“根性論”をやめた。日本に最多金メダルをもたらした柔道 井上康生監督の戦略

井上康生監督とは?

2000年シドニーオリンピックで100kg級金メダルを獲得した元柔道選手で、2012年から柔道の監督として選手たちを指導しています。

今大会、日本は聖地・武道館で男子5階級、女子4階級のあわせて9個の金メダルを獲得、2004年のアテネ大会の金メダル8個を上回り、過去最多となりました。9つの金メダルをもたらしたのは選手たちの努力はもちろん、井上康生監督の努力の結果でもありました。

 

9年前、ロンドンオリンピックでは女子が金をひとつ、男子は史上初めて金メダルゼロとなりました。空気が暗くなってしまった中、新しく監督として就任することになったのが井上康生監督です。

 

 “根性論”をやめた – データ分析による戦略

これまでの練習といえば、ひたすら練習を何度も何度も繰り返し、世界一走る量もこなすというものでした。ひたむきに、がむしゃらに。昔から続いた根性論です。そう頑張ってきましたが、結果としてロンドンオリンピックで勝てませんでした。

これからは何が原因なのか、何が必要なのか。それらを分析し、それに合わせた生産性の高い練習方法を考えなくてはならない、井上監督はそう考えたそうです。

 

そこで新しく導入したのがD2I-JUDO。日本代表選手や、海外の選手を映像で分析、各選手の動きひとつひとつをデータ化しました。それぞれの強みや弱み、癖を数値化し、練習に活かしていきました。

また、ひとりひとりの選手と向き合い、お互いの意見を尊重することで井上監督と選手たつの間にも信頼関係が生まれ、結果的に東京オリンピックで金メダル9個をもたらしたと言えます。

 

 データ分析により見えてくるもの

データ分析を行っているスポーツは柔道に限りません。またおもしろいことにスポーツする側だけでなく、観戦する側もデータ分析をしているのです。

スポーツベッティングをする人たちは、常に各チームの分析をしていて、勝敗を予想し、賭けをしています。ブックメーカー 日本語対応しているサイトが増えてきているため、それに合わせてスポーツアナリストも増えてきました。

 

中には早い段階から成果を出している人もいるようです。井上監督が行ったようにひとりひとりを分析してみると、何か新しいものが見えてくるかもしれません。

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Amazon

Amazonは旅行商品を買うのによく使っています。小物系も種類も多く、役立つ小物がたくさんです。特に旅行の便利グッズはこんなものがあるのか!!と驚く品もあったりとチェックしてみるとおもしろいです。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
航空券を買うときはスカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

トリップアドバイザー

【c】【公式】トリップアドバイザー

TripAdvisorは海外の情報を集めるのに使っています。日本のWebサイトに載っていない情報も出ていますので、重宝しています。

このブログを書いてる人
りゅーま

世界74ヵ国を夫婦で旅行したブロガー。
一時期はブログで生活できるくらいだったが、コロナのためアクセス数が激減。
趣味はブログ。

海外旅行に行けない日々が続いたので、キャンプにドハマり。
アイテムの紹介・日々の気になることもUPしていきたいと思っています。

りゅーまをフォローする
オリンピック
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました