飛行機の機内に折りたたみ傘は持ち込み可能なのか?

スポンサーリンク

結果から言えば、持ち込み可能である

傘は基本的に人を傷つけたりしないものだから飛行機の機内に持ち込むことは出来ます。

折りたたみ傘以外にも大きな傘を持ち込むことも出来ます。

 

旅行先で突然雨が降ることもあるし、飛行機に乗る前に雨が降ることもあります。

雨が降ると濡れると嫌な思いをするのは誰でも同じだと思います。

 

傘は持ち込みだけではなく預けることも出来ます。

持ち込むときの条件はありますが、条件さえ守れば持ち込み可能です。色や柄に関しては指定がなく、おしゃれな傘も持ち込むことが出来ます。

 

折りたたみ傘を持ち込めるのは1個までが条件

折りたたみ傘は持ち込めるのは1個までが条件です。

旅行者が1人なら1個、3人なら3個です。

 

傘は基本的に人を傷つけないと上記では説明しましたが、沢山傘を持っていると不自然と見なされます。

傘は先が長いため手に複数持っていれば誤って他人をつついてしまう可能性もあります。

 

傘は刃物よりは危険ではないですが、全く危険ではないと見られているため個数に制限があります。

逆に折りたたみ傘を何本も持っていると飛行機に乗ることは出来ません。

 

旅行に行く前に折りたたみ傘の本数にも注意しながら準備をしましょう。あまりにも傘のことが心配な場合預けることをおすすめします。預けている間は誤って人をつついてしまうこともないため安全です。

 

傘が尖っている場合は注意しよう

傘は色や柄には決まりはありませんが、デザインには決まりがあるため注意をしましょう。

デザインで気を付けなければいけないのは折りたたみ傘でも先が尖っているものです。

 

先が尖っている傘は刃物と同じ扱いになり飛行機に持ち込むことも出来なくなります。

先端が細い折りたたみ傘は要注意するようにしましょう。

 

傘も下手をすると人を傷つけるものだから危ないです。旅行に行くときは先端が丸い、あるいは太い傘を用意しなければいけません。

先端は長く出ていないものが安全です。

 

旅行に行くときも通常のときも先が尖っていない傘を使う方がいざというとき便利です。条件は先ほどの個数の条件と今の傘の先端についての条件の2つだけです。きちんと守っていれば厳しい条件ではありません。

 

折りたたみ傘の置き方も守る必要がある

ルールでは折りたたみ傘をどこに置けばいいか指定はありませんが、人として危なくない場所に置くようにしましょう。

飛行機は揺れるため他の人の体や頭の近くに置いておくと他人に当たる場合もあります。

 

揺れ方次第では他人の怪我も酷くなることもあります。

折りたたみ傘を置く場所のおすすめとしては機内に持ち込むなら椅子の下の足元がいいです。他人に差し障りのない場所に置くのがいいです。

収納棚に置くのはあまりおすすめしません。

 

棚を開けたときに落ちる可能性があるため危ないです。

足元でも椅子の下なら誰も通らないし気にならないため安全です。人がどこを移動するか転ばないか考えた上でマナーを考えて安全な場所に置くようにしましょう。

 

スポンサーリンク

折りたたみ傘の持ち込みについてのまとめ

折りたたみ傘はいつも利用している人もいると思いますが、いつも利用しているものでも危ないものがあるというのがよく分かります。

傘は人を傷つけるためにあるものではないし一部はおしゃれのために楽しむもの、あるいは日傘として楽しむものもあります。

 

楽しむはずの折りたたみ傘がトラブルになるのは大変なことです。あくまでも条件があるのは人を傷つけないためのルールとマナーです。

あまりにも傘の持ち込みが不安な場合はインターネットで世界の天気を確認するのもいいです。

 

あるいは旅行先で折りたたみ傘を買って一時的に使うのもありです。雨が降ったら濡れない場所に移動すると折りたたみ傘もあまりいらずに済みます。雨が多いときはホテルで楽しむのが吉です。

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

トリップアドバイザー

【c】【公式】トリップアドバイザー

TripAdvisorは海外の情報を集めるのに使っています。日本のWebサイトに載っていない情報も出ていますので、重宝しています。

LINEモバイル

旅行サイトではないですが、日々の携帯代を安くしています。海外に長くいても携帯代が安いLINEモバイルはコストをかけないためにも重宝しているので、海外生活が長くても使えます。

得する飛行機術
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました