ジョグジャカルタからボロブドゥール遺跡群とプランバナン遺跡群への行き方と入場料について

ジョグジャカルタの二大観光地

ジョグジャカルタにある有名な観光地はボロブドゥール遺跡群とプランバナン遺跡群の2つです。

 

両遺跡群とも市内から公共交通機関のバスで向かうことができます。

二つの遺跡とも市内から少し離れていますが、日帰りで観光することができ、両遺跡を合わせて1日で観光することもできます。

ボロブドゥール遺跡のほうが市内から遠く、プランバナン遺跡群のほうが比較的近いです。

 

スポンサーリンク

ボロブドゥール遺跡群への移動方法

ボロブドゥール遺跡群には北のジョンボールバスターミナルか南側のギワンガンバスターミナルからバスがでています。

両方とも20分から30分に一本の割合でバスが出ているので、焦ってバスに乗る必要はないです。

ボロブドゥール遺跡の場所はこちらです。

 

料金は片道1人2万ルピア(約170円)です。

 

ジョンボールバスターミナル

ボロブドゥール遺跡群はジョグジャカルタの北側に位置しているので、宿から南側のギワンガンバスターミナルが近い場合以外は、北側のジョンボールバスターミナルを目指したほうが乗車時間が少ないです。

ジョンボールバスターミナルの位置はこちらです。

ジョグジャカルタの街の北側に位置しています。

このバスターミナルからバスに乗ります。

 

バスには行先がかいてあるので、わかりやすい。

バスはエアコンがついてないので、暑いので気をつけること。

約1時間の乗車なのでできれば座っておいた方が疲れはたまりません。

 

ギワンガンバスターミナル

ギワンガンバスターミナルからはボロブドゥール遺跡群まではバスに乗って1時間半程かかるのに対してジョンボールバスターミナルからは約1時間で到着することができる。

 

 

ギワンガンバスターミナルは街の南側に位置している。

ボロブドゥール遺跡までは時間がかかります。

 

スポンサーリンク

ボロブドゥール遺跡近くのバスターミナルに到着

到着バスターミナルはこちらになります。

バスターミナルからチケット売り場までは約600メートル程で、ほぼ直線です。

 

バスターミナルに到着するとすぐに、送迎のトゥクトゥクが寄ってきます。

このトゥクトゥクはほぼボッタくりです。

 

歩きたくない人や、暑いと感じたら乗ってもいいと思いますが、しっかりと料金交渉はしてください。

チケットオフィスまで3キロあるから乗ってけと言うような真っ赤な嘘もついてくる人もいます。

 

実際は600メートル先にバスやバイクの駐車場があり、その敷地内にチケット売り場がある。

600mの距離なので、トゥクトゥクは4万ルピア(約340円)でチケットオフィスまでと言っていたが最終的には1万ルピア(70円)まで落ちた。

 

チケット売り場でチケットの購入

チケットは年々あがってきて2017年5月の時点では320,000ルピア(約2,800円)でした。

学生だと割引があり、195,000ルピア(約1,600円)でした。

 

ボロブドゥールとプランバナンの共通チケットもあり、こちらは520,000ルピア(約4,500円)でした。

共通券だと100,000ルピア(約850円)の割引がある。

 

学生なら学割もあるので是非学生証を持って行って欲しい。

 

ボロブドゥールを見学

ボロブドゥールの入場時にお水、コーヒー、お茶のどれかがついてくる。

お水はペットボトルだが、他はホットの飲み物だ。

 

しかもティーカップで出されるので、昼間なら水一択だ。

そして、ここでガイドも頼むこともできる。

 

日本語のガイドもいる。値段は10万ルピアだ。

この時に持ち合わせがなくガイドを頼めなかった。

調べてた時以上に入場料が高かったので、ガイドを頼めなかった。

 

ちなみに敷地外にATMがあり、現金をおろすことも可能。

 

ATMは複数台あったが、機械によっておろせる限度額が違うので注意が必要。ボロブドゥールはエントランスから少し歩く。そして見えてくるのが世界3大仏教遺跡だ。

 

遺跡には日陰がないので、昼間に行くなら日傘などを持って行くのがよい。半ズボンやショートパンツであれば、巻くものを貸してくれる。

ハーフパンツであっても入っている人も数人だがいた。遺跡に飽きたら帰るのだが、帰りはお土産街を歩いて出口まで行く。

 

帰りにはご飯を食べる

午前中に観光したら昼ご飯をどこで食べるかが悩むが、僕が食べたところは安いしうまかった。

バスターミナルとボロブドゥールの間なので、良かったらよってみてほしい。

この店が安くて美味しいお店でした。

 

飯はだいたい1万ルピア。

コーラだと5千ルピアと激安だった。

Dapoer Gending Borobudurとグーグルマップで調べると詳しい位置がわかります。

 

帰りのバスターミナル

帰りも同じバスターミナルからジョンボールへ帰るのだが、ジョグジャカルタへ行くならどちらのバスターミナルでもよい。

もし、プランバナンへ行くなら、ジョンボールへ行ったほうが良いです。

 

ボロブドゥールの観光時間は1時間から1時間半あれば十分だと思う。

僕は到着からボロブドゥールの観光が終わるまででだいたい1時間半でした。

 

バスはジョンボール行きのバスに乗ったが、行きは2万ルピアであったのだが、帰りは2万5000ルピアであった。

 

違う人は行きは3万ルピアと言っていたので、料金帰りは係によって違うのであろう。

 

スポンサーリンク

ジョンボールバスターミナルからプランバナンへ

プランバナンの位置はこちらです。

 

ジョンボールバスターミナルからはプランバナンまではトランスジョグジャと言うバスに乗換えて行きます。

トランスジョグジャは朝5時半から夜の9時半まで走っています。

 

トランスジョグジャのマップ

左上のジョンボールバスターミナルから右端のプランバナンまで行きます。

道が混んでいたりすると時間がかかります。

 

僕は途中で道を間違えたので、人に聞きまくりました。

 

行き先は2Aです。

トランスジョグジャの人が丁寧に教えてくれました。

トランスジョグジャは一律3500ルピアなのでわかりやすいです。

 

それから3Bに乗換えて空港まで行きます。

そこで更に乗換えてプランバナンまで行きました。

最終的には1Aに乗って行きました。

 

ここらへんは道を間違えたので、ちょっとあいまいです。

もっと効率のいい行き方もあると思うので、人に聞きましょう。

 

ジョンボールバスターミナルからプランバナンまでは約1時間半くらいかかりました。

これは道を間違えたのと、トランスジョグジャの乗り換えが遅かったのと、渋滞にハマったからです。

 

1Aの終点がプランバナンでした。ここからプランバナン遺跡までは徒歩で10分くらい歩きます。

時間は距離の割にかかりました。

 

スポンサーリンク

プランバナン遺跡群

プランバナンはトランスジョグジャに乗れば3,500ルピア(約30円)で行くことができます。

その分時間はかかりますが、ボロブドゥール遺跡を見てからプランバナンに行くことも余裕です。

 

ボロブドゥール遺跡とプランバナンの共通券は二日間有効なので、二日に分けて行くこともできます。

僕はボロブドゥール遺跡へ行くのが朝早くなかったのと、遺跡でゆっくりしたからですが、両方を一日で行くなら、早めの行動がいいと思いました。

 

プランバナンは僕の時は夕方6時までやっていて、5時前にプランバナンに到着したのですが、この時は人はほとんどいませんでした。

 

ツアー客もこの終わり間近の時間はほとんどいませんでした。

 

スポンサーリンク

まとめ

もし、二つの遺跡を同日にまわるのなら、先にボロブドゥール遺跡を目指した方が良いと思います。

公式ホームページにはボロブドゥール遺跡からジョグジャカルタへ返るなら15時にはバスターミナルに行った方が良いと書いてありました。

 

この次の日には青い炎が見れるというブルーファイヤのツアーに参加しました。

⇒ブルーファイヤツアーについてはこちら

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

トリップアドバイザー

【c】【公式】トリップアドバイザー

TripAdvisorは海外の情報を集めるのに使っています。日本のWebサイトに載っていない情報も出ていますので、重宝しています。

LINEモバイル

旅行サイトではないですが、日々の携帯代を安くしています。海外に長くいても携帯代が安いLINEモバイルはコストをかけないためにも重宝しているので、海外生活が長くても使えます。

14.インドネシア
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました