【ハノイ】ホーチミン廟への行き方と気を付けないといけない注意点

ハノイにやってきて必ず行った方が良い観光スポットはホーチミン廟だ。僕は空港からハノイに着いて一番最初に来た観光地がこちらです。

ちなみに空港から市内への行き方はこちらです。

【ハノイ】ノイバイ空港からバスでハノイ市街に行く方法
・・・続きを見る

 

ホーチミン廟(びょう)とは!?

ホーチミン廊とはハノイの有名な観光地で、ハノイに来たらマストスポットです。

ぶっちゃけ、ハノイの観光地はしょぼいのが多いですが、このホーチミン廟は来てよかったと思える観光地です。

 

スポンサーリンク

ホーチミン廟には何があるの?

ホーチミン廟にはホーチミンが眠っています。

どういうこと!?!?と思うかもしれませんが、ホーチミンとはベトナムが独立するときに先導したとても偉い方なんです。

ベトナム建国の革命者で、ベトナム民主共和国初代主席です。

 

ちなみにベトナムのお札にもホーチミンは描かれています。

ハノイに来たら、絶対は来る観光地です。

 

ホーチミン廟の営業時間

開館時間:4/1~10/31 7:30~10:30
11/1~3/31 8:00~11:00

定休日:月・金

料金:無料

 

 

ここで注意しなければならないのが、営業時間。

午前中にしかやっていないのと、定休日があること。

これを外すと入ることすらできないので注意が必要。

 

ホーチミン廟の場所

ホーチミン廟の場所はここです。

ハノイは観光地がまとまっているので、その他の観光地も回りやすいです。

地図を見てホーチミン廟にいくならば、エントランスはホーチミン博物館の西側から入ります。赤色は普通の道ですが、青色になるところらへんでエントランスがあります。

直接ホーチミン廟に行くことはできませんので、ぐるっと回らなければならないので注意してください。

このように柵に沿って、博物館の方面へ。

 

エントランスからの流れ

入り口からホーチミン廟へ入ろうとすると、まずは手荷物チェックがある。

空港並みのチェックが入ります。並んでいるが、列はすぐに進みました。

 

大きな荷物は預けなければならない。僕が持ち込めたのは、財布などの貴重品とカメラだけだ。それ以外の荷物は全て、この入り口で預けなければならない。

 

そして、順路道理歩いて行くと並んでいる人がいる。ホーチミン廟には少人数で行くため、順番待ちだ。

 

事前情報では、1時間以上待つみたいなことがあったが、実際はほとんど待ち時間なくはいることができた。

 

カメラは途中まで持ち込んでいいが、ホーチミン廟に入るにはカメラも預けないと行けない。

カメラを預ける場所があるのだが、ここで注意しなければならないのが、返却場所だ。預けた荷物は同じところで受け取るが、カメラは預けた場所と違う場所で返却される。

 

ホーチミン廟の中へ

ホーチミン廟はホーチミン本人の遺体が安置されている。

警備はかなり堅く、厳粛な雰囲気だ。

 

ホーチミン廟に入ったら、その静寂な雰囲気のまま観光しよう。

 

実際のホーチミンを見ることができた。

感想は白いと思った。かなりライトに照らされている。

 

そして、これほどまでベトナムで尊敬されてるとは知らなかった。

 

カメラの返却

ホーチミン廟を出るとカメラの返却場所がある。

 

普通の荷物は預けた場所と返してもらう場所は同じだが、カメラだけは預かる場所と返却場所が違う。

 

ホーチミン廊を出たらすぐなので間違うことはないと思う。

 

覚えて欲しいのが、カメラはホーチミン廟でたところ、他の荷物は預けた場所にある。

 

 

その他の観光地

ホーチミン廊を出たら、帰ることもできるし、他も観光することができる。

 

これは自分次第。

 

預かり荷物の返却時間は11時半までに取りに戻って来いと言われたため、その時間までホーチミン廟の周りを観光した。

 

ぶっちゃけ近くの家とか博物館とか大したことのないので行かなくてもよかった。

ても、行かないとどういうものかわからないので、行ってみてよかったが、二度行きたいとは思わない。

 

荷物を回収したら、それから博物館へいくのもいいだろう。博物館とホーチミン廟はかなり近い。

 

ハノイを満喫したら、是非ハロン湾へ行って欲しい。こちらは現地ツアーを使えばかなり安く行くことができる。

【ハノイ】ハロン湾の現地ツアーに参加した料金と内容を公開
・・・続きを見る

 

海外旅行にお勧めのサイト

スカイスキャナー

僕は飛行機の予約は基本的にスカイスキャナーを使っています。複数の比較サイトを見ていた時期もありましたが、何だかんだで最安値を見つけるにはスカイスキャナーが一番安かったです。

スカイスキャナーでまずは値段を調べてみて、それよりも安いかどうかで判断していますので、まずはスカイスキャナーで調べてみることをお勧めします。



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)全世界のホテルが日本語で予約できるサイト。特にヨーロッパ・アメリカに強い。宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

agoda(アゴダ)も全世界にネットワークがあり、Booking.comかagodaで最安値のプランは大抵調べることができる。個人的には東南アジアならagodaの方がホテル数が多い。それにクレジットカードで事前決済可能。カスタマーサポートも日本語で対応してくれる神サイト。

そして、こちらでは人気のトラベル用品を紹介しています。是非、最新の便利グッズを見てください。

03.ベトナム
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました