飛行機内でYoutubeは見れるのか?実際にYoutubeを見るためにできることは?

飛行機を利用する際、フライトタイムをどう過ごすかは重要な問題である。

たとえ30分でも何もしないで時間が過ぎるのを待つのは苦痛だ。

でも心配しなくていい。

 

最近は機内コンテンツが充実しているから、音楽を聴いたり映画を観たりゲームをしたり、いくらでも暇つぶしの方法はある。「いや、今はサクッとお気に入りの動画が観たい気分なんだけど…」。

うーん、果たして機内でYoutubeを見ることは出来るのか…?

機内でWi-Fiは使えるのか?

そもそも飛行機に乗ったら、携帯電話は電源を切るか機内モードにしなければいけないのでは?というのは一昔前の話。

最近は機内でもWi-Fiが使える所が多い。

国内最大手のJALとANAは数年前から機内Wi-Fiが無料で利用できるようになった。

機内Wi-Fiを使えば、現在の位置も分かるしきれいな景色をSNSにアップすることも出来る、目的地に着いてからの計画もスムーズに立てられる。しかし問題は、「動画を視聴できるほどの容量はあるのか?」ということである。

スポンサーリンク

ANAのWi-Fiについて

国内最大級のコンテンツを揃えているANA。

機内Wi-Fiサービスの無料提供でさらに人気に拍車がかかりそうだが、使えるのは一部の機材(飛行機の機体)である。

 

どの機材でWi-Fiが使えるのかは、予約をする際の空席照会結果画面か予約詳細画面で事前に確認が出来る。

「Wi-Fi」マークが青く表示されていれば全ての機材でWi-Fiサービスが提供されているが、「Wi-Fi」マークが灰色で表示されていたら、一部の機材でしかWi-Fiサービスが提供されていないということになる。整備状況などによって搭乗する機材が変わるため、Wi-Fiサービスが利用できるかどうか実際に搭乗するまで分からない。

ANAの機内Wi-Fiサービスを利用する時は、事前にANA公式モバイルアプリ「ANA」をダウンロードしておく必要がある。

搭乗したらWi-Fiをオンにし、「ANA」を起動する。「国内線機内機内WiFi」を選択し、メニューの「インターネットに接続はこちら」を選択。

 

メールアドレスを入力し、「新しいブラウザ画面を開く」をタップすれば機内Wi-Fiサービスが利用出来る。

ノートパソコンの場合は、「Wi-Fi」をオンにし「ANA-WiFi-Service」を選択して接続すればすぐに機内Wi-Fiサービスの利用を開始出来る。

ただ、残念ながらANAの無料Wi-Fiは通信容量があまり大きくないようで、絶えず通信をする必要があるYouTubeの動画などは、スムーズに視聴できない場合があるようだ。

通信がつながりにくいと感じたら端末の電源を一旦オフにしてみる、アプリを最新の状態にアップロードしてみる、などの対処法を試してみよう。

スポンサーリンク

JALのWi-Fiについて

JALはほぼすべての国内線機材で機内Wi-Fiが利用出来る。アプリも必要ない。

搭乗したらWi-Fiをオンにし、「gogoinflight」を選択して接続する。「無料インターネット接続サービス」をタップし、メールアドレスを登録する。一度登録しておけば次回の搭乗時スムーズにアクセス出来る。

一度に接続できるデバイスは1つだが、別のメールアドレスを使用すればスマホとパソコン、2台同時に使うことも可能だ。

運行状況によって通信が不安定になることもあるが、無料のわりになかなかハイスペックである。もちろんYouTubeもさくさく観れる。

機内Wi-Fiが使えない時は?

それでもどうしてもYouTubeが観たい!という人は、あらかじめ動画をダウンロードしておこう。

「YouTube Premium」に登録すれば、動画を一時的に保存しオフライン再生出来るようになる。これなら機内モードにしても視聴可能だし、通信容量も節約出来る。

会員登録したら、保存したい動画を再生し、動画の下にある「オフライン」というアイコンをタップする。画質を選択し「OK」をタップすればダウンロードが開始される。

「動画をオフラインに保存しました」という表示が出たらダウンロード完了だ。オフライン状態でYouTubeを開くと、一時保存しておいた動画の一覧が表示され再生が出来る。

しかしダウンロードの手間が掛かるし、デバイスの保存容量が圧迫されてしまうというデメリットもある。ちなみに保存期間は30日間だ。

機内でYoutubeを見るために

ANAの機内Wi-Fiは不安定という声が多いが、Youtubeは見れない時は機内コンテンツの動画サービスを楽しもう。ドラマやアニメ、バラエティなど約100以上のプログラムが用意されているのでそこそこ時間は潰せるだろう。

どうしても移動中にお気に入りの動画が観たいという人は、面倒だが空港などで事前に動画をダウンロードしておこう。

機内Wi-Fiがあれば長時間のフライトもストレスなく過ごせそうだが、現在JALとANA以外の日系の航空会社では利用することが出来ないのが残念である。

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

トリップアドバイザー

【c】【公式】トリップアドバイザー

TripAdvisorは海外の情報を集めるのに使っています。日本のWebサイトに載っていない情報も出ていますので、重宝しています。

LINEモバイル

旅行サイトではないですが、日々の携帯代を安くしています。海外に長くいても携帯代が安いLINEモバイルはコストをかけないためにも重宝しているので、海外生活が長くても使えます。

得する飛行機術
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました