【ネパール】カトマンズに来てトレッキングをしようと思った時には

 

何も調べずにカトマンズに来てしまった

世界一周をしている最中にインドからネパールに来た。

カトマンズはトレッキンググッズが安く売っている。

 

ネパールには12日間滞在する予定なので、ヒマラヤ山脈でトレッキングをしようと思った。

ガチなトレッキングではなく、ライトな1泊2日もしくは2泊3日くらいでできるものはないかと思って、そんなトレッキングを探してみた。

 

スポンサーリンク

カトマンズからではヒマラヤ山脈にトレッキングできない

これは衝撃的だった。

カトマンズからではヒマラヤ街道に入ることはできない。

 

軽い気持ちでネパールに来たのが仇になった。

 

ヒマラヤ山脈で有名なヒマラヤ街道はカトマンズからルクラというところまで飛行機で行く必要がある。

しかも飛行機の値段が片道175ドルと結構高額。

 

ルクラまで飛行機ではなく、陸路でバスを乗り継いでいこうかと思い調べてみたら、ルクラまでは直接いくことはできず、途中までバスで行き、そこから徒歩らしい。

しかも、1週間ちかくかかるらしい。

 

この時点で諦めた。

更に調べると、トレッキングに必要な証明書や装備の準備、ガイド・ポーターの手配やらなんやらで気軽にトレッキングというわけにはいかないらしい。

 

スポンサーリンク

アンナプルナという山

ネパールにはヒマラヤ街道の他にもトレッキングとして有名なアンナプルナという山がある。

こちらもトレッキングとしては有名だ。

 

更に調べてみるとトレッキングより、気軽なハイキングができるという。

それができるのはカトマンズからバスで7時間(約200キロ)いった先のポカラという街からいけるとの情報を得た。

 

ここでは、バスで街道まで行き、ハイキングを楽しみ1泊2日のハイキングができるという。

 

そのため、僕はカトマンズからポカラへ行くバスを探した。

 

バス情報

カトマンズ→ポカラ

ツーリストバス(エアコン付き、電源付き、Wifi付)

※電源・Wifiは使えませんでした。

 

AM 7:00 カトマンズ出発

料金:650ルピー(旅行代理店経由)

 

料金はホテルで取りました。

自分で取りに行くのも良かったですが、代理店を探すのがめんどくさいのと相場が600ルピー前後だったので、そんなに高くないと思ったからです。

 

ネットで情報を探すと、だいたいが600ルピー前後の購入。安い人で450ルピーの購入でした。

450ルピーの人はクーラーなしのローカルバスではなかったのかと思います。

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

トリップアドバイザー

【c】【公式】トリップアドバイザー

TripAdvisorは海外の情報を集めるのに使っています。日本のWebサイトに載っていない情報も出ていますので、重宝しています。

LINEモバイル

旅行サイトではないですが、日々の携帯代を安くしています。海外に長くいても携帯代が安いLINEモバイルはコストをかけないためにも重宝しているので、海外生活が長くても使えます。

09.ネパール
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました