポンサーリンク

レンタカー会社の保険との違い

レンタカー会社の保険内容とフルプロテクションを比べてみるとこのような感じになりました。

レンタカー会社の保険

料金:6600円

補償内容:免責補償制度有り、NOC制度無し、ロードサービス有り

そのため、事故を起こしたらNOCの5万円はかかる

含まれないもの:バーストした時のタイヤの交換、配偶者の運転

フルプロテクション

料金:4,307円

補償内容:免責補償制度有り、NOC制度有り、ロードサービス有り

含まれないもの:無し

スポンサーリンク

こんな凄い保険だけど、注意点は一つあり

こんなにすごい保険ですが、一つだけ難点があります。

それは保険の請求が少し面倒なんです。

調べてみると、保険はまずは自分で建て替えをして、その後Rentalcover.comに請求するフローとなります。

特に問題はないですが、一旦建て替えが必要になるのが注意ですね。

全てクレジットカードで建て替えることが可能なので、何てことないですが、使う前にそれだけは確認しておいてくださいね。

 

めちゃくちゃ優秀な保険はこちらから確認できます。

比べてみるとそのすごさがわかります。

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

レンタカー
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました