飛行機内でビデオ撮影はOKなのか?禁止はされている?

国によって撮影が出来る飛行機内と出来ない飛行機がある

航空会社は日本だけではなく海外専門の航空会社もあり、航空会社のルールは国によって少しずつ違います。

ビデオ撮影も同じように国によって飛行機内での撮影を禁止されているところと禁止されていないところがあります。

 

今いる飛行機が撮影出来るからと言って他の飛行機でも同じように撮影が出来るとは限らないため注意しましょう。飛行機内でビデオ撮影したら盛り上がるのではと考えている人もいると思います。

ビデオ撮影が禁止されたくない場合は禁止されていない国が受け持つ飛行機を利用するのもありです。海外旅行あるいは日本旅行しても恥をかかないように、これからどの国がビデオ撮影が出来るのか、あるいは出来ないのか下記で説明します。

 

スポンサーリンク

ビデオ撮影が禁止されていない国はどこ?

飛行機内でのビデオ撮影が禁止されていない国は日本、中国などです。

実は中国は日本よりも規則があまり厳しくなく、飛行機に関してもビデオ撮影が出来ると記されています。

ただし中国の場合は条件がありGPS付きのビデオ撮影は出来ないという条件があります。

 

つまりスマホなどの地図が一緒に搭載されたカメラは使えません。

代わりとして昔からある使い捨てカメラあるいはカメラ屋などに売られているプロのカメラは使うことが出来ます。どれだけ飛行機内で撮影しても大丈夫です。

 

日本はどうかというと、日本は中国とは規則や条件が異なりますが、日本でもきちんとした条件があります。

日本は飛行機が着いた後、あるいはアナウンスが流れた後のどちらかの場合に限り使用出来ます。制限をきちんと守れば使い捨てカメラもプロのカメラも同様に使用出来ます。

ルールだけは忘れないようにしましょう。

 

スポンサーリンク

ビデオ撮影が禁止されている国はどこ?

基本的に殆どの国は飛行機内でのビデオ撮影は禁止されています。

韓国、ウズベキスタンも同じようにビデオ撮影自体を禁止されています。そのため安易にカメラを持っていって撮影することのないように心得ておきましょう。

禁止されている国の多くは個人情報を守ることを優先としています。

 

インドネシアも基本ビデオ撮影は禁止ですが、少しだけ自撮りの撮影だけは迷惑にならなければしてもよいという規約が記載されています。

景色などは絶対に撮影出来ませんが、証明写真などは迷惑がかからなければ撮影が出来ます。

 

他の人が写真に写る行為は禁止です。

心配な人はカメラ撮影を禁止されている国の飛行機は使用しないのがおすすめです。国によっては自撮り自体も禁止されている飛行機も多いです。

 

スポンサーリンク

日本の飛行機内でのビデオ撮影は細かいルールがある

日本の飛行機のビデオ撮影は細かいルールがあります。

日本はずっと昔からビデオ撮影が出来たわけではなく以前は全く出来ませんでした。

以前というのはつい最近の2014年前までです。

そのときはスマホもデジカメも飛行機が到着するときに撮影するのは禁止されていました。しかし日本はずっとこのままのルールではよくないと考え新しいルールを作り電波を阻害しなければ使ってもよいというルールに変わりました。

 

電波を使うと飛行機に影響が出るため飛行機が安全に到着出来なくなります。

その影響により今は飛行機が到着したときとアナウンスが流れたときという条件の間なら出来ると記されています。また飛行機が着陸する前や後なら使用は必ず出来るとは限りません。

出国審査する場所も入国ゲートも基本的に禁止です。飛行機以外なら全て出来るとは限らず、場合によっては旅行先でも禁止されているところもあります。

 

ビデオ撮影時の注意点はある?

ビデオ撮影時には注意することがいくつかありますが、特に他の国の飛行機と共通する部分はスマホを機内モードにしてから撮影するようにしなければいけません。

機内モードは電波を発しないための重要な役割をします。

 

先ほども説明しましたが電波を飛行機が空に移動している間発してしまうと、飛行機の運転にトラブルが生じ命の危険にも関わります。

ビデオ撮影をすると電波を発してしまう場合もあります。使用するときはビデオ撮影が許可されている国の飛行機でも機内モードにすることはマナーにあたります。

 

また同じように飛行機の撮影が許可されている国でもお客に迷惑かける行為をすることはいけません。

顔を写されたくないのに写してしまう、知らない人の顔を勝手にブログに投稿することはいけません。

どれが電波を発するか、自分自身が阻害してしまうか気になる場合はスマホのカメラと別途に使い捨てカメラやプロのカメラを用意するのもいいです。

 

必ず海外に行くときは旅行先の国の飛行機のルールを調べてから行くようにしましょう。あまりにもルールが守れないと海外で捕まり日本に帰ることが出来ない場合もあります。

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

トリップアドバイザー

【c】【公式】トリップアドバイザー

TripAdvisorは海外の情報を集めるのに使っています。日本のWebサイトに載っていない情報も出ていますので、重宝しています。

LINEモバイル

旅行サイトではないですが、日々の携帯代を安くしています。海外に長くいても携帯代が安いLINEモバイルはコストをかけないためにも重宝しているので、海外生活が長くても使えます。

得する飛行機術
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました