冒険心に火をつける!バガンの観光がワクワクすぎる

ミャンマーのバガンという観光地

ミャンマーのバガンという所を知っているだろうか?

ここはリアルなドラクエを体感できる場所である。

 

リアルなドラクエと言っても意味わからないだろうが、ドラクエをやったことがある人が、このバガンに来たら、「リアルなドラクエだ!」と納得できるだろう。

 

なぜなら、このバガンというところは遺跡でありながら、登ることができ、バイクを使い自分で探検できるからだ。

 

しかも、この遺跡は無数にあるので、アンコールワットのように観光地化がそれほどされていないのである。

これは一部の遺跡で、この景色が360度広がっているのである。

それをバイクで回ることができると思えば、ワクワクしないわけがない。

 

ちなみにバイクで回る時は、舗装されていない道もあるので注意してください。

 

スポンサーリンク

バガンはどこにあるのか?

バガンはミャンマーのちょうど真ん中あたりにある。

そして、ここには直接来ることができないので、一度ヤンゴンかマンダレーで乗り換える必要がある。

もしくは、どちらかの都市から夜行バスで行くことになる。

 

一口にバガンと言っても、かなり広いので、赤丸のニャウンウーという街と黄色のオールドバガンという遺跡群、青色のニューバガンという観光者の街がある。

 

観光はオールドバガン、宿泊施設はニャウンウーとニューバガンに集中している。

ニャウンウーとニューバガンのどちらに泊まっても大差ないが、中級の宿はニューバガンのほうが多いのと、外国人ようのレストランがあった印象を受ける。

逆にニャウンウーはちょっと郊外に高級ホテルがあり、地元民が多い印象だ。

 

ぶっちゃけ、発展途上国すぎて大差ない。

どちらもお金を払えばそれなりに快適に過ごせると思う。

 

スポンサーリンク

オールドバガンの見どころ

全てが見どころと言いたいが、やはりハイライト的なものの写真をここに張っておこう。

巨大な遺跡

 

ライトアップもされる

 

遺跡の上から見えるサンセット

 

 

サンセットその2 遺跡の中断に人影が見える。遺跡がどんだけ巨大なのかがわかる。

 

 

金ぴかな寺院

 

気球とのサンライズ。次回は是非、あの気球の上からサンライズを見たい!

ヤンゴンからパガンまでの移動方法はこちらです。バガンで遺跡と一緒に見る夕陽も綺麗です。

 

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

トリップアドバイザー

【c】【公式】トリップアドバイザー

TripAdvisorは海外の情報を集めるのに使っています。日本のWebサイトに載っていない情報も出ていますので、重宝しています。

LINEモバイル

旅行サイトではないですが、日々の携帯代を安くしています。海外に長くいても携帯代が安いLINEモバイルはコストをかけないためにも重宝しているので、海外生活が長くても使えます。

06.ミャンマー
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました