【ハワイ】野生のイルカと一緒に泳ぐ感動は一生の宝物になった話

絶対に野生のイルカがみたい!!

ハワイで野生のイルカをみたいという気持ちから、現地でイルカツアーに参加しました。

漠然とイルカツアーに参加してみたいと思っていましたが、色々と調べてみると、ツアーには「野生のイルカを船の上から眺めるウォッチングツアー」と「イルカと一緒に泳ぐことのできるツアー」の2種類があることを知りました。

私はせっかくなのでイルカと一緒に泳ぎたいと思い、一緒に泳げるツアーのうち「アンドユークリエイションズ」が運営するドルフィン&ユーというイルカツアーに参加することにしました。

特にお値打ち価格ということはなかったですが、ネーミングがユニークなところと何よりも希望日時を最優先したからです。なぜ希望日時が最優先だったのかというと、実はこの旅行でハワイのイルカツアーを申し込むのは2回目なのです。

スポンサーリンク

勘違いで参加できなかったイルカツアー

これは悔やみきれません。

本来なら、ベルトラ経由でハワイに到着した翌日にイルカツアーに参加する手配を、ネットですましていたのですが、実際、予約していたツアーに参加できませんでした。

その理由は送迎ありという言葉を思い込みで解釈してしまい、宿泊しているホテルの前で当日ピックアップをまっていたのですが、実際の集合場所が近辺のホテルだったので置いていかれてしまいました。

集合場所などは注意しましょう!!

どうやらイルカツアーの送迎ありとは、ピックアップの際は周辺の代表ホテルに集合してのピックアップがほとんどのようです。私の見落としですが、ネットの予約では口頭の説明がなくこういったミスにつながるのだとしみじみと実感し、ツアーデスクでの予約の方が確実だと実感した出来事でもありました。

費用はかさみましたが何はともあれ、ホノルルで現地のツアーデスクに行き、滞在期間中に無事イルカと泳ぐツアーに参加できる運びとなりました。デスクではピックアップ場所や持ち物、当日の段取りを入念に確認しました。

イルカツアーの持ち物

持ち物は水着、バスタオル、着替え、酔い止め、現地で必要なお金など必要最低限でしたが確認を怠らず、水着への着替えの手間を省くために服の下に仕込み、当日を迎えました。

スポンサーリンク

ツアーが始まってみて

出港場所にむかうまで道中は2時間弱あり、そのあいだにバスで説明をうけました。

ツアーガイドの方の話をきいている中で、ワクワクが高まっていきバスのムードも高揚感に包まれました。天候にもめぐまれいざ出港すると島はまたたくまに小さくなり、あたり一面は青い海、その中で風を感じると壮大な気持ちになります。

まずはクジラと遭遇

イルカが泳ぐスポットに向かうまでにウェットスーツに着替えるのですが、その間に運よく3頭のクジラに遭遇することができ潮をふく姿もみることができてラッキーでした。

しかし実際にイルカの群れに遭遇するまでには、時間がかかりました。

 

船のレーダーをみて船長が目星をつけ、そのスポットで泳ぎながらイルカを探すのですが、なかなかイルカを見つけることが出来ません。海にとびこんではイルカはみつからずに船に戻り、他のスポットを探すことを繰り返します。

体力は奪われ、本当にイルカをみられるのだろうかという不安な気持ちになりました。船酔い、波酔いがかさなり、さらに体は濡れているなか船での移動を繰り返すので、寒さにも襲われます。正直、前半戦はかなり過酷なもので心もおれていました。

やっと念願のイルカを発見

そして限られた時間が迫られるなかで3回目のチャレンジ。必至の思いでイルカをさがしていると、参加者の1人がみつけたようで、ツアーガイドから誘導の合図がでました。ツアーガイドはかなり先を泳いでいたのですが、私は最後の力をふりしぼって必至にイルカスポットまで泳ぎました。

段々と自分が泳ぐ下に、イルカの姿がみえてきます。イルカがくっきりと目に入った瞬間にはテンションボルテージはマックスになり、そこから興奮がとまりません。

イルカは群れで行動する習性のようで、何頭ものイルカが優雅に気持ちよく泳いでいる光景が広がり食い入るようにながめていました。興奮もすこし落ち着いてくると、ゆっくりとイルカを追いながら、自由にイルカと泳ぐことを楽しめました。イルカは想像以上に大きく、迫力もありました。

また子供のイルカが親によりそって泳いでおり、その姿は愛しくてたまりません。

感動!!そして感動!!!!

海という非日常的な環境の中、目にしたことのない野生のイルカと自分が同じ時間を過ごし共存していることを実感し、感動を覚えました。なにか生命、自然など言葉では表現しきれない莫大なものを感じ、震えもしました。

時間のギリギリまで、この光景を目にやきつけました。そして時間になったので参加者が集合して海面でツアーガイドの誘導をきいていたとき、少し離れた場所でイルカがジャンプし空中を回転して水しぶきをあげました。一瞬の出来事でしたが、水面から急にとびだしたスピンジャンプの光景に感動し、イルカが挨拶をしてくれいる気持ちになりとても良い締めくくりとなりました。

船に戻ると参加者は感動に満ちあふれており、イルカに出会えた感動をわかちあい、そしてハワイの歌を歌い踊りと一体感につつまれていました。

イルカに出会うことは容易ではなく、その瞬間までには想像以上の試練がありました。しかしその過酷さを超える感動や得たものがあり、貴重なものとなっています。経験して本当によかったと思います。

本当にイルカツアーはお勧めです。

イルカツアーはシーズンにもよりますが、予約をとるのが大変なので、事前予約がお勧め(割引もあります)。そのときには集合場所に注意すること!笑

私が参加したツアーはこちら

ドルフィン&ユー野生のイルカと泳ぐツアー



最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

トリップアドバイザー

【c】【公式】トリップアドバイザー

TripAdvisorは海外の情報を集めるのに使っています。日本のWebサイトに載っていない情報も出ていますので、重宝しています。

LINEモバイル

旅行サイトではないですが、日々の携帯代を安くしています。海外に長くいても携帯代が安いLINEモバイルはコストをかけないためにも重宝しているので、海外生活が長くても使えます。

ハワイ旅行
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました