【キャンセル無料】コロナウィルスのJetstarの特別措置を受ける方法

新型コロナウィルスがあるため、飛行機をキャンセルする人も多いかと思います。

僕も旅行を取りやめました。

 

というのも、田舎に帰るために飛行機を予約したのですが、高齢のおばあちゃんの家に泊まるため、何かがあったら怖いと思い、キャンセルしようと思いました。

 

Jetstarはコロナの特別対応でキャンセル無料

これは嬉しいことにJetstarは新型コロナウイルス肺炎の感染拡大に伴う購入済み航空券の特別対応のお手続きということで、飛行機の振り替えもしくはバウチャーでの払い戻しに対応してくれます。

1. 購入済みジェットスター・ジャパン国内線航空券の特別対応について
2020年3月5日(木)から3月31日(火)まで、ジェットスター・ジャパン国内線のご予約をお持ちのお客様におきまして、手数料免除の上、4月28日(火)までの当社が運航する同一区間便への予約変更またはフライトバウチャーによる払戻しを可能とする特例措置を実施いたします。
対象便:
ジェットスター・ジャパンが運航する国内線のフライト(GKで始まるフライト)対象期間:
2020年3月5日(木)~3月31日(火)に出発するフライト
※3月4日(水)までにご予約された場合に限ります特別対応:
1.4月28日(火)までに出発する当社が運航する同区間のフライトに振り替え
2.フライトバウチャーによる払い戻し(有効期間6か月)

という神対応です。

スポンサーリンク

コロナの特別対応を受ける方法

コロナの特別対応を受けるためには、どうすればよいのか?と調べてみるとJetstarのHPを調べるとこのような方法が記載されていました。

  1. ログインする
  2. フライトを検索する
  3. 予約管理画面が表示されたら、「詳しくはこちら」をクリックしてください。

とあります。

詳しくはこちらの公式ページをご覧ください。

HPの説明通りにならない

公式HPには上記のような説明があるのですが、「詳しくはこちら」がどうやっても出てきません。

どうやって払い戻しできるか悩んでましたが、やっとわかりましたので、シェアしたいと思います。

 

スポンサーリンク

コロナの払い戻しを受けるには

僕がとった方法はこちらです。

 

まずはログインしましょう!

まずはJetstarのHPからログインしましょう。

公式HPの説明通りにはならない!サポートへ連絡しよう!

僕は何度も試したのですが、公式HPの説明通りにはなりません。

ログイン後に右上の🔍のアイコンをクリックしましょう!

そうするとサポートに連絡できます。

サポートの「ジェッ太におまかせ!」の質問するをクリックしましょう。

質問に【コロナ】と入力し、送信しましょう!!

オンラインフォームから申請しよう!!

送信すると、スクリーンショットのように返答があります。

ここでオンラインフォームがでてきます。

このオンラインフォームから申請します。

オンラインフォームの入力の方法

予約情報を入力し、払い戻し理由を記入し、連絡しましょう!!

あとはJetstarからの返事を待てばよいだけです!!

 

わかりにくいので、こちらを参考にしてもらえればうれしいです!!

 

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

LCC情報
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました