【電気・ガス】引っ越しの時に考えなければならない固定費の削減方法!!東京電力のとくとくAPプランを選んだ理由とお得なキャンペーン

2020年、コロナが流行っている最中ですが、僕は引っ越しをしました。と言っても、大々的ではなく、業者も使わず、ほぼ移動しただけとなりますが、以前の生活から考えたら引っ越しです。

そんな中、契約しなければならないのが、生活の基盤であるインフラです。

主に電気、水道、ガスの光熱費関係とネットの通信費です。そこで今回は引っ越しして、どのくらい固定費が削減できるか?を検証したいと思います。

固定費の削減はセット料金にあった

2回目の引っ越しという事もあって、契約はスムーズになりましたが、前に住んでいたところと条件が違うという事頃があります。

それは、ガスです。前はプロパンだったのですが、これからは都市ガスになりました。

オール電化なら更に安くなると思いますが、新しい家は都市ガスだったんです。

そこで考えたのが、電気とガスのセット料金です。

 

スポンサーリンク

セット料金をやっている企業のプラン

ぶっちゃけ、どこが良いのか最初は全くわかりませんでした。

というのも、料金設定が複雑なんです。しかも、条件がいろいろとあって、どれが一番安いかはわかりません。

しかも、自分の状況次第なので、僕が調べた中で一番良かったプランをお伝えします。

 

一番良かったのは東京電力(TEPCO)のガスAPプラン

僕の状況で一番良かったのは東京電力のガスAPプランでした!!

家族:2人(夫婦で共働き)

【電気】

電気:30A(従量電灯B)

使用量:130kWh

【ガス】

使用量:11.8m3

これを各サイトでシミュレーションをしたのですが、特にめちゃくちゃ安くなったということはなかったです。

その中で、サービス・料金が共に良かったのが東京電力のとくとくAPプランでした。

 

ぶっちゃけ、とくとくAPプランも最安値ではない

僕が選んだAPプランも最安値ではなかったです。電気とガスのセット割は年間2000円程度しかやすくなりませんでした。

月額にすると200円も安くなりませんでした。そんなんでわざわざ変えることはしませんよね。

 

そこで僕は値段ではなく、サービスで選びました。

一応、東京電力がやっているということと、APプランはAmazonプライムが無料になります。これで年間4900円お得になります。

ぶっちゃけAmazonプライムを入っていない人にはメリットが少ないので、わざわざ変更する必要はないかと思います。

※それに東京電力は何かしらキャンペーンをやっており、僕が加入する時は3000円のギフト券がありました。

東京電力「TEPCO 電気・ガス」 とくとくガスAPプラン
それに一番魅力的だったのはガス機器の修理サービスが無料!というところです。

やっぱり補償というところは他の会社よりも断然優れていました。ここらへんは大手の力ですよね。

 

スポンサーリンク

まとめ

ガスと電気のセット料金はそれほど安くならない。

選ぶのは値段以外で決めたほうが良い。

東京電力ならAmazonプライム無料!!

更にガス機器が壊れた時の修理もやってくれる!!!!

 

ぼくはこれで決めました!

お得なキャンペーンもやっているので、こちらのページでとくとくガスAPプランを確認してみてください!!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました