【スリランカ】ブッダも3回訪れたことのあるコロンボ郊外のケラニ・ラジャ・マハ・ヴィハーラヤまでローカルバスで行く方法

ケラニ・ラジャ・マハ・ヴィハーラヤとは!?

ケラニ・ラジャ・マハ・ヴィハーラヤとはコロンボ郊外の有名な観光地です。なぜ有名なのかと言うと、あの有名なブッダが3回も訪れたという場所だからです。

 

グーグルマップで見てみるとコロンボからは少し離れています。

 

スポンサーリンク

ケラニ・ラジャ・マハ・ヴィハーラヤまでの行き方

ここまではタクシーで行くのが一番楽な方法ですが、バックパッカーの僕はローカルバスを使って行きました。ローカルバスはエアコンもなく、タクシーより時間がかかりますが、何よりも安いです。

お金は一人24ルピーと激安です。時間もそこまでかかりません。ですが、本数が少ないのでバスでは出発まで少し待たされるかもしれません。コロンボからの行き方はまずは、バスターミナルから出発するバスに乗るのがわかりやすいと思います。

 

まずはセントラルバススタンドへ向かおう

バス乗り場はコロンボの中心であるコロンボフォート駅のすぐそばのバスターミナルです。セントラルバススタンド(Colombo Central Bus Stand)へまずは向かいましょう。

グーグルマップではここになります。

まずは、このバスターミナルへ行き、ケラニ・ラジャ・マハ・ビハーラヤまでバスで行きます。僕はバスのスタッフに226番のバスと案内されましたが、224番のバスという情報もありました。224番のバスに乗車している人に聞いてみると、行くと返答が来たので乗車しました。

12時半にバスに乗車し、12時45分に出発しました。料金は1人24ルピー。乗車時間は約40分。13時25分に到着しました。

 

ケラニ・ラジャ・マハ・ヴィハーラヤに到着

バスを降車したら、このように向かいましょう。エントランスは1つしかありませんでした。

そして中に入りますが、このテンプルに入る時には裸足にならないといけません。僕はちょうど昼すぎでしたので、地面がすごく熱かったです。

 

移動するには日陰を通って移動しました。

最初の写真のように白いデカいパゴダみたいなのもありましたし、建造物はすごいと感じました。

そこまで大きいのではないので鑑賞時間は30分程度でした。寺も素晴らしいですが、物乞いが多かった印象をうけました。

象を形どった柱もありました。

これに向かって人々はお祈りをささげていました。

 

バスターミナルに戻る

帰り方は行きよりも簡単でした。入り口と出口は同じなので、出るとすぐにバスが通っていました。

バス停みたいのは無く、乗りたかったら手を上げるだけ。最初のバスは乗れなかったが、頻繁にバスが通っていた。逆方向には224.226.228.のバスが通っていた。230番のバスがあり、一度止めて、聞いてみたらコロンボ行くとのことなので、13時55分バス乗車しました。

帰りは1人で25ルピーでした。

行きよりも乗車時間は短く、30分後の14時25分到着に行きに乗ったバスターミナルに戻ってくることができました。

 

まとめ

乗車時間:30-40分

料金:24-25ルピー

バス番号:224.226.228.230番のバス

※バスに乗車したら行先を告げた方がいいです。特にここは終点というわけではないので、降りる人がいないとスルーされてしまう可能性もありますので、注意が必要です。

 

また、このバスターミナルは空港へのバスも出ているので、コロンボを観光する上で重要な場所です。

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

トリップアドバイザー

【c】【公式】トリップアドバイザー

TripAdvisorは海外の情報を集めるのに使っています。日本のWebサイトに載っていない情報も出ていますので、重宝しています。

LINEモバイル

旅行サイトではないですが、日々の携帯代を安くしています。海外に長くいても携帯代が安いLINEモバイルはコストをかけないためにも重宝しているので、海外生活が長くても使えます。

07.スリランカ
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました