【SnowPeak VS Colemanテント】ついに購入!!ランドロックとタフスクリーンどちらを選ぶか!?

最近はキャンプのギア集めにハマっているりゅーまです。

今回はちょっとお高めのテントをついに購入しました!!

候補とあがったのはSnowPeakのランドロックColemanのタフスクリーン2ルームハウスLDX+です。

 

ついにテントを購入!!

今まではエジプトで購入した中国製のワンタッチテントを使っていましたが、既にボロボロで穴が空いているし、雨には弱いし・・・という事でついにテントを購入しました!!

ここで迷ったのが、前述しているSnowPeakのランドロックColemanのタフスクリーン2ルームハウスLDX+です。

これを素人目ながら、比較し、最終的には購入したので、どこの点を見ながら比較検討したのかを記事にしました。

 

スポンサーリンク

SnowPeakのランドロックの特徴

ランドロックはキャンパーの素人が買うにはかなりの大きさだと思います。

僕も実際に、近所のららぽーとで実物を見に行きました。

感想はやっぱりデカい!!

 

この投稿をInstagramで見る

 

m27_71(@m.snsa)がシェアした投稿

大人が丸々6人くらうは中で談笑ができます。

その上、その中にテント(インナーテント)が張れたり、とにかくデカい。

 

この前、キャンプに行ったのですが、テントとタープをそれぞれ張る必要があったんですが、ランドロックならその手間がいらないんですよね。

しかも、雨が降ってもテントへの移動も楽ちんで、これがあれば他のものはいらないって感じです。

 

ランドロックのサイズ

ランドロックのサイズはこちらになります。

長さ625cm、幅405cm、高さ205cmとかなり大きいですね。

高さが205cmだと人が立っても入れちゃいますよね。ランドロックの魅力はやはりこのサイズ感ですね。

 

設置のしやすさ

ランドロックは一人でも設置しやすいと言われています。

まだ、僕も設置したことはないので、あくまでも設置しやすいと言われています。

キャンプに行く人は、この設置のしやすさというのも重要ですね。

 

ランドロックの値段

ランドロックの値段は、だいたい17.5万円ほどです。

参考までにAmazonのリンクを貼っておきます。

 

スポンサーリンク

Colemanのタフスクリーンの特徴

タフスクリーンの中でも大きい、タフスクリーン2ルームハウス/LDX+についてです。

タフスクリーンにはMDXというものもありますが、LDX+のほうが一回り大きいです。

 

ランドロック同様に大きいサイズでファミリー向けの商品と言えるでしょう!!

 

こちらも中は広々としています。

中にインナーテントを張るタイプのテントで、ここらへんはランドロックとほぼ同じだと思ってよいでしょう!!

 

タフスクリーンのサイズ

タフ

スクリーンのMDX+のサイズですが、調べてみるとランドロックとほぼ同じでした。

※少しランドロックの方が大きかったです。

本体サイズ:約610×365×220(h)cm

【ランドロック】長さ625cm、幅405cm、高さ205cm

 

設置のしやすさ

設置は二人で設置するなら、慣れるまでは少々時間がかかる感じがします。

ただ、めちゃくちゃ難しいということではなく、慣れれば問題なく設置できるというレベルです。

 

タフスクリーンのLDX+の値段

Amazonで調べると、9万円前後で売っていました。

ただ、僕が調べた時は在庫が少なかったため、もしかするとコールマンのHPで買う方が在庫的に余裕があるんじゃないかと思います。

 

スポンサーリンク

結局どちらを買ったのか?

二つを比べた結果、ハッキリ言います。

大差はないと判断しました。

 

もちろん、好きなブランドやカラーなど選ぶ要素はたくさんあります。

ただ、僕はそこに差を感じる事はなく、思いっきり値段で選びました笑

 

ランドロックは17万、タフスクリーンLDX+はランドロックよりも少し小さいもののほぼサイズは同じで、値段が8万円ほどかわってしまうため、タフスクリーンを選択しました。

もし、買い替えをする場合でもブランド品はそこまで根落ちがしません。

そのため、リセールが非常に良いです。

 

タフスクリーンは中古でも7万円でメルカリで売れますし、ランドロックも数年使ったものが10万円前後で売り切れています。

なので、結局ブランド品は売ることを考えると結局安くつく可能性があります。

そのため、僕はタフスクリーンを購入しました!!

 

今度はタフスクリーンを使った記事を書きたいと思います。

もし、タフスクリーンとランドロック購入で迷っている方がいたら、参考にしてくれれば幸いです。

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Amazon

Amazonは旅行商品を買うのによく使っています。小物系も種類も多く、役立つ小物がたくさんです。特に旅行の便利グッズはこんなものがあるのか!!と驚く品もあったりとチェックしてみるとおもしろいです。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
航空券を買うときはスカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

トリップアドバイザー

【c】【公式】トリップアドバイザー

TripAdvisorは海外の情報を集めるのに使っています。日本のWebサイトに載っていない情報も出ていますので、重宝しています。

このブログを書いてる人
りゅーま

世界74ヵ国を夫婦で旅行したブロガー。
一時期はブログで生活できるくらいだったが、コロナのためアクセス数が激減。
趣味はブログ。

海外旅行に行けない日々が続いたので、キャンプにドハマり。
アイテムの紹介・日々の気になることもUPしていきたいと思っています。

りゅーまをフォローする
キャンプ
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました