バンコクのショッピングモール街をローカルバスで回ってみる

世界一周2日目

世界一周2日目はバンコクの街を探索しました。

僕らが泊っているのは、カオサン通りというバックパッカーには有名な通りから徒歩で5分のところに泊まっています。

khaosan

 

こんな通りですが、旅に必要な物がほとんど何でもそろっています。

 

洋服は激安でどれも100バーツから300バーツで買えます。

Tシャツ、サンダル、ハーフパンツ、水着は100バーツで売っていました。

※レートはだいたい1バーツ=3円くらいです。

 

シャンプーやリンス、洗剤、歯ブラシ等は日本よりも安く買えます。

他には医薬品等も売っているし、食べ物なんて300円もあれば十分に食べれます。

ちなみにペプシの缶はコンビニで40円でお釣りがきます。

 

そんな何でも揃っているカオサン通りですが、不便なとこがあって電車の駅からかなり遠いんです。

 

スポンサーリンク

カオサン通りからショッピングモールへ

カオサン通りからMBKセンターというガイドブックに載っているようなショッピングモールへ行こうと思ったのですが、交通手段がタクシー、トゥクトゥク、バイタク、バスしかないんですよね。

 

ちなみにトゥクトゥクでは朝からぼったくられそうになりました笑

 

そんなこんなでバスで行くことにしました。

学生の頃にもタイに来たことがありますが、その時は現地Simカードを使ってインターネットなんて使えなかったので、タクシーやトゥクトゥクを多用していましたが、今は何でも調べられるので、便利です。

 

バスがどのルートを通るかなんて昨日バンコクに着いた僕らは全く知りませんが、GoogleMapで目的地を入れれば、全て調べてくれます。

 

こんな感じでバス停から何番のバスに乗ればいいかまで教えてくれるので、バスに乗るのは全く困りませんでした。

 

時間はもちろん正確ではありませんが、これだけで十分です。

 

バスの乗り方

バスの乗り方はバンコクはかなり独特だと思います。

バス停で乗りたいバスが来たら手を出して、運転手に知らせます。

知らせないとスルーされる危険性があります。

 

そして、料金のことは気にせず乗り込みましょう。

バンコクは渋滞がすごいので、乗り込むにもスピードが重要です。

 

そして、行先はタイ語で書かれているので、全く読めないので、行先はバスの番号のみで判断します。

img_2251

バス停に書いてあるバスの番号はあんまりあてになりません。笑

 

バスに乗り込んだら、お金を集金にくるのでその時にお金を渡しましょう。

聞いた話によると8バーツでいいらしいです。

 

僕らはバスに乗ったら、ラッキーにも税金で運営されているバスなので、無料で乗ることができました。

img_2600

税金で運営されているバスは乗り口の表示が青色です。

 

MBKセンター

bag

 

MBKセンターは雑多感があり、何でもそろってました。

お土産や電化製品、洋服、食器、おもちゃなど一通り揃います。

 

日本では考えられないですが、同じフロアに同じお店が2つ存在していました。

日本で言ったら、ららぽーとの同じフロアにロクシタンが2つあったような感じです。

 

ちゃんとスタバもありました。

img_2541

 

スタバにてスタバカードを購入。

そのままスタバで使って、カードだけ手に入れました。

物価が安いタイですが、スタバの値段はあんまり変わりません。

気持ち安かったかな!?って程度でした。

 

スタバでは無料Wi-Fiがあるので、かなり重宝します。

 

eee802ca-c015-4955-b986-c7e6db49e3ef

地下のスーパーではこんな感じで外国感が溢れています。

 

eef70888-a7d2-4024-a4cb-60f3533e30f8

 

屋台もこんな感じでおいしそう。

前回来た時よりも清潔感がでてきた。

ちゃんと手袋もはめているしね。

 

スポンサーリンク

Siamセンター

MBKセンターの周りはショッピングモールが乱立していて、その隣のSiamセンターではハイブランドがたくさんあり、かなりお洒落な感じがでていた。

こんな像があったのもこのSiamセンターのみ。

img_2547

胸にライトがある。

 

img_2548

 

こちらは股間にライトがある。

ハイブランドのお店なのにふざけている。笑

 

Siam Paragon

本日、数か所のショッピングモールへいったが、ここが一番綺麗だった。

img_2549

 

特に素晴らしかったのは、フードコートだ。

日本料理もあり、他のショッピングモールと一線を画している。

img_2553

 

こんなお店がいっぱいあり、日本の新しいショッピングモールと同等かそれ以上だった。

しかも日本食も充実していた。

銀だこがあったのも驚いた。

 

Central World

夜も遅くまで見ていたので、ほとんど外観しかみていないが、Central Worldというショッピングモールもすごかった。

img_2573

 

近代的な外観に中もワンフロアしかみていないが、車が展示されていたり他のショッピングモールよりも大きく感じた。

img_2570

 

時間も遅くなったので、この日は外の屋台でご飯を食べ、バスにて宿のあるカオサン通りの方へ渋滞の中向かった。

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

トリップアドバイザー

【c】【公式】トリップアドバイザー

TripAdvisorは海外の情報を集めるのに使っています。日本のWebサイトに載っていない情報も出ていますので、重宝しています。

LINEモバイル

旅行サイトではないですが、日々の携帯代を安くしています。海外に長くいても携帯代が安いLINEモバイルはコストをかけないためにも重宝しているので、海外生活が長くても使えます。

01.タイ
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました