虫除けスプレーを手荷物として機内に持ち込む

東南アジアの旅には虫除けスプレーが必須

東南アジアはとても暑く、何と言っても虫の対策が必須です。

特に嫌なのが、蚊、ゴキブリ、ハエです。

 

寝るときに部屋に蚊がいた時は、夜中の格闘は間違いないですし、ゴキブリは論外です。

 

ハエも寝るときににあの音を聞くだけで寝付けません。

 

スポンサーリンク

そんな時の虫除けスプレー

ワンプッシュで蚊がいなくなるスプレーをご存知ですか?

これは蚊だけでなくて、他の虫にも効果があります。

 

効果は絶大です。

しかも、使用回数がかなりのもの。

Amazon.co.jp: 蚊がいなくなるスプレー 蚊取り 12時間持続 200日分 無香料 (防除用医薬部外品): ドラッグストア
Amazon.co.jp: 蚊がいなくなるスプレー 蚊取り 12時間持続 200日分 無香料 (防除用医薬部外品): ドラッグストア

 

200日も使えます。

しかも、これの良いところは機内持ち込み可能ということです。

 

スプレータイプの持ち込み

スプレーの持ち込みですが、これは液体物に該当します。

つまり、100ml以下であれば透明な袋に入れておけば、保安検査を通過できます。

 

時々勘違いしてしまうのが、透明な容器でなければいけないと思っている人がいますが、機内持ち込みは100ml以下であれば、20センチ×20センチの透明の袋に入れれば、持ち込むことができます。

 

そのため、シャンプーやリンス、ワックス、歯磨き粉などの液体物も100ml以下であれば持ち込む事ができます。

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

トリップアドバイザー

【c】【公式】トリップアドバイザー

TripAdvisorは海外の情報を集めるのに使っています。日本のWebサイトに載っていない情報も出ていますので、重宝しています。

LINEモバイル

旅行サイトではないですが、日々の携帯代を安くしています。海外に長くいても携帯代が安いLINEモバイルはコストをかけないためにも重宝しているので、海外生活が長くても使えます。

得する飛行機術
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました