【日本で使える?】海外ブックメーカーを選ぶ前にチェックするべきポイント

いよいよ東京オリンピックが近づいてきました。

今年のオリンピックは、コロナの影響で海外からの観客は受け入れらないため、海外ではTVで観戦しながら、スポーツ賭けを楽しむファンが多くなるでしょう。

オリンピックもスポーツベットの対象として各ブックメーカーは、競技ごとにオッズを提供します。

 

日本在住者向けブックメーカーでは、スポーツ全般に賭けられるため、日本でも利用者は増加傾向にあるようですが、まだ試したことのない方も多数いらっしゃるかと思います。

 

日本から海外ブックメーカーは利用できるの?

日本在住者が安全に利用できるのはどんな海外ブックメーカーか?

どんな海外ブックメーカーを選べばいいか?

この記事では、ブックメーカー初心者によくある疑問にお答えします。

 

海外ブックメーカーは日本在住者も使える

日本在住者を受け入れている海外ブックメーカーは日本から利用できます。

近年、日本在住者を対象とした海外ブックメーカーの数は増加しており、日本から使える賭けサイトは多数あります。

 

まず考慮すべきはライセンス・安全性

日本在住者を受け入れていることに加えて、海外ブックメーカーが運営ライセンスを取得していることは必須条件です。

 

運営ライセンスは、管轄政府機関から発行されており、ブックメーカーの安全性・合法性を保証しています。

すべてのブックメーカーには、運営ライセンスの取得が義務付けられており、ライセンスのないブックメーカーはすべて違法です。

 

海外ブックメーカーのライセンスは、簡単にチェックできます。

ブックメーカーの賭けサイトのメインページ下部に通常、各ライセンスのロゴ、ライセンスに関する記述で表示されています。

 

ライセンス表記の例:
・マルタ共和国:MGA − Malta Gaming Authority
・オランダ領キュラソー:Curaçao Egaming
・カナダ領カナワク:Kahnawake Gaming Commission
・英国領ジブラルタル:ジブラルタル政府のロゴ(Gibraltal Remote Gambling)
・イギリス:(UK)Gambling Commission

日本在住者向け海外ブックメーカー

日本在住者を受け入れているかどうかは、ブックメーカーの賭けサイトでわかります。

通常、賭けサイトのメニューにある国(地域)や言語の選択肢に「日本」がリストされています。

 

例外的に、イギリスのブックメーカー大手であるBet365やBetwayには、日本語や日本がリストされていませんが、日本在住者を受け入れています。

 

日本語対応の海外ブックメーカー

日本語サイトを提供している海外ブックメーカーは、最も利用し易いでしょう。

日本語対応ブックメーカーで人気のあるサイトには、ピナクル、ウィリアムヒル、カジ旅、22bet、Betwinner、ダファベットなどがあります。

 

日本円対応の海外ブックメーカー

数年前までは、日本からの決済は、米ドルやユーロなどの外貨建てでしたが、現在、日本円の使えるブックメーカーも複数あります。

日本円対応ブックメーカーには、Bet365、ピナクル、ウィリアムヒル、22bet、Betwinner、ロイヤルパンダなどがあります。

日本人スタッフのいる海外ブックメーカー

日本人カスタマーサポートの常駐するブックメーカーも徐々に増えつつあります。

日本人スタッフのいるブックメーカーには、ウィリアムヒル、カジ旅、チェリーカジノ、ギャンボラ、ロイヤルパンダなどが含まれます。

 

ピナクル、22bet、Betwinnerでも、日本語カスタマーサポートが利用できます。

 

海外ブックメーカーの利点

日本のスポーツ賭けは、かなり限られています。

昨年、ようやくバスケ賭けが承認され、2022年にスポーツくじに加わることが予定されていますが、依然として競馬や競艇などの公営競技とサッカーくじという非常に限定的なものです。

他方、海外ではスポーツ賭博といえば、ブックメーカーのスポーツベッティングが第一の選択肢であり、あらゆるスポーツのオッズに賭けられます。

 

また、世界じゅうに顧客を有するブックメーカーは、それなりの資金力があります。

言い換えると、賭けサイトの機能や顧客向けの特典に投資をし、できる限り高いオッズと付加価値を提供するよう競い合ってます。

オッズと選択肢

海外ブックメーカーのオッズ値とオッズの選択肢は、賭けサイトごとに異なっています。

日本のスポーツ賭博と違い、ブックメーカーは、賭けた時点のオッズに基づいて配当金を支払います。

 

また、ライブオッズと呼ばれる競技中に変動するオッズに賭けることができます。

海外スポーツ全般に加えて、国内の競馬、Jリーグ、プロ野球、Bリーグ、相撲、ライジン等賭けられるスポーツのオッズには限りがありません。

日本在住者向けのボーナスやキャンペーン

海外ブックメーカーはこれまで欧州を主要な市場としてきましたが、米国でのスポーツベット解禁、そしてアジアでのスポーツベッティングの人気の高まりによって、日本市場に注力する海外ブックメーカーが増えてきています。

そのため、日本在住者に限定ボーナスやキャンペーンを提供しているブックメーカーも複数あります。

 

多数のブックメーカーが新規登録者にボーナスを進呈しているので、これらのボーナスをチェックしてみると良いでしょう。

ボーナスを利用して、無料でスポーツベットを試すことができます。

 

以上、海外ブックメーカーを選ぶ前にチェックするべきポイントについてまとめてみました。

上記を参考に、安心して利用できる海外ブックメーカーを選んで、スポーツベットを楽しんでください。

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Amazon

Amazonは旅行商品を買うのによく使っています。小物系も種類も多く、役立つ小物がたくさんです。特に旅行の便利グッズはこんなものがあるのか!!と驚く品もあったりとチェックしてみるとおもしろいです。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
航空券を買うときはスカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

トリップアドバイザー

【c】【公式】トリップアドバイザー

TripAdvisorは海外の情報を集めるのに使っています。日本のWebサイトに載っていない情報も出ていますので、重宝しています。

このブログを書いてる人
りゅーま

世界74ヵ国を夫婦で旅行したブロガー。
一時期はブログで生活できるくらいだったが、コロナのためアクセス数が激減。
趣味はブログ。

海外旅行に行けない日々が続いたので、キャンプにドハマり。
アイテムの紹介・日々の気になることもUPしていきたいと思っています。

りゅーまをフォローする
海外情報
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました