飛行機に乗った時のiPhoneの1番簡単な設定方法

飛行機に乗るときにはいつも設定をどうするんだっけ??と思います。

機内モードにすれば良いのですが、最近では機内Wi-Fiがあったり、海外に到着したときにどの設定が一番良かったんだっけ?と思う事もあるので、こちらにまとめてみました。

スポンサーリンク

まずは機内モードにする

機内モードの設定はiPhoneの画面の下から上になぞり、スワイプします。

スワイプしたときにマークが色々ついています。機内モードにする時は飛行機のマークが書かれているところをタップするだけで機内モードに変わります。

 

機内モードにしたいけれどWi-Fiを使いたい人は、先ほどスワイプしたところにWi-Fiのマークがついていおり、マークをタップします。

こうすると機内モードにしながらWi-Fiを使うことが出来ます。

 

スワイプが上手く出来ない人は、iPhoneの設定アプリから機内モードとWi-Fiそれぞれ設定することが出来ます。

機内モードとWi-Fiを解除したい場合はもう1度同じところをタップするだけでいいです。

おやすみモードにする

機内モードよりはおすすめしませんが、人によってはおすすめモードもありです。

おやすみモードは着信やメール受信をすることが出来るため通信量がいります。

 

ただし音で告知したり音で何か知らせることはないため、静かにしたい場合のマナーモードの変わりになります。

機内の中で寝たい人やゆっくりしたい人はこの方法も時にはありです。

 

設定する場合は、iPhoneの設定アプリからおやすみモードをタップし、時間を指定します。

時間を指定したらおやすみモードをオンにします。

こうすると着信も鳴らず、メールの音もなりません。

 

ただし電波を出すのを禁止されている場合はおやすみモードではなく機内モードに切り替えるようにしなければいけません。

スポンサーリンク

電源を切る

スマホをあまり利用しない場合は電源を切るという選択肢もありです。

電源を切っているときは通信料はかからないし、電話もすることはありません。

 

またおやすみモードをわざわざ設定しなくてもメール音や着信音は電源を切っている以上鳴りません。

マナーモードよりも安全性があり、電波による影響を与えたりすることもありません。

海外旅行に行くときはずっと電源を切る方法もありでWi-Fiがない人にとっては1番いい方法です。

 

ただ電源を切っているときはメールが来ているのか来ていないのか分からないし、電話が来ているのかどうかも分かりません。

友達や知り合いが多いときはあまり使わない選択肢となります。

あまり電話登録していない場合はこの方法を使ってみるのもありです。

スポンサーリンク

モバイルデータ通信をオフにする

スマホの通信のみオフにする方法があり、簡単に設定が出来ます。

まずiPhoneの設定アプリを開き、モバイルデータ通信をタップしてオフにします。

モバイルデータ通信の細かい設定をしたい場合はここでタップしてオフにする代わりに、モバイルデータ通信のオプションをタップします。

 

4Gの場合は4Gをオフにするをタップする、ローミングは音声通信のみをタップし音声ローミングのみオンにします。

こうするとどうなるかというと電話だけ出来る状態になります。インターネットやラインは使えず、インターネットの閲覧も出来なくなります。

解除したい場合は日本の自宅に戻ってから解除するのが望ましいです。設定したことを忘れたままにするとずっとメール通信が出来なくなるため、解除するのを忘れないようにします。

スポンサーリンク

注意すること

Wi-Fiの設定は必ずオンにするようにしておくことが大事です。

Wi-Fiをオンにしていないと通信料がかかり、海外と日本の通信量の料金が若干異なる場合があります。

Wi-Fiをオンにしていればこうした心配も少なくなります。

※飛行機の離発着ではWi-Fiもオフにする必要があります。

 

Wi-Fiや通信料が気になる場合は最初からインターネットを繋げるように携帯会社で設定せず、一時的な格安SIMを使う方法もあります。

格安SIMは航空機で販売しているためわざわざ購入する必要はありません。

また電波のことですが、おやすみモードの場合だけ電波が繋がる状態になっているため、機内の電波と運転の妨げになる可能性もあります。

なるべくならおやすみモードではなく機内モードあるいはモバイルデータ通信の設定を行うのがいいです。

スポンサーリンク

飛行機に乗る時のiPhoneの設定のまとめ

iPhoneの設定アプリや表示の仕方はiPhoneのバージョンや種類によって異なります。

そのため各自で使えるiPhoneの設定を当日ではなく事前によく確認し、スワイプして設定出来るかどうか、ホームボタンがないiPhoneは使い慣れているか、設定アプリの確認などしておくといいです。

 

当日になってiPhoneの設定がよく分からないと時間まで間に合わなくなってしまいます。

普段からiPhoneを持っている人は使い慣れておくようにします。また上記の中で1番簡単な方法は電源を切ることです。

電源を切れば電話もメールもすることが出来ません。

 

ただし予め友人に知らせておかないと、電話が繋がらないとき友達からどうしたのか不安にされる場合があります。

電源を切る場合は友人や電話登録をした人に海外旅行に行くことを伝えるのも1つの手段です。

機内モードに関してはどのiPhoneからも設定出来ます。

普段はあまり使わない機能ですが、飛行機に乗った時は必ず必要な機能になります。

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

得する飛行機術
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました