【ムンバイ】エレファンタ石窟群への行き方と所要時間と金額

エレファンタ島の石窟群

ムンバイにあるエレファンタ島の石窟群ですが、ムンバイから個人で行くこともできます。

特に遠いわけでもなく、船に乗るのは約1時間なので、簡単に行ける世界遺産ということもあり、とても人気のスポットです。

 

 

スポンサーリンク

エレファンタ島への行き方

エレファンタ島へ行くにはフェリーに乗って行きます。

エレファンタ島へのフェリーはタージマハルホテル近くの凱旋門の裏から船がでています。

 

 

この船に乗ればエレファンタ島まで乗るだけなので、簡単に行くことができます。

船は30分間隔であり、料金は180ルピー(往復チケット)です。

 

 

ムンバイ中心地からエレファンタ島へ

僕は9時半過ぎにホテルを出て、エレファンタ島を目指しました。

ムンバイ駅(Chhatrapati Shivaji Terminus)からはちょっと遠いが歩いていける距離です。

 

エレファンタ島へはタージマハルホテル近くの凱旋門の後ろから出ている船に乗る。

まずはチケットオフィスでチケットを買う。

値上がりして180ルピー(往復)だった。

船は30分毎に出ている。

 

乗船時間は約1時間とのこと。

チケットを買ったら、手荷物検査がある。

簡単な検査だ。

そして凱旋門の裏に行き、チケットを見せれば船がいたので、すぐに乗れた。

船の2階部分は更に10ルピー支払うと行けますが、直射日光当たるし、暑いので下の階がお勧めです。

 

そして、船は10時に出発。

1時間もかからずエレファンタ島に到着。

 

エレファンタ島に到着

エレファンタ島に到着したら、桟橋を歩いて島内に入るのだが、桟橋にトレインがある。

10ルピーで乗れる。

電車が出発前ならば乗ったほうがいい。

少し歩くが10ルピーなので暑い中歩くよりはいい。

 

島内に入ったら1人5ルピーの入島税がかかる。

そして更に奥に行くと長い階段がある。

この上がエレファンタケイブス。

 

階段の脇にはお土産屋がたくさん。

 

そして階段は長い。

帰りにみたが、欧米人のおばちゃんとおじちゃんは神輿みたいなのに乗って上がっていた。

 

一人につき4人がかりで運ぶため、いくらかかっているんだろう?

そして階段を登りきった後にエントランスフィーを払うところがある。

 

エレファンタ石窟群

値上がりして外国人は500ルピー。

現地民は30ルピーなのに。

 

ここまで来て入らないわけにはいかないので、入ってみた。

観光にはなんだかんだでお金がかかる。

 

そして所要時間は20分もあれば十分だった。

 

エレファンタ島からムンバイへ

帰りは12時半には埠頭に着いていて、船に乗ったが、人がいるのに出発しない。

ほぼ満席になるまで出発はしなかった。

 

下の席は満席で、日陰なのにいっぱいなので、陽のあたる2階席にいかなきゃならず、なおかつ余分に10ルピーもかかり、暑い中出発を待った。

そして、帰りの船は新人が運転しているっぽく、のろい。

行きは1時間もかからなかったのに、帰りは1時間半もかかった。

 

2時すぎに凱旋門の裏手についた。

 

エレファンタ島自体は見るところが少なく、石窟群のみとなります。

観光時間以上に船に乗っている時間が長かったです。

 

船に乗っている時間が約2時間。

観光時間が30分もあれば十分。

それにエレファンタ島から石窟寺院のあるところまでが、片道15分。

 

合計したら、3時間はかかります。

それに船の待ち時間や、お土産屋で捕まることと飲み物やご飯を食べたりすると、4時間から5時間は観光にかかります。

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナー。これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトです。UIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できる。僕はこれでハワイまで往復8万円。アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Expedia(エクスペディア)

航空券とホテルを同時に予約すれば、割引もあるというExpedia。計算したところ、ツアーに申し込むよりもお得になることが多い。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)全世界のホテルが日本語で予約できるサイト。特にヨーロッパ・アメリカに強い。宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

Agoda(アゴダ)

Agoda(アゴダ)も全世界にネットワークがあり、Booking.comかagodaで最安値のプランは大抵調べることができる。個人的には東南アジアならagodaの方がホテル数が多い。それにクレジットカードで事前決済可能。カスタマーサポートも日本語で対応してくれる神サイト。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。つまり海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。エポスカードの詳細はこちら。

08.インド
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました