タダで海外に行けちゃうかもしれない応募型キャンペーン!無料で航空券をゲットしよう

世界一周について調べていると、こんなキャンペーンがあることに気づきました。

balloons-1615032_640

「ブロガーGo!」キャンペーン

タイ国政府観光庁(TAT)が主催する「ブロガーGo!」というキャンペーンを発見しました。

これに参加するとタイに4泊5日の旅にタダで行ける代わりに、SNSやブログで旅について詳しく書くことが条件となっています。

※既に終了しているキャンペーンになっております。

 

スポンサーリンク

キャンペーンの応募方法

タイ国政府観光庁のHPにある「ブロガーGo!」というキャンペーンに応募すること。

この時にエクセルファイルがダウンロードできるので、ここに自己アピールやFacebookやTwitterのフォロワー数、自分のブログのURLなどを書いて応募します。

応募期間は2016 年 8 月 26 日(金)~2016 年 9 月 2 日(金)までです。

これに受かると晴れて、4泊5日の旅に出れます。

こんな方法で海外に行けるなんて知りませんでした。

 

スポンサーリンク

他にもある無料で海外に行けるキャンペーン

他にも海外航空券が当たるキャンペーンなど不定期であります。

 

ナリタニスト投稿キャンペーンで航空券

専用フォームもしくはinstagram、twitter、facebookのいずれかで写真と20-100文字の文章を投稿

商品は海外旅行航空券。

期間:2016/7/15~2017/1/15

※こちらのキャンペーンも既に終了しております。

 

自由自在旅行で100万円分の旅行

こちらは応募すれば、誰でもOKです。

とりあえず応募してみるのもいいと思います。

※こちらのキャンペーンも既に終了しております。

 

その他

この他にも探してみると意外と多く、キャンペーンをやっています。

航空券のみでなく、ホテル宿泊券などもありました。その他には政府観光庁などが主催しているケースもありました。

キャンペーンで当選するなんてかなり確立が低いと思いますが、応募しないかぎり当選することはないので、とりあえず応募してみるのもいいかもしれません。

 

地道にコツコツ貯めていき、最終的には海外旅行へ!!と思っている方は道のりは長いですが、こちらの方法なら確実に航空券へ近づきます。

https://zerokaranotoushi.xyz/?p=55

 

飛行機での暇潰しはこちらの方法で!

【暇つぶし】快適に!飛行機の移動時間を楽しむアイテムとは!?
旅行の時に飛行機に乗るときがあると思います。 国内線・国際線ともに飛行機だとワクワクします。

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

トリップアドバイザー

【c】【公式】トリップアドバイザー

TripAdvisorは海外の情報を集めるのに使っています。日本のWebサイトに載っていない情報も出ていますので、重宝しています。

LINEモバイル

旅行サイトではないですが、日々の携帯代を安くしています。海外に長くいても携帯代が安いLINEモバイルはコストをかけないためにも重宝しているので、海外生活が長くても使えます。

得する飛行機術
スポンサーリンク
What will be will be
タイトルとURLをコピーしました