アユタヤ遺跡を1日ツアーで回る

アユタヤ遺跡のツアーを申し込む

アユタヤ遺跡の観光ツアーを申し込んだ。

このツアーは朝からアユタヤ遺跡に向けて出発するツアーだ。

 

この日の前日にツアーに申し込んだのでそのピックアップを待ってればいいだけなので朝は7時と少し早いが宿でピックアップを待っていればいいので楽ちんだ。

本当はアユタヤにも1泊して遺跡のライトアップを見たかったがそれだけのためにアユタヤに1泊するのも嫌なので今回は見送った。

 

今回のツアー代金は一人450バーツ(約1350円)。

 

スポンサーリンク

アユタヤまでの道のり

アユタヤまでは車で約2時間かかる。

ピックアップは朝の7時だかなり早めだが、効率よく回るには仕方ない。

 

いつもはピックアップの時間通りに来ないのだが、今回は5分遅れくらいで来た。

 

早い訪問にビックリした。

そしていつも通り数カ所を回り、人がいっぱいになったら出発。

 

img_20161123_080951

僕らはこのミニバンでアユタヤを目指すことになる。

 

朝早いせいもあって2時間の車は寝ている人が多い。

 

僕らももちろん寝た。

アユタヤ付近につくとバンコクとは違う雰囲気田舎という感じがした。

 

スポンサーリンク

遺跡に到着

そして遺跡に着いたのだが僕ら以外にも同じツアーに申し込んでいる人たちと合同で回る。

僕らも含めてミニバンが4台くらい一緒で、ガイドが1人つく。

もちろん英語のガイドだ。

 

英語はあまりうまくないが、僕らにはあまり関係ない笑

そして解説が終わったあとに次の集合時間の書いた紙を見せてくれるので、その時間までに集合すればいいというスタイル。

かなり有り難い。

 

遺跡の探索

遺跡は中に入れるものもあるし、登ったりできるものもある。

基本的には注意書きがあるので、それに従う感じだ。

img_4133

一個目の遺跡ですでにデカい。

人がかなり小さく見える。

5dc065ad-2d3e-49aa-9b55-8f727c5d6728

アユタヤの遺跡群はとにかくデカいし、広い。

暑さもあるので、全てみるのは大変。

36b29f28-da02-4662-8947-94564a9d16cb

これは有名。

この顔より下で写真をとらないといけない。

知らない観光客はガイドに怒られていた。

6de0d874-2315-4311-a000-931161e8c72d

仏像もとにかくデカい。

bab08506-2fcc-4415-b9b7-e120daa2acb8

みんな前の金ぴかの象にお花を添えて、拝みます。

img_3529

これも登れる遺跡。

上まで登ると汗が半端ない。

 

遺跡は何個か見るが同じ様な遺跡のため、最初の3個くらいで飽きてしまう。

見返しても、遺跡の名前は憶えていない。

 

それに朝が早かったからかお腹が減ってしまうので、パンやお菓子お水などは事前に用意したほうがいい。

 

遺跡の周りに出店があるが、種類が少なかったり食べたいものが置いてなかったりする。

 

飲み物のお水は割高だが、売っている。

 

そろそろお昼

そして昼の時間になると飯を食べるのだが、お世辞にも美味しいご飯ではなかった。

ab53f304-fee3-424a-b6c3-99e22e9592a2

 

 

お腹は膨れるのでいいのだが、そしてお昼を食べてから最後の遺跡に向かい、象に乗りたい人は別料金を払えば乗ることができる。

img_3544

象に乗らなかったので近くにあったバイク(たぶんレッドブルとは関係ない)をぱしゃり。

僕らはチェンマイで既に乗っているので、今回はやらなかった。

119551a0-3551-49b8-a1c0-723b591778e6

綺麗な花も咲いている。

 

スポンサーリンク

アユタヤ遺跡から帰宅

帰りは宿のエリアごとにミニバンをチェンジされ、行きとは違うバスで宿の近くまで行った。

行きは2時間近くかかったのだが、帰りは交通渋滞もほとんどなく、1時間程で宿のあるカオサンエリアに着いた。

 

やはり朝早くからのツアーは疲れが、次の日はパタヤに移動するためこの日は宿でゆったりした。

 

※バーツの計算は約3円で計算しています。実際のレート次第で前後します。

タイでのインスタグラム

http://52theworld.com/post-2333/

 

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

トリップアドバイザー

【c】【公式】トリップアドバイザー

TripAdvisorは海外の情報を集めるのに使っています。日本のWebサイトに載っていない情報も出ていますので、重宝しています。

LINEモバイル

旅行サイトではないですが、日々の携帯代を安くしています。海外に長くいても携帯代が安いLINEモバイルはコストをかけないためにも重宝しているので、海外生活が長くても使えます。

01.タイ
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました