新しいヒルトングランドバケーションクラブ(HGVC)のWebサイトのポイント繰り越し方法

father-656734_640

ヒルトングランドバケーションクラブ(HGVC)のポイントを翌年使えるように繰越す方法

HGVCでは毎年の使用できるポイントがあり、そのポイントを使いきれないとポイントが失効してしまいます。

このポイントは繰越し手数料を支払って、翌年使用できるポイントに変換できます。

今まではレスキューポイントという名称でしたが、新しいWebサイトではセーブポイントという名称になっています。

 

セーブポイントにすることで、翌年も使用できるポイントにできますが、このセーブポイントに一回してしまうとセーブポイントはその次の年には繰越せないので注意してください。

 

スポンサーリンク

まずはHGVCのWebサイトへログイン

新しいHGVCのWebサイトで口座登録していない人はこちらの記事を参考にして口座登録(アカウント登録)してください。

ヒルトングランドバケーションクラブ(HGVC)の新しい口座登録方法

 

スポンサーリンク

現在のポイント確認

ログインするとトップページでポイントが確認できるはずです。

トップページでなくても、こちらでも確認できます。

 

11

ページトップのほぼ真ん中にある「ポイント」で詳しいポイントが見れます。

僕は既にポイントを翌年へ繰り越しましたが、繰り越しをしていないとここに使用できるポイントがあります。

4

これで現在のポイントを把握してください。

今年のポイントが消費され、0になっているならば繰越し作業は必要ありません。

もし、この赤線のところにポイントが残っているならば、繰り越ししてセーブポイントに変えましょう。

 

スポンサーリンク

ポイント変換方法

ポイントを確認する画面では画面の左側に「ポイント活用法」を選択しましょう。

今年のポイントはセーブポイントかRCIへの預け入れしかできません。

翌年のポイントはヒルトンHオナーズ・ポイントかクラブポイントの繰り越しができますが、今回は説明を省きます。

 

キャプチャ

僕の場合、4,000クラブポイントが2016年残っています。

これが2016年年末に失効してしまうので、2017年に使えるようにセーブポイントとして繰り越します。

 

1

セーブポイントとして繰り越すので、4,000ポイントの横にチェックを入れましょう。

そして「継続」を選択します。

 

ここまで出来たら、あとは規約を読み、規約を理解したとチェックし、手数料を支払えば終わりです。

今年のポイントは年末に失効してしまいますので、失効する前に繰り越ししましょう。

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

トリップアドバイザー

【c】【公式】トリップアドバイザー

TripAdvisorは海外の情報を集めるのに使っています。日本のWebサイトに載っていない情報も出ていますので、重宝しています。

LINEモバイル

旅行サイトではないですが、日々の携帯代を安くしています。海外に長くいても携帯代が安いLINEモバイルはコストをかけないためにも重宝しているので、海外生活が長くても使えます。

ヒルトングランドバケーションクラブ
スポンサーリンク
What will be will be
タイトルとURLをコピーしました