【WordPress】Instagramを自動でブログに載せる方法

スポンサーリンク

instagram

Instagramを自動でブログに載せる方法

世界一周をするにあたって、Instagramの写真をこのブログにも貼ろうと思いました。

 

Instagramから投稿したのを手動で1つずつブログで投稿するよりも、自動でできないかと思っていました。

 

そちらのほうが簡単だし、ブログとInstagramのタイムラグも無くなるので、いいプラグインがないかと探していました。

 

ちなみにこのブログはWordpressで作成していますので、何かあったらプラグインでなんとかできちゃうと思っています。

 

ブログ作成方法とかかった費用を公開
僕のように世界一周に行く前にブログを開設していく人もいるかと思います。 僕は仕事もIT関係ではなく、無知識のままブログを開設しました。 ブログは無料と有料とどっちがいいの?ブログ作成に・・・続きを見る

 

スポンサーリンク

Instagram投稿用の2つの便利なプラグイン

調べるとInstagramの投稿用プラグインはいっぱいありました。

 

その中で便利そうなプラグインが2つありました。

  • Instagrate Lite
  • Instagram Feed

この2つのプラグインが便利そうでした。

 

Instagrate Liteは単一記事に自動で投稿できるプラグインです。

逆にInstagram Feedはサイドバーに表示させることのできるプラグインです。

この2つを紹介します。

 

Instagrate Lite

1

 

このプラグインは自動で記事に投稿してくれます。

 

記事というのはブログの1ページとして投稿してくれるので、投稿する毎にブログが更新されます。

 

最初に設定をしておけば、記事のカテゴリーやタイトルも設定など細かな設定もできるので、Instagramで投稿したら、ほぼリアルタイムで自動投稿することが可能になります。

 

僕も最初は自動投稿していましたが、現在は投稿前に一手間加えて投稿しています。

 

その場合は、投稿するという設定ではなく、下書きにしておけば投稿前に確認することができます。

 

僕はこの方法で、詳細なタグだったり、コメントを記入して投稿するようにしています。

 

このプラグインのいいところは他にもあります。

Instagram Feed等はInstagramから画像を読み込んで、表示する仕様ですが、このInstagrate Liteは画像をWordpressのサーバーに自動でアップロードして記録することもできます。

 

もちろん、Instagramから直接画像を読み込むこともできます。

これは設定次第で変更可能です。

 

僕はサーバーにアップロードする方法を選びました。

もし、Instagramに不都合があっても画像を読み込めないことはないからです。

 

このプラグインの導入方法はめちゃくちゃ簡単です。

詳しくはこちらに載っていましたので、参考にして下さい。

instagram にアップした写真をワードプレスに自動的に記事投稿してます
猫の集会の写真日記とメダカ池カテゴリの日記は、iphone で撮影した写真が自動的にブログに日記として投稿されるアプリプラグイン「Instagrate to WordPress」を使って更新しています。

 

Instagram Feed

Instagrate Liteが記事の自動投稿に対して、こちらのプラグインはサイドバーに貼れます。

 

こちらはWordpressのサーバーにアップロードされず、Instagramからの読み込みです。

 

もちろん、サイドバーだけではなく、トップページに置くのもいいですし、ショートコードを貼れば、記事にも固定ページにもできます。

ギャラリーに貼り付けるのもいいでしょう。

 

どんな写真があるか?数枚を見せたい!!という時に使うのがいいのではないでしょうか?

使い方はこちらのサイトが分かりやすかったです。

Instagram Feed – インスタグラムの写真・動画を表示できるWordPressプラグイン | ネタワン
Instagram Feedは、スマートフォン向けの写真・動画共有アプリのインスタグラムに投稿した写真や動画をWordPressの記事やサイドバーなどに表示できるプラグインです。 このプラグインは、Instagramの利 &

ちょっとわかりにくいところがあり、私は苦戦しました。

自分の読解力が無かったのですが、、、、

ショートコード基本形に instagram-feed id=1234567 と書かれていますが、普通にInstagramを入れるだけなら、 instagram-feedだけで大丈夫でした。

 

プラグインが英語のため、読み飛ばしていたところに上のコードも書いてありました。

しっかり読みましょう。笑

 

このプラグインと僕のWordpressの相性が悪く、なぜかうまく表示されませんでした。

CSSをいじったからなのかかわかりませんが、僕の好みではなかったので、今はInstagrate Liteだけの運用です。