【リニア】上海の浦東国際空港から8分間の300キロの世界

リニアで300キロの世界を体感してみたい

浦東国際空港からリニアがあることは知っていました。

通常のメトロで行くと6元(約100円)のところをリニアを使うと50元(約850円)するので、使う必要ないと思っていました。

 

メトロだと約30分、リニアだと約8分です。その差は約20分なのでバックパッカーには不要と思っていました。

しかし、中国に住んでいる友人が、あれは体験した方が良いと言っていたので、せっかくだし乗ってみることにしてみました。

 

スポンサーリンク

新幹線よりも早いリニアの最高速度

リニアは浦東国際空港駅から竜陽路駅までを運行しており、最高速度は430キロです。

僕が乗った時間は最高速度が300キロでしたが、それでも早かったです。

 

※後から調べたら新幹線の最高速度は285キロだったので、どうせなら430キロの時にのりたかった。

 

430km/hで運行されるのは、浦東国際空港駅→竜陽路駅が9:02-10:47、15:02-15:47、竜陽路駅→浦東国際空港駅が9:00-10:45、15:00-15:45。

ーWikipediaより抜粋ー

 

浦東国際空港(Pudong International Airport)から

リニアの乗り場は、メトロのすぐ近くです。

空港から歩いて行けます。

 

駅はわかりやすい。

リニアは【MAGLEV(マグレブ)】と言います。

漢字でも予想できますね。

 

竜陽路(Longyang Road)駅から

メトロから乗り換えをしないといけないので、一度地上に出て、リニアに乗り換えます。

リニアは地上2階なので、上にあがります。

 

リニアに乗ってみる

チケットを買いましょう。

 

いつが最高速度でるかとかかいてあります。

※少しボケていて申し訳ありません。

 

リニアの切符です。ICカードでした。50元です。

 

リニアの乗り場は綺麗です。

 

中は綺麗でした。

人はあんまり乗ってません。

 

スピードメーターもあります。

 

169キロを記録。少しずつ上がってきます。

 

あとちょっとで300キロ。

 

301キロです。遂に超えました。

 

出発してから8分の短い旅でしたが、楽しめました。

次は430キロの時にトライしてみたいです。

 

 

 

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

トリップアドバイザー

【c】【公式】トリップアドバイザー

TripAdvisorは海外の情報を集めるのに使っています。日本のWebサイトに載っていない情報も出ていますので、重宝しています。

LINEモバイル

旅行サイトではないですが、日々の携帯代を安くしています。海外に長くいても携帯代が安いLINEモバイルはコストをかけないためにも重宝しているので、海外生活が長くても使えます。

12.中国
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました