ソウルでは日本語が使える?韓国に行ってもあまり困らなかった理由

海外に行く時に不安になるのが外国語の壁です。

日本語が通じないから何かあった時に困る!!と考える人も多いかと思います。

ただ、僕が思うに韓国に観光するなら日本語のみで十分だと思います(韓国語が使えれば更に楽しむことができますが)。

なぜ、日本語のみで大丈夫なのか説明したいと思います。

スポンサーリンク

日系ホテルであれば日本語で対応してくれる

ソウルで日本語が使えるところはあり、日系関連のホテルなら使うことが出来ます。

日本企業が元となっているホテルは沢山あり、その理由としてはソウルに日本人が訪れる人が毎年多くいるからです。

日系ホテルと検索すると出て来るホテルは複数あります。

ホテルはBooking.comで検索がお勧め

ソウルでも広いため観光スポットやこれからソウルのある場所を訪れようとしている近くがいいです。

ホテルでは日本語が使えるから、ソウルのホテルに泊まる目的なら海外後も英語もあまり勉強する必要はありません。

食事に関してもホテルで済ませば問題ないし、着替えも日本から持ってくれば問題ありません。

 

スポンサーリンク

日本語のメニューが書かれた飲食店もあるので、食事も快適だった

ソウルで日本語が使えるところは、日本語で書かれたメニューがある飲食店です。

しかし日系ホテルとは違い、全て日本語が話せるわけではありません。

日本語で話せる言葉は「ありがとう」「すみません」「いくらかかりますか」など簡単な日本語です。

 

日系ホテルとは違い日本語の教育をメインにしているわけではないため、殆ど分からない日本語が多いです。

しかしメニューは日本語で書かれているため、メニューを頼みやすいのは特徴です。

海外の言葉が分からない場合は日本語でメニューを言いながら指で「これ」と教えて注文すると分かります。

若干日本語が分かるだけだから、友人と一緒に行ったり家族で一緒に行くのが望ましいです。

1人でも韓国語が少しでも分かれば十分です。

 

スポンサーリンク

日本語通訳機能サービスがあるタクシーもある

タクシー全てが日本語通訳機能があるわけではないですが、一部だけ日本語通訳機能がついているタクシーがあります。

日本語通訳機能や韓国語通訳機能がついたタクシーがあれば日本語で話しても通訳機能が韓国語に直してくれます。

タクシーならバスや電車と違ってすぐ目的に着くし、迷わないので安心です。

余分にウォンというお金を持っていればまず問題ありません。

 

ちなみにタクシーを使わずバスや電車を使った場合は韓国語で話せないと難しいです。

バスや電車のアナウンスは翻訳機能もなくアナウンスも韓国語です。

韓国語が話せたり理解出来なければ切符を購入するときも若干難しいです。

日本語しか話せない場合は日本語通訳機能のあるタクシーがおすすめです。

 

通訳機器を持ち歩けば更に快適

今では海外に行くために通訳機器という商品が販売されています。

通訳機器を使うと日本語通訳をしてくれたり韓国語通訳をしてくれます。

通訳機器によっては英語通訳出来るものや他の言語の通訳が出来るものもあり、よく海外に行く人にとっては必需品になります。

 

通訳機器はポケットに入る大きさのものもあり、簡単に持ち歩けるものもあります。

移動するときもポケットに入れたまま持ち歩けるものもあるため、負担もかかりません。

もし途中で韓国語を使わなければいけないと困っていても通訳機器を持ち歩いている以上、日本語以外話せないから困っているという心配は少なくなります。

日本の技術は進歩しており、今は韓国語や他の言語を覚えなくても海外に簡単に行けるようになりました。

スマホの翻訳でもOK

通信機器がなくてもレンタルWi-Fiがあればスマホでグーグル翻訳を使えばある程度コミュニケーションはとれます。

より快適な旅行にするためにレンタルWi-Fiという選択肢もありでしょう!!

 

スポンサーリンク

日本語に対応したものも多く、そこまで困らない

日本語が話せる施設はまだ数少ないですが、日本語で書かれたものは多くあります。

例えば切符だけ購入する場合は日本語で書かれているし、先ほど説明したように一部の飲食店では日本語でメニューが書かれています。

 

ソウルでは観光客が多いため、日本人も多くいます。

ホテルも日本語が話せるだけではなく日本語に対応したものもあり、ホテルを利用しやすくなっています。

特にソウルの中でも明洞は日本語に対応した店員やスタッフも揃っており、一部は日本語で話しかけると理解してくれる言葉もあります。

例えばWi-Fiがある施設や禁煙部屋を使おうと思ったときも、日本語の対応があるため心配ありません。

またソウルは日本から訪れる人もいるため、分からないことがあると日本人を探して聞くことも難しくありません。

 

スポンサーリンク

韓国語は覚えるべきか覚えなくてもいいのか?

韓国語は万が一のことを考えると覚えた方がいいです。

確かに通訳機能がついたタクシーもありますが、タクシーに何も起こらないといった確証はありません。ホテルにずっといればいいですが、ホテルでは買えないものもあったりします。

そうすると必ずどこかお店に出かけたりときには誰かと直接話したりするという行為がないとは限りません。

もしこのとき万が一何か起こって日本語しか使えず帰ることが出来なければ大変です。

自分の身や周りで何か起こったときのためにも、韓国語を覚えてから旅行するのをおすすめします。

どの人も日本語が使えるわけではなく、使えない人もソウルには多くいます。

 

ソウルに旅行するなら比較的ソウル以外のところに行くよりは日本語が出来る人が揃っているためどちらかというと安心です。

万が一のことを考えて通訳機器や地図の用意、電話番号の登録、韓国語の本などは持ち歩くと不便がありません。

ソウルに行く場合も計画を立ててから勉強もしてから行くといいです。

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

韓国
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました