【ムンバイ】ハジアリ霊廟(Haji Ali Dargah)への行き方と干潮時間

ハジアリ霊廟への行き方

ハジアリ霊廟は駅から遠いですが、歩いて行けない事はありません。


歩いて行ける駅は、2つありどちらも同じくらいの距離です。

 

スポンサーリンク

最寄り駅

最寄り駅は、Mumbai Mahalakshmi駅とMumbai Central Local Station駅です。

若干、ムンバイセントラルローカル駅のほうが近いです。

 

僕は、マハラクシュミ駅を使いました。

こちらにはインドのスラム街があって、洗濯物がヤバい。

なんでこんなにあるのか?ってくらいあります。

こちらを見るために、マハラクシュミ駅を使いました。

 

ハジアリに入れる時間

干潮の時しか中に入れないとネット上の情報でしたので、時間を調べましたが、特に何時になると入れないとかは情報がありませんでした。

 

そのため、行かなかったらしょうがないと思い、夕方に向かい、17時頃に到着しました。

この時は塩が引いてて入ることができた。

 

後から調べると、ここは海抜0メートルなので、満潮時は道が埋まるということです。

 

つまり、ネットでは干潮時にしか行けないとありますが、実際は満潮時以外は行くことができるです。

 

エレファンタ石窟に、行ったときも10時頃は潮も引いていたので、午前中と夕方はハジアリに入ることができると思います。

もし、行かれる人は満潮時の時間を調べてみてください。

 

ハジアリへ

行くには桟橋を渡らなくてはならない。

この【HAJIALI JUICE CENTRE】という左横からハジアリに入る道がある。

 

この桟橋には物乞いがかなりいる。

特に危険なことはないが、外国人が少ないと思った。

中では棺桶に触ることができるが、女の人は近くまでいけないので、触れられない。

遠くから見たハジアリ。

これは近くから。

 

夕陽時に行くと、夕陽がメッチャ綺麗。

帰り

帰りはムンバイセントラルローカル駅まで歩いた。

鉄道はかなり安い。

ムンバイ内なら1人10ルピーから20ルピーだ。

 

リキシャで移動するよりもだいぶ安い。

グーグルマップで調べると、何行きに乗るかがわかるので、調べながら行けば、それほど難しくなかった。

 

ローカル線は頻繁に電車があった。

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

トリップアドバイザー

【c】【公式】トリップアドバイザー

TripAdvisorは海外の情報を集めるのに使っています。日本のWebサイトに載っていない情報も出ていますので、重宝しています。

LINEモバイル

旅行サイトではないですが、日々の携帯代を安くしています。海外に長くいても携帯代が安いLINEモバイルはコストをかけないためにも重宝しているので、海外生活が長くても使えます。

08.インド
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました