【ハワイ】イルカといっしょに泳ぐことができて楽しかった体験談とお勧めのツアー

ハワイではイルカと一緒に泳げる!

知っていましたか!?ハワイではイルカと一緒に泳げることを!!

私は何と言っても海が好きすぎて、中学生の頃から毎年沖縄に年に1度旅行をして、シュノーケルやダイビングを楽しむほど、アイラブ海なわけです。

何を隠そう、ハワイではイルカと泳げると聞いたので、ハネムーンはハワイに決めたんですが、ドルフィンスイムは、泳げない人でも安心なんです。ドルフィンスイムとは、手軽ににいうとイルカと泳げるシュノーケル体験です

スポンサーリンク

ホノルルではイルカツアーがあった

ホノルル島などの港から船で沖に出て、クルー(スタッフさん)たちと共にイルカがいる要点にシュノーケルで海を泳ぎながら、イルカと出会えるっていう何とも素晴らしいオプショナルツアーなんですよ。

イルカと出会えるというより、一緒い泳いでいるような体験が出来て、ハワイに行くなら必ずにやるべきアクティビティだと考えます。ツアーによっては、ドルフィンスイムのシュノーケルをしたあとに、ウミガメウォッチングやホエールウォッチング、フラ体験など、1日かけて盛りだくさんなプログラムを下拵えしているところもあります。

参加している方の年齢は様々!

ハワイの海ではジャケットは絶対に着なければなりません「それ故、沖で水着だけで泳ぐわけではないので、沈む事はよほどないのです!私の事例は毎年沖縄の海でシュノーケルしていますが、ツアーの参加者の中にはほとんど泳ぎが優れているじゃないって人や、50代、60代の方もいましたよ。

ライフスタイルジャケットは、泳げない人には必ず必須ですし、そこまでしても不安な人は濡れスーツも着ましょう。濡れスーツは浮く力があるので、ライフスタイルジャケットだけ着るよりも、また沈みません。一例を挙げれば、手で水をかかなくても、何もしないで全身のちからを抜いても、全く沈まないで常に海面に浮いていられます。

これなら、何の悩ましいもなくイルカと泳げますねそれに、トライアスロンのように船から離れて何キロも泳ぐわけではないですし、心象的には、イルカの通り道のキーポイントに船で行き、船から海に飛び込んだらすぐって感じです。なお、クルーさんがもちろん一緒に泳いでいますし、仮に現実に力尽きそうだったら、手振ったりすれば直ちににスタッフさんが来てくれるので、ルールを守ってクルーさんの目の届くところにいれば、安心です。

スポンサーリンク

私が参加したツアーはドルフィンアンドユー

私が参加したドルフィンアンドユーの時は、おおかたのクルーさんがベテランのライフセーバーだそうなので、心配無用して泳げます。ドルフィンスイムは、私が参加したドルフィン&ユーの他に、私立イルカ中学、名門イルカ大学など諸々ありますが、この3つが特に高評価のオプショナルツアーです。

ツアーの中身は??

どのツアー企業も同じような中身ですが、イルカと泳ぐドルフィンスイムのあとに、例を挙げるとウミガメシュノーケリング(スノーケル)・ウォッチングや、カヤック、パドルボード、ハワイアンフラが体験できたりと、ドルフィンスイムのあとのプログムがわずか違う程度です。

私はドルフィン&ユーに参加しましたが、イルカ大学とか他のツアーも同じ港から船で行くみたいで、出港するところは同じようです。先ほど解説したドルフィンスイムツアーなど、巨大資本のツアー法人であれば、日本語スタッフが絶対同行してくれると考えます。

やっぱりお勧めは日本人向けのツアー

あまり日本人向けのツアーではないと、日本語が話せるスタッフがいないツアー企業もあると考えます。

絶対、日本語応対OKのツアー法人か如何にかを前もってに検証してくださいね。英語が話せない人も、ドルフィン&ユーと私立イルカ中学、名門イルカ大学だったら平気だと考えます。

私が体験したドルフィン&ユーであれば、日本語スタッフというよりも日本人のスタッフさんが同行してくれていたので、ドルフィン&ユーはほんとにイチ押しです。

クルーさんや船長さんは外国の方で日本語が話せなくても、日本人参加者のために、日本語スタッフが同行してくれているので、ツアーの解説などもそのスタッフから受ける事ができます。

けれども、ツアーには日本人だけではなく、外国からのお客さんももちろん共に参加する事が多々あるので、例を挙げると船上でのイルカと泳ぐための解説や、船酔いした時、泳いでいる時に助けてくれ時の合図、生活ジャケットの付け方など、ツアーに参加するための解説などを受けますよね?そういう時は、英語スタッフが英語でお客さんに解説したあと→日本語スタッフが同じ中身を日本語で解説→次の解説といった感じで、2か国語で解説をしてくれる感じです。

個人的に何か心もとないな事やわからない事は、日本語スタッフにちゃんと聞けますし、日本語が話せるスタッフが同行してくれるところを選りすぐるのは、必ず前提だと考えます。さらに、ドルフィン&ユーの事例は、ツアーにカメラマンさんも同行してくれて、撮影してくれた写真データを調達するこもできます。




 

ホテルの場所はハワイで持ち物もすべてここに置いてきて完全にフリーでドルフィンスイムを行なえてとても快適にすることができました!
私が参加したツアー会社のリンクを貼っておきます。

お勧めの会社なので、迷ったら使ってみてください。
予約は早めにした方が良いですよ。現地で同じホテルの人も予約しようとしていましたが、空きがなくて予約できないと嘆いていたので。

このドルフィン&ユー
というツアーです!!
 

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

トリップアドバイザー

【c】【公式】トリップアドバイザー

TripAdvisorは海外の情報を集めるのに使っています。日本のWebサイトに載っていない情報も出ていますので、重宝しています。

LINEモバイル

旅行サイトではないですが、日々の携帯代を安くしています。海外に長くいても携帯代が安いLINEモバイルはコストをかけないためにも重宝しているので、海外生活が長くても使えます。

ハワイ旅行
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました