【公的手続き】世界一周出発前に区役所へ行ってもろもろの手続きをやってきた

testuzuki

 

公的手続きを行ってきた

世界一周へ行く前に公的手続きを行ってきました。

 

今回行ったのは、海外転出届・国際免許取得・国際青年証の取得です。

 

海外転出届を出すことで、出国中の国民年金・健康保険を免除することができます。

また、1月1日に住民票が日本にないと住民税も払う必要がなくなります。

詳しくはこちらの記事で!!

国民の義務の税金や年金、海外にいるときも払わなきゃならないの?
海外に行くときは短期の旅行などを除いて、長期間行くとなると海外転出届を出すと年金や国民保険・住民税を.....

 

スポンサーリンク

区役所で手続き(海外転出届提出)

僕らは横浜に住んでいるので、転出届などの手続きは基本的に区役所にて行います。

 

区役所では、海外転出届を出すことになるのですが、必要な書類は以下になります。

  • 申請書(区役所にある)
  • マイナンバー(通知書)
  • 本人確認書類(免許証・パスポートetc…)
  • 印鑑

 

これがあれば驚くほど簡単にできます。

人が少なかったのですが、10分もかからなかったです。

 

10月末に会社を退職し、11月8日に出発するので11月1日から7日までの間は社会保険にも加入してなければ、国民健康保険にも加入していない状態となります。

この状態のままでいいのか?と海外転出届をだした後に疑問に思ったので、聞いてきました。

 

国民健康保険の加入

国民健康保険に加入することは、日を遡って加入することができるらしいです。

担当者が言うには、この11月1日から7日の間に病院にかかることがなければ、何の手続きも必要ないとのこと。

もし、病気にかかって保険を使うことがあっても、遡って加入することができるということでした。

 

有休期間に出国

有休期間に出国する場合は、社会保険に加入しているので、国民健康保険に加入することはできません。

 

そして、海外転出届を提出することもお勧めできませんと言われました。

有休期間中に出国する場合は、海外転出届を親族などに出してもらうことは可能なのか?と聞いたら「可能」と答えてくれました。

 

その場合は、委任状と本人確認書類が必要になるとのことです。

 

海外転出届を出さずに出国する場合

海外転出届を出さない場合は、国民年金・健康保険に加入する必要があります。

会社を辞めている場合は、離職票を出せば国民年金の免除を申請することができます。

 

健康保険は、空期間がないようにしなくてはならないので、後から支払う必要があります。

 

国民年金・健康保険ともに委任状を出すことで代わりに手続きを行うことができます。

 

国民年金の免除申請の手続きに必要なのは、以下の書類が必要になります。

  • 年金手帳
  • 離職票
  • 委任状
  • 本人確認書類

 

健康保険の手続きは、免除といった特例もあるにはありますが、ほとんどが免除にはならないので、帰ってきてからの手続きでOKとのことでした。

 

スポンサーリンク

国際免許の取得

海外で運転する可能性もあるので、国際免許も取得してきました。

神奈川在住の人は二俣川の免許センターで国際免許を取得できます。

警察署でも取得はできるが、時間がかかるため僕らは免許センターにて手続きをしました。

 

免許センターは8:30-12:00、13:00-17:15までの時間が受付時間とのことでしたので、13:00過ぎに到着するように行きました。

 

こちらも手続き自体はすぐでした。

しかし、発行までに30分くらいかかりましたので、合計1時間程で取得することができました。

 

ちなみに国際免許は12番窓口で受付すると、パスポートと運転免許を提出し、申請用紙をくれました。

 

これに必要事項を記入し、収入印紙2400円分と証明写真を提出し、30分後には国際免許を取得しました。

証明写真は免許センターで撮ると割高なので、アプリを使ってコンビニでプリントアウトすると30円で撮ることができます。

【節約】証明写真をアプリで作ったら、30円で作れてしまった
少し前までは証明写真と言ったら、写真屋さんか駅前にある証明写真用の機械で撮るのが主流だったと.....

 

 

スポンサーリンク

国際青年証を取得

国際青年証は国際学生証とほぼ同等の効力を発揮すると聞きましたので、取得してきました。

 

神奈川で国際学生証を取得できるところは限られていますが、僕らは横浜国立大学の生協で取得しました。

ここは車で無料で入場可能なのと、家からもそれほど遠くないのでここで取得しました。

 

国際青年証は、申請書類、1750円、年齢を確認できる書類(免許等)と証明写真(33mm×28mm)を提出すると10分程で作ることができます。

 

アジアでは使う機会が少ないと思いますが、是非使ってみたいところです。

国際青年証(IYTC)を取得して国際学生証と同じ割引を受けよう!!
国際青年証とは 国際学生証は世界中で学割が使える身分証ということは前回お話しました。 .....

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

トリップアドバイザー

【c】【公式】トリップアドバイザー

TripAdvisorは海外の情報を集めるのに使っています。日本のWebサイトに載っていない情報も出ていますので、重宝しています。

LINEモバイル

旅行サイトではないですが、日々の携帯代を安くしています。海外に長くいても携帯代が安いLINEモバイルはコストをかけないためにも重宝しているので、海外生活が長くても使えます。

公的手続について
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました